FC2ブログ

〔試合評〕2011年9月11日(日)○楽天イーグルス2-1日本ハム。大観衆のKスタを歓喜の渦に巻き込む千両役者の一振り

スポンサーリンク

昨日はエースの熱投が大入りの観衆を湧かせ、
今日は4番の一振りが2万超のファンで埋まったKスタを歓喜の渦に巻き込む。


イーグルスファンにとってこのうえない週末デーゲームになった。


スコア楽0-1日と1点を追う敗色濃厚か?と思われた重いムードの終盤、8回裏2アウトからだった。

この回から先発ダルビッシュの後を受けてマウンドに上がった日本ハム二番手・増井の前に、先頭の松井稼は高めの釣り球ストレートに振り遅れの空振り三振。続く内村はバットの先に当てるイージーなサードゴロに倒れて2アウトを喫してしまう。

しかし、逆転劇はここから。

数少なくなった球団創設時からのベテランが立て続けに「仕事」をする。

高須は初球内角低めに入ってきたストレートを完璧なタイミングで狙い打ち、センター前へ弾き返すヒットで出塁。

2アウト1塁でバッターボックスは4番・山崎武司。

ダイアモンドユカイが作曲した登場曲が流れる中、上野晃アナが冗談交じりに「山崎の一発という場面ですね」と実況したその直後のことだった。

増井が投じた決して易しくない外角146キロ速球を、主砲のバットが捉える──

若干差し込まれ気味かな?と思われたその飛球は、こちらの思いを乗せて切れずに一直線、グングン伸びていき、右翼ポール際、スタンド最前列に着弾する逆転の今季11号2ラン!

9回はラズナーが出てきて12セーブ目を上げ、楽天が山崎武司の決勝2ランで逆転勝利を収めた。

ダルビッシュが中4日で出てきたその試合をモノにした意味は、大きい。

これでチーム成績は、

・118試合55勝57敗6分の借金2
・対日本ハム戦20試合8勝12敗
・Kスタ成績51試合25勝23敗3分

・先制されたゲームの成績は61試合15勝43敗3分
・1点差ゲームの成績は36試合21勝15敗
・後半戦成績42試合22勝19敗1分
・9月月間成績10試合5勝4敗1分


となった。

(下記へ続く)

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス2-1日本ハムファイターズ〔20回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
日本ハム・・・1番・陽(右)、2番・金子誠(遊)、3番・糸井(中)、4番・小谷野(三)、5番・二岡(指)、6番・中田(左)、7番・稲葉(一)、8番・鶴岡(捕)、9番・加藤政(ニ)、先発・ダルビッシュ(右投)。

楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・山崎(指)、5番・横川(右)、6番・ガルシア(一)、7番・中村(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・長谷部(左投)。




チームを救った、長谷部の好投に報いた、小山の目標をアシストした、田中の悲願を助けた、山崎武司の逆転決勝2ラン

とにかくあの場面で高須、山崎がよく仕事をしてくれたと思う。前述したように決して失投ではなく甘い球ではない、どちらかというと難しい速球をこのベテラン2名が打ってみせた。高須の一撃は「らしい」巧く捉えたライナー性のヒットだったが、山崎のそれは少し振り遅れたかな?という一撃だったが、ポール際ぎりぎりの右翼スタンド最前列に飛びこんだ。

この一振りで、6回1失点と好投した先発・長谷部、二番手で2イニングを抑えた小山の活躍が活きる一撃となった。小山は救援で10勝という目標を掲げているがこれで7勝目をマーク。ダルビッシュの17勝目は消え、田中の沢村賞レースを大きく後押しする11号になった。

長谷部とダルビッシュ、そして山崎の関係というと、昨年の7/17の試合を思いだす。このゲームは長谷部がダルビッシュに投げ勝った試合になったが、長谷部は3回に犠牲フライで1点を先制されてしまう。しかし、中盤の4回、1アウト2,1塁から山崎が右中間へ逆転決勝3ランを打ちこむ。今日はダルビッシュが降板した後、増井から放ったものになったが、そんなことを思い出させてくれる一撃だった。


BASEBALLIMAGE07.jpg

shibakawaさんが長谷部について「いいね!」と言ってます

6回、打者23人に対し77球を投げ(P/PA3.35)、被安打6、被二塁打2、奪三振1、与四死球0、失点1、自責点1のクオリティスタート。

今季これでまだ3試合目の先発マウンドだったが、星野監督のコメントどおり徐々に良くなっている印象を受ける。

ボール割合は29.9%。全体の3分の2以下という素晴らしい値で、見逃しストライクの割合は29.1%。この日の長谷部が制球に注意を払って投げていたのが確認できる数字となっている。23人の打席のボールカウント内訳をみると、3ボールが1打席、2ボールが5打席、1ボールが10打席、0ボールが7打席と、打者を有利にさせない状況を作ることができていたと言えそうだ。

■登板日別の長谷部のボール割合、見逃しストライク割合
・8/28ソフトバンク戦・・・ボール割合52.5%、見逃しストライクの割合11.9%
9/4ロッテ戦・・・ボール割合35.2%、見逃しストライクの割合15.5%

とにかく四球を出さずに投げようという明確な意図が感じられた丁寧なピッチングだった。特に印象に残ったのは右打者の外角へのストレート。外いっぱいに決まることが多く、この直球を日本ハムの右打者は攻略できなかった。下記配球図のとおり、外角直球はヒットを打たれていないのだ。

バックの守備陣も長谷部の好投を支えた。1回の先頭打者、陽の三遊間抜けようか?という痛烈なゴロを高須がダイビングキャッチ、すかさず1塁送球でサードゴロに仕留めてみせたその好守備は、長谷部を救うプレーとなった。

捉えられた...と思った痛烈なライナーが野手の正面をつく「運」も長谷部は握っていた。5回2死3塁での陽の当たりはファーストライナー、6回1死からの糸井のそれはショートほぼ正面のライナーだった。

ストレートが走っていて、さらにスライダーでカウントを取ることができ、ファウルを打たせてストライクを稼ぐピッチングができていた長谷部だが、課題点も浮き彫りになった。

落ち切らないチェンジアップを狙われた。この日許した6本のヒットのうち3本はチェンジアップを痛打されたもの。2本の二塁打もこの球で許してしまった。チェンジアップの精度が向上すれば、もっともっと楽にピッチングができずはずなので、今後の課題になってくる。

さらに、フライアウトが多いこと。星野監督は試合後、長谷部について「今日で3回目の登板だが、徐々に回を延ばしていっているし、内容も良くなってきているね。でも向こうのミスもあるから、コントロールに気をつけて投げていって欲しい」というコメントを残したが、この「向こうのミス」とは、相手打者の打ち損じのことをさしているのだろう。

この日奪ったアウト18個の内訳を下記球種別成績評で確認して頂きたいのだが、ゴロ6個、フライ8個、ライナー2個、三振1個、併殺1個という内容。ゴロアウトよりフライアウトが多く、さらにそのフライアウトは全て外野に飛んだフライアウトというところこそ、ぼくも、そして恐らく指揮官も懸念を表面している所だと思う。


指揮官も認める小山の貢献度

先発・長谷部の後を受け、2イニングをしっかりゼロに抑えてくれた小山の活躍も忘れてはならない。「今日も勝ちにつなげてくれたね。1年間がんばってくれていると思う」と指揮官も認める投げっぷりだった。

これで小山の防御率は2.59。交流戦での中日戦で先発し滅多打ちにされたあの炎上があってなお2.59である。あの先発成績を除外して、救援38試合の成績だけをみれば1.84という目をみはる数字が出てくる。

なんだかんだで今年も好成績を残すことが濃厚な小山だが、今季はビハインドでの登板が多い。

38試合中、リードした展開で11登板、同点で5登板、ビハインドの状況で21登板。もっともっと良い場面で上手く起用していってほしいとぼくは思っているのだが、どんな仕事でもしっかりこなしてくれるこういうベテランがいてくれると、首脳陣としてはやりやすいだろう。

勝ちパターンは若者に任せ、自身は一見すると目立たないところ、地味な場面で黙々と仕事をこなし、救援陣全体を縁の下から支える。パっと見、光の当たらないポジションなのだが、この貢献度は大きいはずなので、球団は──今でも正当な評価をしているけれど──しっかりオフに小山を評価してもらいたいと思う。【終】

◎◎◎この試合の選手採点&寸評◎◎◎
〔試合評〕2011年9月11日の日本ハム20回戦(山崎の劇的2ランでダル登板試合に勝利)の楽天イーグルス選手への採点&寸評

◎◎◎アンケート募集中◎◎◎
〔400号記念〕山崎武司選手のホームランで最も印象に残った一振りは?

◎◎◎本日1本目の記事◎◎◎
〔試合評〕2011年9月10日の日本ハム戦(田中vs斎藤佑)。楽天イーグルス選手への採点&寸評

◎◎◎関連記事──楽天vsダルビッシュここまでの今季4試合◎◎◎
岩隈vsダルビッシュ6度目の投げ合いは、中田の援護弾でダル軍配:5/10(火)●楽0-2日
田中vsダルビッシュ。田中1イニング3失点は今季初:7/20(水)●楽1-3日
ダルから2点先制も勝利の執念が見えない首脳陣と楽天ナイン...:8/6(土)●楽2-6日
15奪三振のダルから勝利、星野楽天、上位を喰らって今季初の5連勝!:8/25(木)○楽2-1日

■楽天・長谷部康平の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110911DATA8.jpg
【球種別の投球成績】
20110911DATA10.jpg

■日本ハム・ダルビッシュ有の配球図、球種割合
【配球図】
20110911DATA9.jpg
【球種別の投球成績】
20110911DATA11.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110911DATA6.jpg
20110911DATA7.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}