FC2ブログ

〔試合評〕2011年9月10日(土)○楽天イーグルス4-1日本ハム。田中将大vs斎藤佑樹。夢の競演の結末は...

スポンサーリンク

田中将大vs斎藤佑樹、Round1

待ちに待ったこの日が、いよいよやってきた。

それぞれ別方向に人生の岐路をとった両者が約4年11カ月ぶりに再演。

もちろん、プロの世界では初の舞台になった2011.9.10──。

あの夏の甲子園決勝戦。球史に残る名勝負のインパクトがあまりにも強烈すぎて、ぼくらはつい勘違いしがちだけど、田中将大vs斎藤佑樹の投げ合いは、同年10月4日に行われた「のじぎく国体」での決勝戦以来、約4年11カ月ぶりとなる。

◎参照URL:佑vsマー君…高校時代に4度対戦/VTR(日刊スポーツ 2011年9月10日8時47分)
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110910-832416.html

↑↑↑アマ時代の田中vs斎藤佑の対戦成績、試合内容、スコア等を紹介しています。

このメモリアルな試合の立会人になろうとKスタ宮城に集まった聴衆は20,809人。この観客数は、夏休み最後の週末、球団タイ記録に並ぶ7連勝をかけて田中と杉内が激突した8/27ソフトバンク戦の今季最多の21,206人に遜色ない大入りとなった。

立ち上がりの1回裏、楽天打線は斎藤佑から内村、高須の連打、山崎の犠牲フライで先制するものの僅かに1点止まり。以降は中盤5回までは両先発の持ち味がしっかりと出た、心地よい緊張感ある投手戦が展開された。

田中は序盤からストレートの球威、変化球のキレともに抜群の出来、制球も上々。斎藤佑も球を低めに集める徹底した意図の下、丁寧な投げっぷりで楽天打線の打ち損じを誘発していく。

試合が再び動いたのは6回裏だった。

斎藤佑に疲労の色が見え始めたところを、楽天打線が逃さずに斬り込んでいく。

先頭の3番・高須が外角高めに甘く入ってきた変化球をおっつけて流し打ち右翼前ヒットで出塁すると、2死3塁から6番・ガルシアが低めの難しい変化球を上手くバットで拾ってセンター前に運ぶタイムリー(楽2-0日)。さらに2死1塁で7番・中村が高めに抜けた変化球を完璧に叩いて、左翼フェンス直撃のスリーベース(楽3-0日)。中村を3塁に置いて続く8番の嶋も続き「らしい」右打ちバッティングで鋭い打球をライト前に飛ばし、中村を本塁へ迎え入れる。結局、イヌワシ打線はこの回3得点の攻撃をみせた。(楽4-0日)。

通常なら6回を投げ抜いて4失点というところで斎藤佑はお役御免の降板になるはずだが、そこは梨田監督の粋な計らい、もちろん本人も投げたかったのであろう、7回以降も斎藤佑はマウンドにあがり終盤2イニングをゼロに抑えて、敗れはしたものの8回4失点の123球完投。

一方、田中はリードが4点差となった7回表からギアを入れ直す。9回に2死満塁のピンチを招き押し出し四球で1点を失うも(あれはみきわめた二岡が凄いということ)、7回以降対戦した打者13人に対し奪三振7個の力投。外野に飛ばされた打球は9回今浪の二塁打だけという内容で、がっしりと勝利を鷲掴みにして離さない貫禄の手綱さばき。歴史的な一戦を征した田中は15勝目。118球で今季9度目の完投勝利で飾った。

田中は1点失うものの自責点は9回で0、防御率は1.34から1.28へと良化。計算上では夢の防御率0点台は不可能と理解しつつも、田中ならできるのでは?と思わせてくれる末恐ろしい投げっぷりである。

これでチームは連敗を3でストップ。成績は

・116試合54勝57敗6分の借金3
・対日本ハム戦19試合7勝12敗
・Kスタ成績50試合24勝23敗3分

・先制したゲームの成績は56試合40勝14敗2分
・後半戦成績41試合21勝19敗1分
・9月月間成績9試合4勝4敗1分


となった。

さて、明日は長谷部vsダルビッシュの予告先発。沢村賞レースはダルビッシュが先行している感があるけれど、田中も依然その可能性はかなりの割合で残されている。ここは田中の悲願をアシストするためにも、もちろんCS行くためにも再びダルビッシュを攻略してもらいたい。

長谷部は昨年7/17日本ハム戦で5回2/3を2失点の好投でダルビッシュに投げ勝っている。このことを強く心に刻み、攻める気持ちを忘れない好投を期待したい!

(下記に続く)

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス4-1日本ハムファイターズ〔19回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
日本ハム・・・1番・スケールズ(ニ)、2番・今浪(遊)、3番・糸井(中)、4番・小谷野(三)、5番・稲葉(一)、6番・中田(左)、7番・ホフパワー(指)、8番・陽(右)、9番・鶴岡(捕)、先発・斎藤佑(右投)。

楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・岩村(三)、4番・山崎(指)、5番・横川(右)、6番・ガルシア(一)、7番・中村(左)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・田中(右投)。




プロでのRound1は田中将大の勝利

9回、打者35人に対し118球を投げ(P/PA3.37)、被安打5、被二塁打1、奪三振12(空振りが11、見逃しが1)、与四球1(押し出し)、1失点、0自責点の完投勝利。

終わってみれば、お立ち台でのコメント力含めて、なにもかも、役者が違った、そんな投げっぷりをみせてくれた頼もしき背番号18である。

実を言うと、今季の田中は日本ハム線に相性が悪い。この試合前の段階で3試合2敗、防御率4.24という数字が残っていた。だが、今日は違った。いつもの田中なら序盤は八分のピッチングでピンチを背負うとギアを上げて100%120%以上の力で抑えにかかるというスタイルだ。しかし、今日は序盤から高い集中力を維持して投げていたように感じる。

この日のピッチングをデータで振りかえってみよう。

■楽天・田中将大の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110910DATA4.jpg

まずは、配球図。右打者に対しても、左打者時でも、低めに球がよく制球されていることが確認できる。右打者には50球を投げたが、そのうちの72.0%にあたる36球が低めに、左打者は68球のうち63.2%にあたる43球が低めゾーンに集まっていた。特に変化球が顕著で、変化球が抜けて高めに入ったケースはほとんどなかった。

【球種別の投球成績】
20110910DATA6.jpg
vs右打者50球・・・St17、Sl17、Fo10、Sh2、Ch1、Cur3
vs左打者68球・・・St15、Sl19、Fo14、Sh15、Ch2、Cur3

ボール割合は24.6%という抜群の低さ。常にストライク先行の組み立てができており、ボール先行になったのは僅か2例。9回今浪に二塁打を打たれた1-0と、同じく9回に2死満塁から二岡に絶好球をみきわめられて押し出し四球になった3-2のみである。

見逃しストライクの割合も際立って多かった。24.6%。4球投げれば1球見逃しのストライクが取れていたという計算である。後半戦の登板日別の見逃しストライクの割合を振り返ってみると、

7/31ロッテ戦・・・11.3%
8/7日本ハム戦・・・15.4%
8/13ロッテ戦・・・16.5%
8/20ソフトバンク戦・・・18.3%
8/27ソフトバンク戦・・・14.3%
9/3ロッテ戦・・・17.8%


となっており、いかにこの試合でのそれが多かったのかが確認できる。日本ハム打線側の問題もあるが、この試合での田中の制球力の良さを雄弁に語る数字だと思う。コントロールの良さということで言うと、特に右打者の外角の縦スライダーがストライクゾーンぎりぎりに決まることが多く、小谷野や中田など日本ハムの打者は手を焼いていたように感じる。

奪空振り率16.9%も今季の田中の平均14.0%を上回る値、さらに18球記録したファウルのうち2ストライク以降に打たれたのが5球、つまりファウルを打たせてストライクカウントを取りにいく投球もできていた。

守備陣も田中をよく盛りたてた。特に序盤の好守備が、田中の好投を大きく支えた。列挙すると、

・1回1死から今浪に打たれたセカンド頭上を襲うライナー。これを内村がジャンピングキャッチ。
・2回1死で稲葉が放った一塁線への強襲ゴロ。これをガルシアが好守備で抑え、ベースカバーに入った田中に送球してアウト。
・3回2死1塁でスケールズに甘い球を打たれてセンター前に落ちようかというフライヒット性の当たり。これを聖澤が懸命に前進、球際ぎりぎりでダイビングキャッチ。

・4回1死2塁、この試合初めて迎えた得点圏ピンチで小谷野、稲葉の立て続けのピッチャーゴロを田中が好フィールディングでアウトにする。特に稲葉にサード方向に打たれた高いバウンドを素早く処理してアウトにしてみせた守備は、田中が集中していたことの証。自らの守備でピンチを切り抜けた。


獲得したアウト27個(9イニングX3)のうち、奪三振でのアウトが12個、残る15個を野手陣の好サポートもありながら獲得していった。


BASEBALLIMAGE12.jpg

持てる力は出したのでは?と思われる斎藤佑のピッチング

8回、打者34人に123球を投げ(P/PA3.62)、被安打10、被二塁打1、被三塁打1、奪三振1、与四球1、失点4、自責点4のプロ初完投。

立ち上がりの1回に1死から2番・内村にニ塁付近に高バウンドのゴロを打たれ内野安打となり出塁を許す。すると、内村の足を警戒して打者への集中がおろそかになったのか、高須に低めの縦スライダーを上手くさばかれてしまい、左翼前ヒットで3,1塁。続く4番・山崎に高めに入った球を右翼へ犠牲フライを打たれて1点を失う。

しかし、早々に1点を失ったものの2回以降5回までは、持ち味が十分に出た好投だったように思う。さきほど、役者が違った、と表現したが、斎藤佑は斎藤佑なりに現在できるものをほぼ出したのではないか?と思われる。

象徴的だったのが2回。2回1アウトから中村に左翼線沿いにヒットを許すも、後続の嶋、聖澤を早々に追い込むと、アウトコース低めの絶妙なコースに変化球を投げ込み、手を出さざるをえない嶋、聖澤はその難しい球を打って出るも、平凡なゴロアウトだった。

3回から中盤4回5回にかけては、球をよく低めに集め、ゴロアウトを量産していく。

記録で確認してみると、

■日本ハム・斎藤佑樹の配球図、球種割合
【配球図】
20110910DATA5.jpg

右打者へは72.0%、左打者へは63.2%の球が低めに集まっていた。下記の球種別の表で確認すると、ボール割合が34.1%と若干多めなものの、見逃しストライクの割合も21.1%と田中のそれと比べても遜色ない数字。これはストライクゾーンの厳しいところを狙って投げていこうという意図が感じられ、きわに決まると見逃しストライクに、はずれるとボールになる、という投球だったと感じる。

斎藤佑の思惑どおり、獲得したアウト24個(8イニングX3)のうちゴロアウトでの獲得は14個と、目指しているピッチングはできていたのでは?と感じる。【終】


◎◎◎アンケート募集中◎◎◎
〔400号記念〕山崎武司選手のホームランで最も印象に残った一振りは?

◎◎◎関連記事──楽天vs斎藤佑樹ここまでの4試合◎◎◎
この試合の選手採点&寸評
立ち上がり斎藤佑を攻め3得点も逆転負け:4/3(日)チャリティーマッチ:●楽3-9日
鉄平スーパーキャッチ、山崎&ルイーズ豪砲も勝利の女神は微笑まず:4/24(日)●楽3-5日
生みの苦しみとなったルーキー対決:7/11(月)○楽5-3日
「持ってる」斎藤佑というより「持って無さ過ぎ」な楽天打線:8/8(月)●楽2-4日


【球種別の投球成績】
20110910DATA7.jpg
vs右打者50球・・・St14、Sl15、Fo8、Sh11、Cut2
vs左打者73球・・・St18、Sl4、Fo18、Sh22、Ch1、Cut10


■両軍の打席結果とカウント推移表
20110910DATA2.jpg
20110910DATA3.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
27位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}