FC2ブログ

〔試合評〕2011年9月8日(木)●楽天イーグルス4-4オリックス。俗説「ノーアウト満塁は点が入らない」の検証。今季の楽天のデータで調べてみた!

スポンサーリンク

一矢報いる絶好の好機を逃した星野楽天...

先発・塩見が立ち上がりの1回2死から突如5連打を浴びて一挙3点。荒れた展開で始まったオリックス17回戦は、最後の最後まで見せ場があるゲームとなった。

3点を追う楽天は相手先発・西から2回裏に聖澤、松井稼の適時打などで一挙4得点をあげ、試合をひっくり返す(楽4-3オ)。しかし、5回表、塩見が先頭のT-岡田、続くバルディリスに連続安打を浴びてノーアウト2,1塁のピンチを迎えると、8番・伊藤に左前にタイムリーを浴びて、試合は再び振り出しに(楽4-4オ)。

6回以降は両軍足踏み状態が続く。小山─山村─片山の楽天救援陣は相手打線に2塁を踏ませない好投で零封リレーを演出(特に3回1/3を投げ抜いた小山の頑張りは大きかった)。

一方、楽天打線は・西の前に3回以降は打線が沈黙、8回は二番手・平野の前に1アウト2塁の好機を作るも、山崎、牧田が空振り三振に倒れてチャンス潰えた。

しかし、この試合の最大の見せ場は、9回にやってきた。

スコア4-4の同点で迎えた9回裏。3時間半ルールでこの回決着なければ引分けという状況だった。

オリックスの三番手としてマウンドに登場したのは抑えの岸田。この岸田相手にイーグルス打線はくらいついていく。

先頭の横川が完璧なタイミングでのセンター前ヒットで出塁すると、続く伊志嶺の送りバントゴロを岸田が捕りきれずにエラーとなる。ノーアウト2,1塁で聖澤。初球バントしにいくもバックネット方向へのフライファウルにしてしまった聖澤だったが、その3球目、バスタ-で打って出る。バットが折れ、詰まった飛球がどうにか内野陣の後方、センター・坂口の手前に落ちて、ノーアウト満塁のチャンス!

一打出ればサヨナラ!というビッグチャンス到来で、楽天ファンのボルテージは一気に沸騰したが、ここからがもったいない結果になってしまった。

松井稼は初球インハイのストレートを打ち上げ、詰まった飛球はそのままファースト・李スンヨプのグラブにすぽっと収まるインフィールドフライ。続く内村は2-0とボール先行打者有利の状況から追い込まれて、最後はアウトローの絶妙のチェンジアップを泳がされて空振り三振。ノーアウト満塁が2アウト満塁となって代打・岩村も最後は外のチェンジアップに体勢崩されてあっさりと空振り三振。

絶好のサヨナラチャンスをフイにするかたちとなってしまった。

これでチーム成績は

・115試合53勝56敗6分の借金▲3
・対オリックス戦18試合9勝8敗1分
・Kスタ成績48試合23勝22敗3分 ←これ、問題ですよね...楽天が借金なのはココにありと言えそう。

・先制された試合60試合14勝43敗3分 ←これも、負け越し過ぎだろ!と思います...
・後半戦成績39試合20勝18敗1分
・9月月間成績7試合3勝3敗1分


となっている。

楽天は4位。ゲーム差は2位・日本ハムと10.0、3位・オリックスとは2.0、5位・西武とは4.5、6位・ロッテとは5.0としている。

(下記へ続く)

ブログ村に参加中です。更新の励みになりますので、何卒、応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


△楽天イーグルス4-4オリックスバファローズ〔18回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
オリックス・・・1番・坂口(中)、2番・大引(遊)、3番・後藤(ニ)、4番・T-岡田(左)、5番・バルディリス(三)、6番・李スンヨプ(一)、7番・竹原(指)、8番・伊藤(捕)、9番・荒金(右)、先発・西(右投)。

楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・山崎(指)、5番・ガルシア(一)、6番・中村(左)、7番・横川(右)、8番・伊志嶺(捕)、9番・聖澤(中)、先発・塩見(左投)。

「ノーアウト満塁は得点が入らない」って良く言われるけど、はたして本当か? 今季の楽天データで検証してみた!

もちろん9回裏に辿りつく前に幾度かの勝ち越しチャンスがあった。

例えば7回裏1アウト後から聖澤が内野安打で出塁。足を使って得点か?という場面を作ったが、西の再三にわたる執拗な牽制に遭い(松井稼の打席時に合計6回の牽制を受けた)、スタートを切ることができず、結局、松井稼のセカンド正面の4-6-3併殺ゴロで打ち取られてしまった。8回裏も先頭打者・内村がレフト前に上手く流して出塁し、高須が送って得点圏を作るも、後続の山崎、牧田が仕事することができない。

しかし、9回裏はノーアウト満塁という最大のチャンスだった。それだけにどうしても9回裏がゼロに終わり、サヨナラ勝ちできなかったのは、もったいなかったな・・・という感想になってしまう。

試合終了直後、Twitter上で下記のようにツイートした。



http://twitter.com/#!/eagleshibakawa/status/111788217702957058

僅か1時間の間に10人以上にリツイートされるちょっとした反響になったため、みなさん、この話題に関心があるとのことで、今季の楽天のノーアウト満塁を下記でそれぞれ丁寧にみていくことにする。

で、最初に.....誤ったツイートをしてしまい、ごめんなさい....m(_ _)m

正確に言えば、今季の楽天はノーアウト満塁のチャンスを、のべ14回作った(のべを対象外とすると12回。後述)。そのうちノーアウト満塁から3アウトになるまで1点でも得点が入ったのは12回。得点が入らなかったのは僅か2度で、そのうちの1つが今日の9回裏ノーアウト満塁だった。

Twitterでは今日のそれが今季初と誤ってツイートしてしまいました。慌てて記録をひっくり返していたのが、いけませんでした...大変申し訳ございません(泣)

のべ14回は下記のとおり。

1:6/5ヤクルト戦、11点を追う5回・・・聖澤センター前ヒット、松井稼がライトへヒット、山崎が死球で無死満塁。続く中村が右翼へ犠牲フライを放ち、この回1点を獲得している。

2:6/5ヤクルト戦、10点を追いかける6回・・・草野、伊志嶺、内村の連続安打で無死満塁。続く鉄平の併殺崩れのショートゴロの間に3塁走者がホームを踏んで1点を返した。

3:6/16広島戦、2点ビハインドの2回・・・先頭の草野がエラー出塁、高須がヒットでつなぎ、中村が四球で歩いて無死満塁。嶋の空振り三振を挟んで、塩見がマエケンから押し出し四球。1点をあげている。

4:6/16広島戦、4点差とされた7回・・・鉄平、聖澤、松井稼の1-3番による連打で無死満塁、4番・ガルシアのサードへの併殺ゴロの間に3塁走者が帰還して1得点。

5:6/16広島戦、6点ビハインドの9回・・・9番・横川がヒット、1番・鉄平死球、2番・聖澤ライト前へ運んで無死満塁。続く西村が押し出し四球。さらに1死満塁後、草野が右中間へ走者2人を呼び込むツーベースを放ち、合計3得点。

6:6/16広島戦、5点を追う9回・・・上と重複。西村が押し出し四球で1点が入りなおも無死満塁。ガルシアが凡退するも、草野が二塁打で2点を入れる。※Twitterでその回数を12回とツイートしたのは、これを対象外にしたため。正確に数えると、のべ13回となる。

7:6/27西武戦、1点リードの6回・・・先頭の内村が三塁線へ絶妙のセーフティバントで出塁成功すると、続く聖澤もバントヒットを決めて無死2,1塁。4番・ルイーズも四球で無死満塁。しかし、後続の草野が三振、高須が併殺ゴロで得点入らず。

8:6/29ソフトバンク戦、2点を追う2回・・・高須、岩村、ガルシアの連続3単打で無死満塁。続く牧田がライトへ犠牲フライ、1死3,1塁で嶋が続いてツーベース。1死3,2塁で鉄平も犠牲フライで、合計3得点。

9:7/17オリックス戦、1点ビハインドの8回・・・Bsの勝ちパターン、平野が乱調。岩村四球、高須デッドボールで無死2,1塁で鉄平のバントがエラー誘発し無死満塁。横川の犠牲フライで1点。同点に追いつき、その後の岸田からのサヨナラ勝利につなげる。

10:7/27ソフトバンク戦、同点の7回・・・和田からノーアウト満塁のチャンスを掴むと、ソフトバンクは金澤にスイッチ。山崎が三振に倒れて、さらに森福へという継投も、1アウト満塁から草野のショートゴロの間に1点を取る。

11:8/16西武戦、同点で迎えた5回・・・涌井相手に内村、高須の連打、山崎の四球でノーアウト満塁。草野が倒れて1死満塁となるも、ガルシアが犠牲フライで1得点。

12:9/3ロッテ戦、5点リードする5回・・・先発マーフィー相手に内村ヒット、高須四球で無死2,1塁。二番手・中郷がマウンドにあがるも山崎に四球を与えて無死満塁。さらに続くガルシアの打席時にパスボールで3塁走者が帰って1点。ガルシアも四球となり再び無死満塁。草野三振後に牧田がタイムリーで1得点。

13:9/3ロッテ戦、6点リードする5回・・・上記12と重複。相手バッテリーのパスボールで1点入り、ガルシアも四球となり再び無死満塁、1死後から牧田がタイムリーで1得点。なお、これも重複しているためTwitter上では対象外とした。

14:9/8オリックス戦、同点で迎えた9回・・・横川ヒット、伊志嶺のバントがエラーを誘い、聖澤がバスターでフライヒット、無死満塁とするも、松井稼、内村、岩村と凡退。

このように、のべ14回あったノーアウト満塁のチャンスで得点が入ったのは12回にのぼる。今季の楽天に関していえば、「ノーアウト満塁で得点が入らない」という俗説は、全くあてはまらない。

しかし、ノーアウト満塁のチャンスでも3アウトまでに獲得した得点が1点止まりのケースも目立つ。そのため、点が入らないようなイメージが生まれてくるのだと思う。【終】

◎◎◎アンケート募集中◎◎◎
〔400号記念〕山崎武司選手のホームランで最も印象に残った一振りは?

◎◎◎本日1本目の記事◎◎◎
今オフのMLB挑戦に黄色信号?!──岩隈、右肩痛の前と後、その投球内容の変化

◎◎◎関連記事◎◎◎

塩見前回登板:新人王へ向けて視界良好の7勝目:9/2(金)○楽6-3ロ
Bs西勇輝投手との今季対戦成績は?
胸のすくようなピッチングでプロ初勝利を掴んだ西勇輝:4/17(日)●楽1-4オ


■楽天・塩見貴洋の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110908DATA6.jpg
【球種別の投球成績】
20110908DATA8.jpg

■オリックス・西勇輝の配球図、球種割合
【配球図】
20110908DATA7.jpg
【球種別の投球成績】
20110908DATA9.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110908DATA3.jpg
20110908DATA4.jpg
20110908DATA5.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
初めて当ブログにお越し頂いた方、何度か当ブログに閲覧頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします
---------------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。(o'ー'o)ノ各種ブログランキングに参加中。更新の励みになりますのでクリックお願いします。ブログ村は長らく「楽天イーグルス部門」1位。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}