FC2ブログ

〔試合評〕2011年8月12日(金) ○楽天イーグルス9-1ロッテ。8/11日本ハム戦の借りを今夜見事に倍返ししてみせたヒメネス&ガルシアの両外国人

スポンサーリンク

本日1本目のエントリも宜しくお願いします
〔記録〕楽天イーグルス選手のゾーン・コース打率。中村真人、岩村明憲、内村賢介、横川史学、ルイーズ、ガルシア (2011年8/11終了時)
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-666.html

~~~

8/6日本ハム戦の借りを本日のロッテ13回戦で返したようなかたちになった。

投げては先発ヒメネスが5回2/3を1失点の好投、
打っては6番・ファーストで先発起用されたガルシアが値千金の今季4号3ランの活躍。

ダルビッシュとの対決となった8/6日本ハム戦ではガルシアが4回裏に先制2ランを放つも、直後の5回表の守備イニングでヒメネスが先頭打者に二塁打を浴び、それから2四球と崩れ、さらにガルシアの2点を失うことになったエラーも重なり、一挙5失点で試合を壊してしまった。

両外国人選手はこの汚名を注ぐかたちとなって今夜揃ってヒーローインタビューのお立ち台に登った。

これで楽天のチーム成績は92試合39勝49敗4分の借金は▲10、対ロッテ戦は13試合8勝4敗1分(+4)、後半戦成績17試合6勝11敗(▲5)、8月月間成績11試合3勝8敗(▲5)、3位・オリックスとのゲーム差は4.0、4位・ロッテとの差は1.0、6位・西武との差は2.0となっている。

ブログ村参加中。このところ伸び悩んでますので、なにとぞ応援のクリック宜しくお願いします。(_ _)人 皆様のおかげで現在「楽天イーグルス」部門1位です
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス9-1千葉ロッテマリーンズ〔13回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
ロッテ・・・1番・伊志嶺(右)、2番・岡田(中)、3番・井口(ニ)、4番・カスティーヨ(一)、5番・今江(三)、6番・福浦(指)、7番・里崎(捕)、8番・角中(左)、9番・根元(遊)、先発・唐川(右投)。

楽天・・・1番・松井稼(遊)、2番・内村(ニ)、3番・高須(三)、4番・山崎(指)、5番・草野(左)、6番・ガルシア(一)、7番・横川(右)、8番・嶋(捕)、9番・聖澤(中)、先発・ヒメネス(右投)。

ヒメネス、8度目の挑戦で来日初勝利!

昨日の試合評でさんざんコケにしたヒメネスが予想外の好投で連敗ストップの立役者になった。

5回2/3、打者23人に91球を投げ、被安打4、被三塁打1、奪三振1、与四球1、与死球1、失点1、自責点1。クオリティスタートに準じる好投だった。

5点のリードを貰った6回に先頭の伊志嶺に三塁打を浴びて、岡田の高いバウンドのセカンド内野安打(これは故意に岡田がこのようなゴロを打ったのでは?と思っている)で1点を失うも、5回終了までロッテ打線のヒットを根元のショート内野安打の1本のみに抑える好内容だった。

今季ここまでまともに働いている楽天の外国人選手といえばラズナーしかいない。そのラズナーも故障離脱があるため、フルで働いている外国人選手ということになると1人もいない厳しい台所事情なのだ。そういう中で、今夜は外国人選手による活躍が勝利へとつながった数少ない貴重なゲームとなった。

これがきっかけとなって、ヒメネス、ガルシアが必死の巻き返しをみせることを期待したい、というかしてくれないとクライマックスシリーズに行けないのだが、ことヒメネスに関していえば、まだまだまだ、まだまだまだ、安心はできそうもないというのが本音なのだ。

ようやく初勝利を飾ったヒメネスにお前はケチをつけるのか?と言われそうだが、その理由を記すと、、、

ボール球が多いため、球数がどうしても多くなってしまう。

このことである。

今日の試合は全91球を投げたがボール判定になった球は44.0%にあたる40球という多さである(できれば33%以下が望ましいところ)。異常なボール球の多さだったにもかかわらず、3ボールカウントまでいったのが打者23人中4人に止まり、与四球が僅か1個だったのは「僥倖」というより他はない。ロッテ打線が備えている地力としての出塁率が発揮されていれば、その与四球数は1から2にも3以上にも増えたかもしれないという危険性は孕んでいた。

ナニがイケナカッタかと言うと、下記の球種別投球成績表のとおり、ヒメネスの武器とされているシュートのコントロールが特に良くなかった。33球投げてそのうち半分以上の17球がボールである。この日の好投はこのシュートを相手に打たせてゴロアウトを稼ぎだしていた点にあるが、そのメリットをあわや打ち消してしまうほどのボールの多さなのだ。これは武器なのに、もったいない。

このようにボール球が多いため、5回2/3で球数は91球にものぼった。打者1人当たりの球数を診るP/PAになおすと3.96だ。

8/11終了時での楽天先発投手全体のP/PAは3.86だから、多めという判断になる。ここまでの先発マウンドのP/PAを振り返ると、6/24が3.88、6/30が2.96、7/6が4.04、7/12が4.46、7/19が3.67、7/30が4.50、8/6が3.96となっていた。その大半がチームの3.86という数字をオーバーしているのが確認できる。

ボール球が多く球数も多くなってしまうのはコントロール難だからだ。

制球力がない→ボール球が多くなる→カウントを不利にして球数も多くなっていく→球数が多くなると中盤スタミナ切れを起こす危険性がある→実際ここまでヒメネスは中盤以降の失点が多い

こんな負のスパイラルを常に抱えている状況と言える。

つまり、今日の好投は、ヒメネスのいつもどおりの実力が発揮された、というよりも、好運も味方につけてたまたま良い方向へブレただけ、と捉えたほうが適切なのでは?と思うのだ。

内村、ハッスル!

今日の試合は両外国人に花をもたせたいゲームになったが、内村の攻守にわたる好活躍も決して忘れてはならない。

今季は出遅れ開幕には間に合わず5/6西武戦が初出場。当初は代走や守備固め等の起用も多かったが、7/13ソフトバンク戦を皮切りにここまでほぼ毎試合セカンドのレギュラーとして出場している。

その内村は2回先頭のカスティーヨの高いバウンドのゴロを弾いてしまいエラー出塁させてしまう。これは突っ込んで難しいバウンドをグラブで合わせにいくも合わせ切れずに弾いてしまう。スコアは0-0だっただけに非常に嫌な心地になった。だが、好守備で難を切り抜けてくれた。1死2,1塁から里崎のピッチャー返しをヒメネスが好フィールディングで捕り2塁転送、セカンドベースカバーに入った内村が厳しい体勢になりながらも見事に1塁へ送球し1-4-3の併殺が完成した。

好守備はこれだけではなかった。5回2死での根元の一二塁間の強い当たり。これをガルシアが球を後ろに弾いてしまうもバックアップの内村が無難に処理して1塁アウトのセカンドゴロになった。さらに7回先頭の里崎に一二塁間深いゾーンに打たれたゴロも内村が良くまわりこんで抑えてみせた。

打では4打数3安打、今季初の猛打賞。4回の先制点は1死での内村の第2打席から始まった。外角の縦スライダーをバットではらうようなかたちの巧打となりレフト前へ落とすフライヒットから始まった。続く高須の右前ヒットで1塁から一気に3塁を陥れると、4番・山崎の犠牲フライでホームを踏んでいる(楽1-0ロ)

5回にまわってきた第3打席では見逃せばボールとなった低めの変化球を巧く拾ってセンター前へ落とし、2死2塁の走者(1番聖澤が安打出塁→盗塁成功で奪った2塁)を本塁へ迎え入れている。さらにその後、積極的にニ塁を盗もうという盗塁企図も、これはアウトになった。

これはオフにしっかり検証してみたいところだが、(今夜は1番は松井稼だったが)1番・聖澤─2番・内村というかたちになって、良い流れが生まれようとしている、そんな希望の息吹を感じる。あいかわらず課題山積の楽天打線だが、内村がいるのといなのでは、大きく違うのでは!!というイメージに個人的にはなってきている。

さて、1試合9得点は6/25西武戦に続く今季2度目。得点の多い順に言えば一番多いのが12得点をあげた8/4西武戦だから、それに続く今季2番目の得点多となったゲームになった。

ロッテサイドからすれば、1試合9失点は今季最多失点となった。

さて、ロッテ3連戦の初戦を思いもかけずに良いかたちで取ることができた。明日は背番号18がコールされている。ここはしっかり連勝して、スイープの挑戦権を獲得したいところなのだ。

楽天が上位進出を目論むには同一リーグの中で複数のお得意様チームを作ることが必須になってくる。その意味で言えば、今季8勝4敗1分と4つ貯金できているロッテは、お得意様候補といえる。この3連戦よいかたちで終えることができれば、ロッテのKスタでの16連敗という悪夢をロッテサイドに再び思い出させてやることが可能となってくるのだ。ここが1つの正念場かもしれない。【終】

■楽天・ヒメネスの配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110812DATA15.jpg
【球種別の投球成績】
20110812DATA17.jpg
vs右打者(14人)52球・・・St21、Sl12、Sh19
vs左打者(9人)39球・・・St15、Sl3、Sh14、Ch7

■ロッテ・唐川侑己の配球図、球種割合
【配球図】
20110812DATA16.jpg
【球種別の投球成績】
20110812DATA18.jpg
vs右打者(12人)43球・・・St23、Sl16、Cur4
vs左打者(13人)42球・・・St21、Sl19、Cur2

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110812DATA13.jpg
20110812DATA14.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
◎ブログ村に参加中です。(o'ー'o)ノ皆様の一押しが更新の活力源です
現在「楽天イーグルス」部門1位
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎人気ブログランキングでは「楽天イーグルス」部門で2位
人気ブログランキングへ

◎ブログラムでは「楽天Gイーグルス」「田中将大」等のカテゴリで1位
blogram投票ボタン

◎FC2ランキングでは20位前後で推移


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI







このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}