FC2ブログ

〔記録〕楽天イーグルス選手のゾーン・コース打率。中村真人、岩村明憲、内村賢介、横川史学、ルイーズ、ガルシア (2011年8/11終了時)

スポンサーリンク

前回のエントリ
〔記録〕楽天イーグルス:200打席以上打者のゾーン・コース打率(8/10現在)。聖澤諒、松井稼頭央、高須洋介、嶋基宏、山崎武司、草野大輔
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-664.html
に続くゾーン・コース打率の第2弾をお送りします。

なお、データは2011年8/11終了時のものです。


■中村真人ゾーン・コース打率
打率.250、168打数42安打、出塁率.306、OPS.598
昨年は自身の故障等によるコンディションの低下、さらに首脳陣との対立もあって、干されていた中村選手ですが、今季は開幕1軍メンバーに入り、1度抹消されるものの再び戻ってきて“らしい”活躍ぶりをみせてくれています。高めボールゾーンの球を大根切り打法でスタンドへ放り込んだホームランは圧巻でした!

さて、かねがね本人も真中の球は打てないんで・・・と公言しているとおり、ストライクゾーンど真中のコースの打率は.167。6打数1安打と打てていません(笑) さらにその上下、真中高め、真中低めのゾーンも打率1割台を記録、やっぱり甘い球は打てないのね...とデータ上からでも確認することができます。



ホットゾーンはストライクゾーンの外角高め、外角低め、内角中段にあたります。
外角高め、外角中段は変化球を巧く打っているようです。

一方、(10打数以上の)苦手なゾーンは外角中段、外角低めのボールゾーン、真中低め。
外角中段のコースではストレートに対して分が悪くなっている模様です。

通常の打者ならストライクゾーンの真中(上下含む)で高い率を残している傾向が多く見受けられるのですが、中村選手はここで率を稼げないタイプ。するとホットゾーンが極めて限定されてしまう、ということになります。とんでもないボール球を打つのが上手いイメージはありますが、それは打った時の衝撃が強烈に記憶されるからであって、実際はボールゾーンの打率は.216(37-8)とやはり良くありません。

個人的には真中の球を打つことができない中村選手が常時3割超えの安定した活躍をするのは難しいかな?と。レギュラーというよりスーパーサブとしての立ち位置での起用のほうがしっくりくるかな?と思っています。


■岩村明憲ゾーン・コース打率
打率.182、148打数27安打、出塁率.269、OPS.472
どの数値をみても、これがメジャー帰りの、メジャー行く前は球界を代表するスラッガーの数字だとは...思えませんね(泣) 特にOPSの4割台って....。ぼくのように全盛期の活躍は無理にせよ7掛、6掛の活躍はしてくれるのでは?と思ったファンも多いのでは?

20110812DATA6.jpg

ホットゾーンはストライクゾーンのど真中とその上の真中高め、あとはほとんどが苦手ゾーンといってよいと思います。

岩村選手はここまで36個の三振を喫していますが、見逃し三振はそのうち10個になります。
その10個のうち8個はインサイドのコースで記録しています。
内角での三振は15個ですから、そのうち約半分の8個が見逃し三振になっています。
内角球のみきわめ、対応の改善も課題の1つと言えそうです。


■内村賢介ゾーン・コース打率
打率.240、125打数30安打、出塁率.307、OPS.587
今季は出遅れてしまいましたが、球宴を前後して出場機会を増やし、最近はほぼレギュラーで活躍する内村選手。
右打席ではアウトコースの球は対応できているものの、インサイドの対応に課題を残しています。
左打席では高めゾーン野球は比較的良い結果が出ているものの、低めゾーンとアウトコースの球には苦労している模様です。

〔右打席〕
20110812DATA7.jpg

〔左打席〕
20110812DATA8.jpg


■横川史学ゾーン・コース打率
打率.205、127打数26安打、出塁率.250、OPS.565
今季は開幕1軍入り。4/17に抹消されるも4/29に再び昇格、以降は1軍戦力としてプレーしている横川選手。
来季へ向けてしっかりとした成績を残し足場を固めてほしいところですが、目覚ましい長打が所々出るものの、安定した活躍はできていないのが実際。

20110812DATA9.jpg

ホットゾーンはストライクゾーンど真中のみ、15打数8安打の.533となっています。
内角低め、膝元のコースでは6打数2安打、2本塁打と打数は少ないながらも打率.333を記録。
ここのゾーンの打数が増えても打率3割維持できていれば、ココは横川選手のツボということになるのでしょうね。

高めのゾーン野球は総じて苦手。ストレートも変化球も対応できておらず、今後の課題といえそうです。


■ルイーズ・ゾーン・コース打率
打率.195、128打数25安打、出塁率.237、OPS.612
恐らく既に今季の1軍戦力構想からは完全に外れてしまったルイーズ選手。オフに解雇の流れは必至でしょう。
交流戦明けの西武4連戦など局地的には大活躍をみせたものの、それを安定したものにすることができなかったのが痛かったといえそうです。

20110812DATA10.jpg

その原因はやはり昨年来の課題、アウトコース低め、低め全般のストライクからボールに変化する変化球のみきわめです。ここでバットがクルクルまわり、44個の三振のうちアウトロー低めのコースでは実に25個にものぼります。

契約時にどういう内容で出来高等を設定しているのか?も気になるところです。
1本の単打より1個の四球を高く設定してあげれば、四球への意識も生まれ、手を出したいところの我慢も生まれるかと思うのですが。

去年後半戦打率3割を残し、数少ない長打を打てる選手ということで期待していたのですが...うーん、という感じ。


■ガルシア・ゾーン・コース打率
打率.221、122打数27安打、出塁率.258、OPS.586
得点力不足に喘いでいるチーム状況で急遽フロント主導で獲得した助っ人選手。6/9横浜戦で1軍初出場をしました。

長距離打者というよりは中距離打者という触れ込み、恐らく球団も本塁打というよりは二塁打を沢山打ってほしいという期待があったかと思われますが、ここまで二塁打は4本、本塁打は3本に止まっています。

さらに安打以外の出塁率IsoDもかなり低く、期待された「神の子」ばりの活躍は全くできていません。
このままではオフに解雇という流れは必至。

下記のゾーン打率をみても、低めコースの対応に苦労しているのが伺えますね。
あと、ボールゾーンの球に手を出し過ぎかな?、そんな印象です。

20110812DATA11.jpg
---------------------------------------------------------
ブログ村に参加中です。皆様の一押しが更新の活力源です
現在「楽天イーグルス」部門1位
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎人気ブログランキングでは「楽天イーグルス」部門で2位
人気ブログランキングへ

◎ブログラムでは「楽天Gイーグルス」「田中将大」等のカテゴリで1位
blogram投票ボタン

◎FC2ランキングでは20位前後で推移


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI






このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}