FC2ブログ

〔試合評〕2011年7月20日(水) ●楽天イーグルス1-3日本ハム。田中将大が1イニングに3失点するのは、今季初

スポンサーリンク

田中将大vsダルビッシュ有。

オールスター前の最後の注目ゲームというだけあって、東京ドームは44,826人の大入りになった。

田中とダルビッシュの対戦は過去3試合ある。

◎2007年9/19(東京ドーム)楽0-6日
●田中、6回2/3、被安打7、奪三振6、自責点5
○ダルビッシュ、8回、被安打5、奪三振5、自責点0

◎2007年9/26(札幌ドーム)楽1-2日
●田中、8回1/3、被安打4、奪三振8、自責点2
○ダルビッシュ、8回、被安打6、奪三振9、自責点0

◎2009年8/7(Kスタ宮城)楽3-1日
○田中、8回、被安打10、奪三振8、自責点1
●ダルビッシュ、8回、被安打5、奪三振12、自責点3

ここまで田中の1勝2敗、防御率3.13、ダルビッシュの2勝2敗、防御率1.13という数字だった。

しかし、3度のうち2度は田中のルーキーイヤー。完成された現在と比べるとまだまだ荒削りな田中将大。

この数字は全くアテにならんでしょ?と踏んでいたのだが、ところが、どっこい、数字ズバリのスコアになってしまった。

(下記へ続く)

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。 (_ _)人
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス1-3北海道日本ハムファイターズ〔10回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・聖澤(中)、2番・内村(ニ)、3番・草野(一)、4番・山崎(指)、5番・高須(三)、6番・松井稼(遊)、7番・横川(左)、8番・鉄平(右)、9番・伊志嶺(捕)、先発・田中(右腕)

日本ハム・・・1番・スケールズ(指)、2番・陽(右)、3番・糸井(中)、4番・中田(左)、5番・稲葉(一)、6番・小谷野(三)、7番・今浪(ニ)、8番・金子誠(遊)、9番・大野(捕)、先発・ダルビッシュ(右腕)。

田中とダルビッシュ、両先発とも1回は相手打線を三者凡退に退けるも、試合は2回から動き出す

2回表、楽天は先頭の4番・山崎が二塁打で作った好機をしっかり活かし1点を先制する。
この2回の楽天先制劇は、1回にその伏線があったと見てよいと思う。

結果的にはダルビッシュの前に三者凡退に倒れるも、
聖澤が8球、内村が4球、草野がファウル7度等で粘って11球、合計23球も投げさせた。
これはダルビッシュにとって、ちょっと予想外だったのではないだろうか? 
一方、楽天打線にとっては2回の先制点につながる収穫となったはず。

というのも1回があったおかげで思い切って狙い球を絞ることができたのでは?と思うからだ。

1回表、ダルビッシュは、聖澤、内村、草野、この3人とも追い込むまではストレート中心で、
追い込んでからは落差ある縦のスライダーをウイニングショットに選択し、それを全9球投げてきた。
聖澤、草野はこの鋭いスライダーに何度も何度もくらいついていくも、
結果的には3人ともスライダーで屠られてしまう。

恐らく2回表が始まる直前、狙い球を、カウントを取りにくるストレートに絞っていくようにという、
楽天の打者の共通認識ができあがっていたのかもしれない。

案の定、先頭の山崎に対してはアウトコースのゾーンぎりぎりにストレートを立て続けに投げてきた。
カウント2-1と打者有利になった4球目の外角に入った直球を踏みこんで打って、一塁線を痛烈に抜けていくツーベース。

高須がバント送れずで1死2塁となり、松井稼もカウント1-0からの2球目、ストレートをレフト前に打ち返す。
この直球はアウトコースの低めに大野のミットより僅かに内寄りに入った球だが、決して甘~い球ではない。
しかし、低めのゾーンは松井稼にとってホットゾーンにあたるため、松井稼にとっては絶好球となった。

1死3,1塁となって横川。真中近辺に入った甘い初球ストレートをセンター返しにし、楽天が1点を先制した。(楽1-0日)

いずれも、2ストライクと追い込まれる前のストレートを打って、好結果につなげていた。

思い切って狙い球をストレートに絞ることができた背景には、1回にウイニングショットとして使用された縦のスライダーに対して、前述のとおり聖澤や草野がしぶとくバットに当てにいっていたのも、影響しているかもしれない。

1回の全9球のスライダーの内訳は、凡打1、空振り三振1、ファウル5、見逃しストライク1、ボール1であり、このうちファウル5回が、日本ハムバッテリーの中に嫌なイメージを残し、2回になって、なおさら追い込むまでは、この時点で疑問符がついてしまったスライダーではなく、ストレート中心に組み立てようという選択がされたのかもしれない。

試合が再び動いたのは4回。今度は日本ハム側に流れが傾いた。

楽天・田中は先頭の糸井に明らかに制球がばらついてしまってのストレートの四球を与えてしまう。すると、続く4番・中田の打席、初球前に1塁走者・糸井に対して牽制球を投げるも、これがよもやの悪送球...球がテンテンとしている間に糸井は2塁へ。自らの拙いプレーで得点圏に走者を背負ってしまったが、ここからギアを入れて抑えていこうか?という矢先、初球の外角の決して甘~い球ではないスライダーを4番・中田にセンター前にさばかれてしまい、糸井がホームを踏み同点。(楽1-1日)(一夜明けてハイライト映像を改めてみると、やっぱり甘かったかな...と思う。伊志嶺の要求は恐らくウイニングショットの縦スライダー。しかし、カウントを取りにいくような甘いスライダーが入ってしまった)

さらに中田を1塁に置いた状況で5番・稲葉を迎え、僅か2球で0-2と追い込むものの、これまた決して甘~~い球ではない低めのスライダーをバット一閃(、ライトスタンドに運ばれてしまう。これで今日の試合のスコアが完成した。(楽1-3日)

4番・中田の適時打、5番・稲葉の本塁打はいずれも打った側を評価しなければならないものかもしれないが、この失点イニングで問題なのは、田中責任の四球と牽制悪送球だ。特にイニング先頭打者に対しての四球。この四球にも伏線があった。

それは3回裏1死での大野の打席。結局3-1から四球を出してしまったのだが、ボールになった球はいずれも球審の手が上がってもおかしくはないコースに決まったものだった。しかし、球審・中村の手は1度も上がらずに四球となる。田中の呆然とした表情がなんとも印象的だった。

4回の先頭、3番・糸井に対してのストレートの四球は、前述の辛い判定と、パリーグ打率ランキング1位の好打者であるという状況、それに出塁を許してはいけない先頭打者というシチュエーションが重なり、力んだり、ひっかかったりしてしまったのではないか。

まあ、不運が背景にあって、さらに自らの脆さで墓穴を掘ってしまった、と言える。

田中が1イニングに3失点したのは今季初となってしまった。

イニング先頭打者の四球はヒットより失点に繋がりやすいのか?─2011年楽天で検証

ところで、この試合の解説はガンちゃんこと岩本勉氏だった。岩本節が随所に炸裂、このゲームに花を添え、楽しませてくれた。特に稲葉の一発の時は、「まさに夏男がそこにいたんですよ」とのフレーズが印象的だった。

しかし、この四球の時、先頭打者のフォアボールってのは、80%ぐらいの確率で点につながりやすいですからね、という趣旨のコメントをしたのには、先日も触れたばかりだけど、いただけないなと思う。

結果的に言えば、この試合は、失点につながってしまったけれど、それでも、ぼくはこの神話を信じない。

というのも、7/17終了時現在で、楽天投手陣がイニング先頭打者にヒット(単打)を打たれてノーアウト1塁になった場合と、四球を出してノーアウト1塁になった時、それぞれの得点確率と得点期待値を出してみた。

◎四球・・・得点期待値0.586、得点確率34.5%
◎安打・・・得点期待値0.604、得点確率36.8%


ほぼ同値である。いや、正確にいえば、僅かだが安打のほうが多いかもしれないという結果になっているのだ。

これで楽天の成績は75試合33勝38敗(▲5)、対日本ハム戦10試合3勝7敗(▲4)、7月月間成績は17試合9勝7敗1分(+2)、交流戦明け成績は24試合12勝11敗1分(+1)、となった。3位・ロッテが勝利したため、ロッテとの差は2ゲームに広がり、楽天は4位で前半戦を終了する。
【終】

■日本ハム・ダルビッシュ有の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110720DATA14.jpg
【球種別の投球成績】
20110720DATA16.jpg

■楽天・田中将大の配球図、球種割合
【配球図】
20110720DATA15.jpg
【球種別の投球成績】
20110720DATA17.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110720DATA12.jpg
20110720DATA13.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
◎ブログ村に参加中です。皆様の一押しが更新の活力源です。
現在「楽天イーグルス」部門長期1位

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

◎人気ブログランキングでは「楽天イーグルス」部門で2位
人気ブログランキングへ

◎ブログラムでは「楽天Gイーグルス」「田中将大」等のカテゴリで1位
blogram投票ボタン

◎FC2ランキングでは20位前後で推移


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}