FC2ブログ

〔試合評〕2011年7月6日(水) ○楽天イーグルス5-3オリックス。4番・ルイーズの一振りが流れを変えた。

スポンサーリンク

両軍2点ずつ分け合って終盤に突入した。

最初に試合を決めにかかったのはオリックスだった。

8回から二番手でマウンドに上がった片山が1死2塁で後藤にセンター前の適時打を浴び、逆転を許す。(楽2-3Bs)

しかし、最後にピリオドを打ったのはイーグルスだった。

1点勝ち越された直後、9回表・楽天の攻撃。
オリックスは守護神・岸田をマウンドに送り、完全逃げ切り体制。
だが、そうはさせじと大仕事をしてのけたのは、交流戦明け12試合中10試合で4番に座るルイーズだった。

初球。捕手・鈴木の構えはアウトコース要求だったものの、岸田の球がシュート回転して真中に入る失投の逆球となった。この瞬間、「決めろよ!ルイーズ!」と心の中でありったけに叫び、そしてルイーズはそのリクエストをバットで見事に応じてみせた。

打った瞬間のセンターバックスクリーンへ飛びこむ大飛球は、土壇場で同点に追いつく貴重な今季6号ソロとなり、その後の逆転劇へとつながる反撃の狼煙ともなった。(楽3-3Bs)

高須はフライアウトに倒れて1死(高須の打った球も甘い球だった)から再び逆襲は始まった。

打席は岩村。バッテリーはアウトコースの際どいゾーンを狙うリードに徹する。良いところに決まった球も球審の手があがらなかったり、岩村がみきわめたりしてフルカウントから四球となる。1死1塁と逆点の走者が出て、7番・ガルシア。バッテリーはここでも決して甘く入らないようにと外角の際どい所を突く慎重な攻めをみせる。しかし、粘りをみせたガルシアのバットは最終的に外の球に上手くアジャスト。快打された打球はライト前へと抜け、チャンスが広がり1死3,1塁。

この状況は、オリックスにとって、昨日の楽天がハマった「1点も相手にやれない過酷な現実」同様、岩村の四球、ガルシアの安打はそれがもたらした副産物ともいえる。岩村とガルシアは冷静に相手の置かれたそのような状況を理解し上手く対応してのけた、と言える。特にガルシアの打席では素人目に見てもまず内角に投げてくることはありえない状況だったため、最後には踏み込んで好結果を残すことができた、そう言うこともできる。

さて、再び元に戻って。


1死3,1塁、代打で出てきた草野は泳がされて空振り三振も、代走で出た1塁走者・平石が2塁を陥れて2死3,2塁。
嶋へのカウント2-1からの4球目だった。

アウトローの低めチェンジアップにあえなく嶋のバットが空振りをする。しかしこの球がワンバウンドして捕手が後ろへ逸らす致命的なワイルドピッチとなり、3塁走者・岩村が勝ち越しのホームを踏む。(楽4-3Bs)

嶋四球で1塁に歩いてさらに2死3,1塁、打順が1番に返って鉄平が左翼線沿いにツーベースを放ち、5点目が入った。(楽5-3Bs)

楽天は前の回から引き続き復帰後初のラズナーが9回も危なげなく三者凡退に抑えて、逆転勝利した。(1点ではなく2点リードという状況も大きなポイントだった)

これで、チーム成績は62試合27勝33敗3分、借金6。対オリックス戦5勝3敗、7月月間成績は3勝2敗となった。

黒・白・黒・白・・・の法則でいくと今日は白の日だった。そして法則どおりに白になった。明日はエース・田中が投げる。この法則を打破を田中に託して、今夜は良い夢が見られそうなのだ。

(下記へ続く)

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。 (_ _)人
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス5-3オリックスバファローズ〔8回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・鉄平(右)、2番・松井稼(遊)、3番・聖澤(中)、4番・ルイーズ(指)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・ガルシア(一)、8番・牧田(左)、9番・嶋(捕)、先発・ヒメネス。

オリックス・・・1番・坂口(中)、2番・赤田(右)、3番・後藤(ニ)、4番・T-岡田(左)、5番・ヘスマン(指)、6番・李スンヨプ(一)、7番・バルディリス(三)、8番・斉藤(捕)、9番・大引(遊)、先発・中山。


ラズナーが1軍に帰ってきた! 故障復帰初のマウンドで3勝目!

5/15ロッテ戦で1回途中に違和感で緊急降板、その後、登録抹消されて治療に専念していたラズナーが、2軍での調整登板(6/28日本ハム戦で先発、3回を被安打ゼロ、無失点)を経て、この日スパイアーとの入れ替えで1軍登録されてチームに合流した。そして、逆転されてスコア楽2-3Bsとなった8回途中からマウンドにあがった。9回表に味方打線が3点を取り逆転に成功すると、9回裏も続投。李スンヨプ、バルディリス、田口をなんなく退けて、今季3勝目を挙げた。

この試合のラズナーの登板は調整登板の意味合いが高いかもしれないが、1つ気になったことがある。

それは、これまで抑えを務めたスパイアーがファーム落ちしたことで、抑えが白紙に戻った点だ。この試合も、抑えがいれば9回裏はその抑えに任せたはずだが、不在のため調整登板のラズナーが続投した。恐らくそういうことだと思うのだが、今後抑えは誰が担うのか?

それに関連して、この試合の解説を務めた村上隆行氏の口から、意味深なコメントが飛び出した。

ちょっと他のことを考えていて、その会話をつぶさには覚えていないのだが、星野監督と村上氏が話した時に、星野監督は、ラズナーと青山を併用していくしかないみたいな趣旨のことを言っていたのだとか。良く覚えていないのではっきりは言えないのだが、これはラズナーを先発ローテに戻すのではなく、救援スタッフとして起用するということだろうか?、それともオリックス3連戦後から始まる9連戦を見据えての先発ローテの話だろうか?いったい何の話だったのだろう?  

ポスト・スパイアーとなる暫定的な抑え役は、現状の投手陣(11名)の顔ぶれをみると、唯一安定感あるピッチングを続けている青山だろう。しかし、青山を後ろに持っていくと、勝ち試合で安心してイニングまたぎを任せることができる投手がいなくなってしまう。今最も救援陣で好成績の投手をどのポジションで起用していくのか?首脳陣の判断にも注目したい。

ヒメネス、7回2失点にまとめるピッチングも...

この日、楽天の先発はヒメネスだった。先発3試合目のマウンドとなった。6/24西武戦では与四死球6個、6/30ホークス戦では二桁被安打と不安を残す内容も、この日は、7回、打者27人に対し109球を投げ、被安打6、被本塁打1、奪三振4、与四球2、2失点、2自責点にまとめる内容。

しかし、やはり、不安が残る。球数109球のうち、真中~高めの高さに入った球は63.3%にあたる69球。球が全体的に高いのだ。さらに、ボールが動いてくるタイプで制球もアバウトであるから、際どいコースもはずれてしまうケースが多い。この日も、ボールカウントになった球は全体の35.8%を占める39球で多めだ。打者27人対し3ボールまでいったのは3人、2ボールは11人とボール球が多かった。

この日はヒメネスにしては空振りを奪えていたほうだが、絶対的な決め手となる球種がないだけに、ヒメネスのピッチング内容は、対戦チームの打線の状況に大きく左右されてしまう、そんな印象を持つ。自らを打たせて取るタイプだと言うヒメネスだが、岩隈のように打たせて取るのが特技になっている、というわけではなく、打たせて取る引き出ししか持ち合わせていない、といったほうが適切だろう。ということで、個人的にはこの外国人投手に多くを期待しない。先発ローテの1枠を埋めて、試合を壊さない程度に投げてくれたら、恩の字である。

松井稼が右打席で苦しんでいたその理由

最後に、4回表に同点に追いつくソロホームランを打った松井稼。結果が出ていない右打席(時の打率は試合前で.183)で打ったのだが、どうやら村上氏のコメントによると、MLBであまり右打席に立たせて貰えなくてアジャストするのに苦労しているらしい。そういう事情があったのか、と納得。ということは場数と踏んで感覚を取り戻してくれれば、左打席(は.289)と同程度の活躍は期待できるのかな?と。【終】

■オリックス・中山慎也の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110706DATA5.jpg
【球種別の投球成績】
20110706DATA7.jpg

■楽天・ヒメネスの配球図、球種割合
【配球図】
20110706DATA6.jpg
【球種別の投球成績】
20110706DATA8.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110706DATA2.jpg
20110706DATA3.jpg
20110706DATA4.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が励みになっています。現在「楽天イーグルス」部門、長期1位。(*・人・*)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ72位/612人中、「楽天イーグルス」2位/144人中。宜しくお願い致します八(^□^*)

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「中村剛也」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}