FC2ブログ

〔試合評〕2011年7月1日(金)○楽天イーグルス2-0ロッテ。岩隈に追いつき、既に追い越した感のある背番号18番・田中将大

スポンサーリンク

10連戦という長丁場を戦っている東北楽天ゴールデンイーグルス。その8戦目となる今日から日曜日にかけて、千葉ロッテマリーンズを迎えての3ゲームシリーズである。その初戦は田中と成瀬の投げ合いとなった。

試合を征したのは楽天だった。

スコア0-0で迎えた3回裏・楽天の攻撃だ。この回の先頭打者・松井稼がジャンプキャッチを試みたセカンド・井口の頭上を鋭く超えていくライナー性のヒットを放ってノーアウト1塁。両軍初のイニング先頭打者出塁となったこの回を楽天はきっちり活かした。

続く聖澤がバントを決めて1死2塁、打席は6/19阪神戦以来の4番にすわったガルシアだった。僅か2球で0-2と追い込まれてからの3球目、低めにスッと落ちていく成瀬のウイニングショットを、低めボールゾーンでしっかり捉える巧打を魅せる。この打球がセンター前へ抜け、2塁から松井稼が一気に本塁を突いて、楽天が1点を先制。(楽1-0ロ)。

本塁クロスプレーの際、打者走者のガルシアは2塁進出して、なおも1死2塁の得点圏が続く。

ここで高須が最低でも走者を進塁させるという右打ちの意識がしっかり出たセカンドゴロを打ち、2死3塁。この場面でバッターボックスがまわってきたのは6番・岩村だった。外、内、外と攻められて3球で追い込まれるも、ここから粘る。合計3球をファウルで逃げる等した9球目だった。アウトローの逃げていくスライダーを体勢を泳がせながらも執念でバットで拾いあげ、レフト前へ持っていく岩村今季2度目のタイムリーヒットが生まれた。(楽2-0ロ)

2点先制すれば、あとはこの男、パリーグトップの防御率1.18を誇る田中将大がやってくれるはずで、実際、成し遂げてくれた。ロッテ打線のスコアボードに1回から9回まで000000000を並べてみせて、今季2度目の完封で8勝目をあげている。

この3ゲームシリーズは試合前ゲーム差1.5の差がある5位・ロッテと最下位・楽天の対決。ここであわよくばスイープなれば最下位脱出となるだけに、この初戦をきっちり田中で取ることができたのは朗報だった。

これで、チーム成績は59試合25勝31敗3分、借金6。対ロッテ戦は4勝2敗1分、5位・ロッテとの差を0.5まで縮めた。

(下記へ続く)

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
(^o^)/

(_ _)人

m(_ _)m

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス2-0千葉ロッテマリーンズ〔7回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
ロッテ・・・1番・岡田(中)、2番・伊志嶺(右)、3番・井口(ニ)、4番・大松(左)、5番・里崎(指)、6番・福浦(一)、7番・塀内(三)、8番・的場(捕)、9番・根元(遊)、先発・成瀬。

楽天・・・1番・鉄平(右)、2番・松井稼(遊)、3番・聖澤(中)、4番・ガルシア(指)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・牧田(左)、8番・草野(一)、9番・嶋(捕)、先発・田中。


交流戦明けから4番に座っていたルイーズ。西武戦では涌井を撃つ等の活躍が光ったが、ホークス3連戦で、再び悪癖が表に出てきてしまった。弱点のアウトローの変化球に我慢が出来ず、簡単に手が出て空振りを喫する光景が多かったためだろう、星野監督はこの試合、4番をガルシアに託した。この4番ガルシア起用がスバリ当たったかたちとなり、ガルシアは勝利打点となる先制タイムリー等4打数2安打の活躍をみせた。

エースの階段を昇る田中将大。岩隈を追いつき追い越した感も抱く好投ぶり

それにしても、今季の田中の活躍ぶりは凄まじい。甲子園での初主催試合4/15オリックス戦では9回2失点の完投勝利、本拠地開幕戦となった4/29オリックス戦でも9回1失点の完投勝利。6/1広島戦でプロ通算50勝目を挙げるなどした交流戦では、合計5試合に先発し4勝1敗で防御率0.68の好成績を残すなど、エース岩隈が故障離脱して田中にかかる負担が増えた状況の中でも、変わらぬパフォーマンスを魅せてくれた。

これで、6/1広島戦を皮切りに5連勝である。

エースの条件として「○○が投げればチームは勝つ」がある。周囲(自軍・敵軍・ファン)にそのように思わせる絶対的な信頼感を生み出すことこそ、エースの称号に相応しい。田中はその条件をクリアしつつあるようにみえる。いや、既にクリアしたのかもしれない。

◎今季ここまでの田中投手の登板日別の成績


田中が投げるゲームは負けるわけにはいかない。この共通認識が味方打線に芽生え始めているのだろう、今日は幾つかの場面で鮮やかな仕掛けをみせてくれた。例えば1回1死1塁での聖澤の絶妙なバントヒット。例えば同1死2,1塁でガルシアへの8球目に2塁走者・松井稼と1塁走者・聖澤が決めてみせたチーム今季初のダブルスチール。例えば2回1死2塁での草野のまさかまさかの三塁線セーフティーバント。さらに3回の高須の進塁打、1回ガルシア(9球)、2回牧田(10球)、3回岩村(9球)らの粘り、などなどだ。

その共通認識が投打のリズムを醸成しハーモニーを生み出していく。上記表どおり6月の登板日では相手に先制点を許さないピッチングができている。これは味方打線が序盤に先制点をプレゼントしていることの裏返しであり、6/1は2回に、6/15、6/25は1回に、そして今日は3回にそれぞれ先制点を奪っているのだ。チーム状況が決して良いとは言えない中でも、田中のゲームでは投打が噛み合いつつある、と言える。

さらに、田中の凄いところは、安打を打たれなくなった点である。昨年はかなりヒットを打たれており(被打率.270)、ハラハラするも、得点圏になるとギアスイッチが入り、ビシッと抑えていたため防御率2点台の好成績に繋がった。それが今季は被打率.192とヒットを許さない。走者無しでの値は.204なものの、連打を許すと一気にピンチに繋がる走者1塁の時の被打率は.143と要所を締めている。得点圏でも.192と素晴らしい数字なのだ。

◎2010年の被打率.270
場面別・・・走者無し.303(333-101)、走者1塁.259(116-30)、得点圏.200(140-28)

◎2011年の被打率.192 (試合前データ)
場面別・・・走者無し.204(216-44)、走者1塁.143(49-7)、得点圏.192(52-10)


この試合は1回から4回まではロッテに2塁を踏ませない好投を見せた。得点圏のピンチを迎えるのは中盤以降、5回、6回、8回である。5回1死2,1塁では根元、岡田相手に球を低めに集めて落ちる球で2者連続三振に抑える。6回無死2,1塁では内角にシュート系のボールを投げ込み、(松井稼の好守備に助けられた面は大いにあるものの)狙い通りのショート併殺打で2死3塁とし、続く里崎とアウトコースいっぱいの152キロストレートで見逃し三振に取り、マウンドで咆哮した。8回もいきなり先頭の神戸に二塁打を打たれるピンチを招くも、後続を抑えてみせた。あのピンチの場面での集中度の極限状態は、今までも見ることができたけど、今季はより一層拍車がかかっている。

このような“気持ち”の入ったピッチングを毎度毎度目撃してれば、ぼくならずとも、もはやイーグルスのエースはエースナンバーを背負う田中将大である、と思うファンが出てきてもなんら不思議ではない。

休養明けの松井稼頭央、キレの良い活躍ぶり

昨夜、今季初めて途中出場もせずに完全休養となった松井稼。「僕から休みたい、ということはないけど、疲れているという配慮をしてもらった」と語っている。このリフレッシュ休養が吉と出たかたちだ。バットでは3打数2安打の活躍。3回はイニング先頭打者として2点先制の口火を切るライナーヒットをみせてくれた。また、足では1回に今季チーム初となるダブルスチールを聖澤とのコンビで軽々と決めてくれた。さらに、守備でも華麗なプレーを連発。特に8回2死3塁で井口が放ったゴロ。センター前に抜けるか?と思われたニ遊間深い当たりを良く追いついて1塁送球アウトにする。このプレーはに対し、マー君はマウンド上で松井稼のほうを向いて一礼していた光景が印象的だった。さらに9回は里崎の同様のゴロも好捕し、からだを一回転させて1塁へ良送球でアウトにする。

岩村もタイムリーを放ち、AKBが二人揃って目覚ましい活躍をみせたのは、ひょっとして今季初めてかもしれない。

それにしても、この松井稼の動きや、(楽天とは関係ないけど)休養明けのイチローの復調ぶりをみると、やはり、主力陣に定期的な休養は必要だと思う。特に高年齢、ベテランが多い楽天ではなおさらだ。昨年批判されたブラウン前政権でのリフレッシュ休養は、やはり、それなりに評価すべき点があることも、事実だと思う。【終】

過去エントリ参照>【雑感/記録】 ブラウン監督の采配を考える!  スポーツ報知「主力抜き8戦全敗!休養策が裏目・・・」記事を徹底検証!
http://plaza.rakuten.co.jp/shibakawa/diary/201004300000/

■楽天・田中将大の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110701DATA6.jpg
【球種別の投球成績】
20110701DATA8.jpg

■ロッテ・成瀬善久の配球図、球種割合
【配球図】
20110701DATA7.jpg
【球種別の投球成績】
20110701DATA9.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110701DATA4.jpg
20110701DATA5.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
「初球」「結果球」のゾーンの数字は下記のとおりです。

---------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が励みになっています。現在「楽天イーグルス」部門、長期1位。(*・人・*)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ53位/615人中、「楽天イーグルス」2位/144人中。宜しくお願い致します八(^□^*)

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「中村剛也」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}