FC2ブログ

〔分析〕楽天イーグルスの進塁力。ヒット1本で1塁から3塁を陥れる割合と、2塁からの本塁帰還率。

スポンサーリンク

☆☆アンケート開催中!☆☆
「あなたにとって最も印象に残る田中将大投手のピッチングは?」
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_50026_0.html

多数の皆さん、御協力有難うございます! 現在29票いただいております。ブログ村のアンケートフォームの下記URLで募集中です。ふるって、お気軽にご参加下さい!
田中投手の通算50勝までの道のりや高卒5年50勝記録の詳細は下記URLでどうぞ。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-500.html

~~~~~~~~~~~~


先日、下記のエントリで楽天イーグルスの外野守備陣の守備能力を調べてみた。

【分析】 犬鷲外野守備陣の「底力」。楽天・鉄平、聖澤、中村のRFと走者の進塁を阻む力。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-536.html

その中で、塁状況が1塁で敵打者が外野に単打を打った場合、1塁走者がどのくらいの確率で3塁まで到達するか?を調べてみた。同様に、2塁または2,1塁の得点圏で外野単打された場合、どのくらいの割合で本塁帰還を許したか?もみた。

同様の趣旨でライオンズファンのballgame_loverさんが力作エントリを書いて下さいました。
「ライオンズ外野守備陣の貢献度を測る」。楽天と西武外野陣のRF、及び抑止力の比較ができます。
下記URLからどうぞ!

http://ameblo.jp/ballgame-lover/entry-10925642216.html

今回は、その逆をみてみたい。

つまり、イーグルスが攻撃時に1塁から3塁へ、2塁からホームへどのくらいで到達しているのか?を確認してみる。

■楽天が攻撃側、塁状況が1塁、味方打者が外野に単打を打った場合。
※2011年6/16終了時データ
20110617DATA8.jpg

走者を1塁に置いた状況でイーグルスの打者が外野に単打を放ったケースはここまで49試合で29回あった。

前エントリで調べた対戦相手のそれは44試合で31回。若干楽天の数が少ないのが確認できると思う。

楽天の数が少ない原因は、チーム方針も大きく影響している。特に無死1塁の状況ではバント作戦が多く、すぐに塁状況が1塁ではなくなるためだ。(ここまで無死1塁の状況は101回。そのうちバント作戦は26.7%にあたる27回)。また、1塁走者が聖澤の場合、今季は特に高い頻度でニ盗を仕掛けてくることも、その原因の1つになっている。それに加え、12球団中9位と沈むチーム打率の低さもあいまって、なかなか外野へのヒットが生まれてこないのだと思う。

とはいえ、29回のうち3塁到達できたのは7回、その割合は24.1%をマークした。これは対戦相手の22.6%とほぼ変わらない数値で、楽天の走者も対戦相手と同程度の進塁力をみせていると言えそうだ。

相手の拙い守備に助けられて3塁進出を果たせた例も1つあった。皇子山で行われた4/26西武戦。2回2死1塁でルイーズがライト前に放ったフライヒットの打球を、ライト・秋山が判断を誤り後ろに逸らしてしまい(1ヒット1エラー)、この隙に岩村は一気に3塁を陥れ、打者走者のルイーズも2塁まで到達した。(この後、嶋のショート内野安打で得点が入っている)

逆に、3塁を狙うも相手守備陣の好返球で3塁タッチアウトになったのはここまで1例で、6/15広島戦がそれだ。6回3点リードして無死1塁の場面。高須のセンター前ヒットで草野が一気に3塁を狙うも、センター・丸からの抜群の好送球で完全アウトのタイミングで3塁タッチアウトとなってしまった。

さて、3塁到達できた7回の走者内訳をみてみる。

岩村2回、松井稼2回、中村2回、聖澤1回となった。

さらに、1塁走者別でもみてみる。()内はヒットの打球方向を表している。その後の回数は3塁到達数だ。

草野・・・7回(左3中1右3)のうち0回
岩村・・・5回(左1中1右3)のうち2回
聖澤・・・4回(左1中1右2)のうち1回
松井稼・・・3回(左1右2)のうち2回
中村・・・3回(中1右2)のうち2回
横川・・・3回(中2右1)のうち0回
塩川・・・1回(中1)のうち0回
高須・・・1回(右1)のうち0回
鉄平・・・1回(左1)のうち0回
平石・・・1回(左1)のうち0回

3塁到達の可能性が高まるのは3塁から最も距離が遠くなる右翼方向に打者がヒット(単打)を打った場合だ。そのため、打球が左翼に飛ぶと、3塁を狙うのはかなり厳しくなってくる。

左翼への打球で3塁を陥れたのは松井稼の1例のみで、これは打者の聖澤の当たりが野手の正面ではなく左翼線際を襲うヒットになったこと、また相手のレフトが決して守備が上手いとは言えない内川であったこと、さらに松井稼の好判断が重なって生まれたものである。

次に2塁または2,1塁の時の本塁帰還率をみてみよう。

■楽天が攻撃側、塁状況が2塁または2,1塁、味方打者が外野に単打を打った場合。
※2011年6/16終了時データ
※ここで言う外野単打とはボックススコアの打席結果が単打表示されているもの。例えばサヨナラの局面で敵軍外野陣が前進守備を敷いていたため、飛球が外野の頭上を越えて「左越安」となった1例も含む。


今季ここまで楽天イーグルスは塁状況が2塁または2,1塁で打者が外野へ単打を放った回数は49試合で25回を数えた。一方、対戦相手のそれは44試合で40回。こちらは極端に楽天の数が少ないのがみてとれる。得点圏チャンス創出数も少なく、さらにチーム得点圏打率.207と打てていないのも大きく影響している。

さらにさらに!

本塁帰還率が悪い。

対戦相手には40回のうち24回、60.0%で本塁帰還を許しているのに対し、イーグルスのそれは48.0%である。

2塁走者別にみていく。(カッコ)内は打球方向。その後の回数は本塁帰還数である。

山崎・・・5回(左2中1右2)のうち0回
聖澤・・・4回(左1中2右1)のうち2回
鉄平・・・3回(左1右2)のうち2回 ※本塁タッチアウト1回(6/6ヤクルト・バレンティンの好返球)
西村・・・3回(左1中1右1)のうち2回 ※本塁タッチアウト1回(6/5ヤクルト・バレンティンの好返球)
横川・・・2回(左1中1)のうち2回
平石・・・2回(左1右1)のうち2回
岩村・・・2回(中2)のうち1回
草野・・・2回(中1左1)のうち0回 ※本塁タッチアウト1回(5/15ロッテ・岡田の好返球)
松井稼・・・1回(左1)のうち1回
ガルシア・・・1回(右1)のうち0回

ご覧の通り、最も回数の多い2塁走者は鈍足の山崎であった。

この点が楽天の本塁帰還率を押し下げている原因になる。もし山崎が2回帰還していたら、全体の数値は56.0%まで上昇する。

とはいえ、これはもうどうすることもできないチーム事情だろう。まさか山崎に馬車馬のごとくホームへ突入せよ!と命じる訳にもいかない(それで怪我をされてしまったら本末転倒である...)

試合展開をにらみ首脳陣が勝負だと判断した時は山崎に代走起用されることが多いが、序盤であったり勝負どころはまだ先と判断した場合は山崎に代走が送られることはない。

チーム1位の得点源である山崎であるから、早々にひっこめてしまうことは、その後の得点力が明らかに落ちることを意味しているだけに、首脳陣としては判断に悩むところ、なのだ。山崎に過剰に頼りきってしまったチーム体質がもたらす楽天の歯がゆい・やるせない宿命とも言えそうだ。

楽天に求められるのは──基本的なことだが──山崎をチャンスメイク役を担わせ塁上走者として過酷な走塁任務に就かせるよりも、前の走者が出塁して塁が埋まった状況で山崎に打席をまわす回数を増やしていく、これしかないように思う。

それにしても、このようなデータを取るのには、楽天のオフィシャルサイトの試合テキスト速報は、本当に役立つ。細かい試合状況をきちんと伝えてくれるし、何よりも文字に臨場感が宿っている。【終】

---------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が励みになっています。現在「楽天イーグルス」部門、長期1位。(*・人・*)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ43位/648人中、「楽天イーグルス」2位/142人中。宜しくお願い致します八(^□^*)

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「鉄平」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}