FC2ブログ

【試合評】 2011年6月3日(金) ●楽天イーグルス2-4巨人。躊躇った星野監督とラミレスの一撃が流れを変えた巨人3回戦。

スポンサーリンク

☆☆アンケート開催中!☆☆
「あなたにとって最も印象に残る田中将大投手のピッチングは?」
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_50026_0.html

ブログ村のアンケートフォームの下記URLで募集中です。ふるってご参加下さい!
田中投手の通算50勝までの道のりや高卒5年50勝記録の詳細は下記URLでどうぞ。
http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-500.html

~~~~~~~~~~~~


ラミレスの一撃が流れを変えた巨人3回戦。

楽天の先発はドラ1ルーキー左腕の塩見。プロ5試合目の先発登板となった。結果は、7回、打者27人に対し109球を投げ、被安打6、被本塁打1、奪三振4、与四球1、2失点の内容。クオリティスタート内に収める好投をみせたが勝ち星つかずという、ここ2度の先発の流れをそのまま持ってきたかのような試合展開に、またもや泣くかたちとなった。前回5/28阪神戦ではブラゼルの一発にやられ、そして、今夜はラミレスの一撃に沈んだ。

両軍1回に1点ずつを獲得し、そのままゼロ行進で迎えた6回裏・巨人の攻撃。先頭打者の4番・ラミレスに投じた初球がアダとなった。塩見の持ち味は本人も公言する右打者の内角を果敢に突くクロスファイアーのストレートだ。この初球、嶋が要求したインハイどおりに136kmの直球を投げ込むも、コースが少し甘くなってしまい、ラミレスに一閃される。打球はレフトスタンドめがけて一直線となる9号ソロとなった。

この一撃が流れを変えてしまった。続く5番・阿部を空振り三振に取るも、6番・矢野にレフト前ヒットを打たれたところで、星野監督は投手交代を決意する。

二番手は信頼を置く美馬。ルーキーからルーキーへバトンをわたすかたちになったが、この美馬の状態が悪かった。7番・脇谷に明らかに制球が定まらないストレートの四球を与え1死2,1塁。8番・古城の初球、投じたチェンジアップが外角高めに大きくすっぽ抜ける暴投で、走者の進塁を許し1死3,2塁。この後、古城のセカンドゴロの間に1点を失う。(楽1-3巨)

楽天は7回にも四番手・サンチェスが1点を失う。攻撃陣は9回に無死3,2塁から嶋のサードゴロで1点を返すのがやっとで、スコア楽2-4巨で敗れてしまった。

話が若干前後するが、ラミレスに内角直球を打たれたこと、また、勝ち星に繋がらないこと等で、今後、塩見の持ち味が消えやしまいか?ピッチングが縮こまってきやしないか?と少々心配になってきた。

これでチーム成績は40試合17勝21敗2分、借金4。交流戦成績は5勝7敗1分(借金2)、先制点奪取試合は12勝5敗1分、交流戦での対巨人戦成績は10勝21敗、5位・ロッテも横浜に敗れたためゲーム差は0.5のままとなっている。

(下記へつづく)

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。(_ _)人
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス2-4読売ジャイアンツ〔3回戦〕


■ハイライト映像


■両軍のスターティングオーダー
楽天・・・1番・聖澤(中)、2番・草野(三)、3番・松井稼(遊)、4番・山崎(一)、5番・中村(左)、6番・高須(ニ)、7番・横川、8番・嶋、9番・塩見(先発)。

巨人・・・1番・坂本(遊)、2番・藤村(ニ)、3番・長野(中)、4番・ラミレス(左)、5番・阿部(捕)、6番・矢野(右)、7番・大田(一)、8番・古城(三)、9番・東野(先発)。


約3年ぶりの2番・草野大輔

楽天のスタメン、2番に草野を使ってきた。草野の2番スタメンは2006年に8試合、2007年に11試合、2008年に6試合あり、約3年ぶりの起用である。

ミート力がある好打者・草野を2番に据える意図は、攻撃的な2番ということになる。1番が出塁してもバントでは送らずに打って出ることを意味している。開幕からずっと調子がよいと本人も公言する草野を2番打者に置くプランは興味津々で理解できる采配だったが、初回、1番・聖澤が出塁して無死1塁からの第1打席では結果が残せなかった。再三エンドランをかけるもファウル、最後はエンドラン、高めのストレートを空振りするも、聖澤のニ盗が成功している。この試合では結果は出なかったが、面白い試みであり、明日以降も草野を2番起用するか?どうか?が注目されるところである。

明暗分かれた両軍の打線

さて、ここ最近打線に元気のない両軍だが、この日は共に9安打を放った。しかしスコアは楽天が2点で巨人が4点。この2点の差はどこにあるのか?

楽天より巨人打線のほうが粘りを見せ、積極的にバットを振ってきた、この点にあると思う。

巨人打線は塩見の投げた101球のうち27.7%にあたる28球をファウルにした。確かにストライクに寄与するファウルも多かったが、2ストライクからのファウルも13個を記録していた。一方、イーグルスは東野の92球のうち7.6%にあたる7球をファウルにし、2ストライクからのファウルは3個だった。この差は歴然だ。(下記の両投手球種別の投球成績表を参照)

もちろん、バットを振ればよいってものではないが、バットを振らなければ何も起こらないのも事実である。楽天打線は巨人を上回る5回を除く8イニングで走者を出していたが、振ってこない打者に対し、巨人投手陣はあまり怖さを感じなかった可能性もある。また、この日の巨人打線の姿勢は楽天のそれをこういう部分で勝ったことでリズムを作り出し、結果的に4点をあげた、そう見ることもできる。

巨人戦なのに闘将の執念は何処?

最後に、星野監督のゲームプランがはっきりしない、そんな印象を持った。

6回に2点取られて楽1-3巨と2点ビハインドとなった7回アタマ、ここで四番手にサンチェスをマウンドに上げるが、この起用法は理解できるところである。

前カードでの屈辱をココでやり返してみろ!という闘将ならではの期待感がみてとれるし、また、2点差ついた時点で星野監督の中では「接戦」ではなく「負け試合」という認識に変わっていたと思うからだ。5月以降のチーム事情を考えれば、2点差が単なる2点差ではないこと、特に終盤に入ってからの2点差であることを考えれば、残念ではあるが、指揮官がそのように判断しても仕方のないことで、また、残り試合数を考えても、見るべき素材を持つサンチェスにはぜひ立ち直ってもらわなければならないことから、ここで起用したのは結果が裏目に出たとはいえ、理解できる範疇なのだ。

ぼくが「少し」首をかしげたのはこのサンチェス起用ではなく、スコア楽1-1巨で同点で迎えた6回表・楽天の攻撃の場面だ。

2死後、4番・山崎が低めの難しいストレートを巧くバットに当てて、ショート・坂本の頭上を超えていく低弾道のライナーを放つ。これが左中間へのツーベースとなった訳だが、ここで代走を出さなかった点だ。

この後、チームで今最も波に乗っているといえる5番・中村がレフト前に快打を飛ばすヒットを放つも、山崎は三塁を回ることができなかった。代走で内村なりが出ていれば1点勝ち越しできていたかもしれない状況だった。

星野監督は松井稼の一振りで1-0で勝利した5/31広島戦で、「それしかないと思っていた。タイムリーエラーかホームランか、でかいので決まると思っていたから、うちに出て良かったね」とコメントしている。今日のゲームもあの時点ではそんな雰囲気がグラウンドを占めていたのも確かだ。また好調の中村とはいえアウトカウントは2アウトだった。チームで最も一発の可能性がある山崎を早々にひっこめて代走を出してしまうのをもったいないと感じ、躊躇したのではないだろうか? その気持ちも確かに判るけれど、2連勝できている中で、ここは積極的に動いてほしかったという思いも、これまた本音なのだ。【終】

■巨人・東野峻の配球図、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110603DATA6.jpg
【球種別の投球成績】
20110603DATA8.jpg

■楽天・塩見貴洋の配球図、球種割合
【配球図】
20110603DATA7.jpg
【球種別の投球成績】
20110603DATA9.jpg


■両軍の打席結果とカウント推移表
20110603DATA4.jpg
20110603DATA5.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。m( __ __ )m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ66位/642人中、「楽天イーグルス」2位/142人中。宜しくお願い致します( _ _)人

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」カテゴリで1位。そして...なぜか「中村剛也」2位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}