FC2ブログ

【試合評】 2011年5月14日(土) ●楽天イーグルス0-4千葉ロッテ。5度目の無得点試合。本塁までの距離が約109mって本当ですか?

スポンサーリンク

またもや無得点

交流戦突入前の最週末の土曜日、日本列島は各地で青空が広がった模様だ。QVCマリンフィールドでも五月晴れに恵まれ、まさに野球観戦日和といったところ。

しかし、今月の多くの試合がそうであるように、残念ながらこのロッテ5回戦も、楽天ファンにとって見どころの少ないものになってしまった。

このブログでも5月に入って何度繰り返したことか、とにかく得点が取れない。

5/1オリックス戦を皮切りに得点は、3、0、2、4、0、0、1、0、1、1、そして今日は「0」である。11試合で合計12得点。1試合平均1.09点である。

この試合前データで5月のチーム得点圏打撃成績は53打数3安打3打点の打率.056...なんと58イニング適時打が出ていないという。昨年も交流戦後半あたりからタイムリーが出なくてヤキモキさせられたことがあったが、それを大きく上回る危機的状況である。

前日の試合、田中が7回1死までノーヒット投球で10回1失点の好投をしたが、その背景には、5/11日本ハム戦での永井の完封勝利をうけて、ある思いを改めて固めたからだという。それは「ああいうピッチングをしていれば勝てるということを再認識しました。ゼロに抑えることにより意識を持って投げたい」というものだった。岩隈や田中クラスの投手なら、頑張ってゼロに並べ続けることは不可能ではないのかもしれない。しかし、ドラ1ルーキー左腕にその荷はあまりにも重すぎた。

プロ2試合目の先発登板となった塩見は初回、金泰均の適時打、今江の犠牲フライでいきなりの2失点、さらに6回に二番手・スパイアーがピンチを招いて三番手・片山にバトンを託すものの2死3,2塁から福浦に2点タイムリーを浴び、楽0-4ロと2点をさらに失う。

楽天の唯一の得点圏チャンスは3回表1死2塁の1度のみで鉄平、松井稼が凡退...これで今季無得点試合は早くも5試合(全て5月)となった。

ダイアモンド一周の距離は約109メートルある。しかし、今のイーグルスにおいて本塁までの道のりは、いったい何メートルあるのだろう? まさに母を訪ねて三千里状態だ...

これでチーム成績は26試合11勝14敗1分の借金今季最多タイの3、対ロッテ戦は2勝2敗1分、5月月間成績は2勝8敗1分(借金5)となった。3位・ロッテとのゲーム差は2.5となった。

(下記に続く)

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。(≧人≦●)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
楽天イーグルス0-4千葉ロッテマリーンズ〔5回戦〕

■ハイライト映像


イーグルスのスタメンは、1番・聖澤(中)、2番・鉄平(右)、3番・松井稼(遊)、4番・山崎(指)、5番・高須(ニ)、6番・中村(左)、7番・草野(一)、8番・嶋(捕)、9番・阿部(三)、先発・塩見。

マリーンズのオーダーは、1番・岡田(中)、2番・伊志嶺(左)、3番・井口(ニ)、4番・金泰均(一)、5番・今江(三)、6番・里崎(捕)、7番・清田(右)、8番・今岡(指)、9番・高口(遊)、先発・唐川。

ロッテは前の試合良い働きをした荻野貴がベンチ。代わりに日本ハムから移籍してきた高口を初スタメンで遊撃起用、伊志嶺を2番に上げて、DHで今岡を使ってきた。

楽天はこの日遂に悩める岩村を登録抹消、代わりに枡田を昇格させた。この試合はファーストで草野を、サードでルーキーの阿部を起用。阿部はプロ初スタメンである。

塩見は初回1死から伊志嶺に緩急狙いで投じた外角の良いコースに決まったカーブをタイミングよくライト前に運ばれ、続く3番・井口をボール先行で四球を出してしまい、1死2,1塁としたところで4番・金泰均の内角を突いたストレートを巧く打たれてしまい1点を失う。さらに1死3,1塁で今江に飛距離十分の犠牲フライをセンターに打たれて、2点目を失ってしまった。

しかし、4回2/3を投げて、打者20人、79球、被安打4(二塁打2本)、奪三振3、与四球2、2失点にまとめ、どうにかゲームを作った点は及第点で評価したいところだ。

ただ、この日は初登板初勝利をあげた5/5ホークス戦でみせた制球力の安定さの質が落ちていた。独特の風がホームプレート付近に吹くQVCならではの特徴、さらにプロ先発登板2試合目で緊張も解けていないはずだ、いろんな要素が考えられるが、とにかく初回の立ち上がり、球が打者の打ちごろの高さに集まっていた。

■塩見 1回の全打席配球図
※各コースの上段は直球、下段は変化球


上記配球図どおり、1回に投げた26球のうち、低めゾーン野球は僅か4球しかなかった。金泰均には徹底して内角を突く配球だった。これは決して間違った配球ではないと思う。打たれた内角のストレートも少々甘かったのかもしれないが、それほど悪いコースではなかったようにも見える。これは打った金泰均のほうが上手だったのかもしれないと思い、昨年の金泰均の内角中段のゾーン打率を確認してみると.308あった。

ぼくはストライクゾーンのサイドでみた場合、この打たれた球は決して甘くはないと思う。それより高低で判断した時に中段の打ちごろの高さの球であった点がカギだと思う。

前回は同じ右打者のインサイドでも、インハイとインローを中心に投げ込んでいた。(5/5試合評の配球図参照)。ところが、この試合では真中の高さに入ってしまった。

さらに言えば、全体的に球が真中に集まりすぎていた。下記配球図で赤線で囲った数値が真中ゾーンの割合である。前回は5.3%と少なかったのが、この日は30.4%を記録。ここの高さの球で被安打4本のうち3本を打たれていた。もう1つ、下記配球図で青線で囲った数字に目を移してもらいたいが、前回は低めのゾーンに59.6%の球を集めていたが、このゲームでは30.4%と減少していた。

この傾向はイニングを重ねても改善されずにいたので、星野監督は5回2死2塁の場面で塩見を下し、二番手にスパイアーを送り込んだのだろう。

ここから先は箇条書きで備忘録メモ。

◎ロッテ先発・唐川は抜群に良い投球をしたわけではない。いつもどおりのピッチングで、零封に抑え込まれてしまったのは、山崎のこの言どおり。「相手投手の問題じゃなく、自分たちの問題。きょうの投手はどうしようもなかった、というのなら切り替えられるが、そういう感じじゃないからね…」

◎観戦していて本塁打のビデオ判定に初めて遭遇。5回アタマの高口が放ったレフトポール際のきわどい大飛球に1度ホームランの判定がされるも、楽天内野陣・監督の抗議でビデオ判定となり、ファウル判定に。映像は中継映像と同一のものを審判も見ているそうだが、ぼくの目が悪いのか、あの映像では良く分からなかった。

◎引き続き草野が結果を残した2打数1安打1四球。3打席のうち2度の出塁は評価できるところだ。

◎解説の初芝清さんの嶋評・・・反対方向に打とうという意識が強すぎてボールを入れ過ぎて空振りしている。確かに振り遅れ、タイミングをはずされての空振りが多い気がする。

◎聖澤は1本長打を損した。6回先頭打者で打席に立つと右中間深くに鋭い飛球を飛ばす。これは抜けたか?と思われた当たりも、センター・岡田が懸命に背走し、最後は思いっきりグラブを伸ばすダイビングキャッチ。身体が2転3転するも球をこぼさない気迫あるファインプレーに阻まれてしまった。高須も右中間への良い当たりを清田の好守に阻まれてしまった。楽天の外野守備陣も素晴らしいが、マリーンズの岡田、清田らが守る外野も素晴らしい。

◎二番手にスパイアーを起用したということは、抑えはサンチェスということになるのだろうか?スパイアーを出すことで流れを変えたかったという狙いもあるかもしれないが、今季の星野楽天の継投作戦は腑に落ちない点が幾つかある。この点はまたの機会に。

◎この試合は楽天打線の状態の悪さが唐川に有利に働いたのは言うまでもないが、それでも今季の唐川は安定している、そんな印象。これで4連勝。二桁の才能はあるのに過去3シーズン故障等もあっていずれも未達成だったが、今季は二桁を大きく超えそうな予感がする。

◎終盤になって、明らかに打線が戦意喪失して淡泊な攻撃が多かったのが目立った。

【終】

■楽天・塩見貴洋の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
20110514DATA7.jpg
【ストライク率】
全体57.0%、直球57.1%、変化球56.5%
【球種割合】
20110514DATA8.jpg
vs左打者(岡田のみ)13球>St11、Sl2
vs右打者66球>St45、Sl16、Cur3、Fo3

■ロッテ・唐川侑己の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110514DATA6.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合
全体62.9%、直球63.6%、変化球62.1%
【球種割合】
球数124>St66、Sl44、Cur8、Ch9
vs左打者92球>St52、Sl26、Cur8、Ch6
vs右打者32球>St14、Sl15、Ch3


■両軍の打席結果とカウント推移表
20110514DATA4.jpg
20110514DATA5.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。(-人-)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ50位/632人中、「楽天イーグルス」1位/141人中。宜しくお願い致します( _ _)人

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」カテゴリで1位。
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}