FC2ブログ

【試合評】 2011年4月26日(火) ○楽天イーグルス2-0西武ライオンズ 岩隈147球・奪三振13個の完封勝利は2010年4/24ダルビッシュと投げ合って以来!

スポンサーリンク

滋賀県大津市で行われた西武ライオンズ主催の第1回戦、皇子山球場でのプロ野球1軍公式戦初試合は、楽天・岩隈、西武・涌井の両エースの投げ合いとなった。

涌井は9回を投げ切り打者32人に対し130球。被安打5(長打なし)、奪三振7、与四球2の内容。

岩隈も9回を投げて打者35人に対し147球。被安打5(長打なし)、奪三振13、与四球2、与死球1の内容。

高いレベルでの投手戦は、2回に味方打線が「気持ち」で獲得した僅か2点を守り抜いた楽天のエース、岩隈久志に軍配が上がった(涌井は2失点1自責点)。

奪三振13個は前回登板4/19ソフトバンク戦の10を上回る内容、完封勝利はダルビッシュと投げ合った昨年4/24日本ハム5回戦以来。これで岩隈は3戦3勝とここまで全試合エースの称号に相応しいピッチングをみせている。

これでチーム成績は13試合7勝6敗、もし明日負けるようなことがあっても、五分で仙台に帰ることができる、エースが掴んだ1勝は非常に大きい1勝になった。

下記でもう少し詳しく振り返ってみたい。

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。おかげさまで現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。m( __ __ )m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス2-0埼玉西武ライオンズ


楽天のスタメンは、1番・松井稼(遊)、2番・聖澤(中)、3番・中村(左)、4番・山崎(一)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・ルイーズ(指)、8番・嶋(捕)、9番・鉄平(右)、先発・岩隈

この日、サンチェス、中谷、内村、阿部が1軍登録されたが、彼らのスタメン起用は無かった(内村は9回表の攻撃、山崎の代走で出場、その裏もセカンドの守備で途中出場)。4/24日本ハム戦では3番に戻った鉄平が再び下位の9番に、代わりに中村が左翼で3番起用という布陣。

一方、西武のオーダーは、1番・片岡(ニ)、2番・栗山(中)、3番・中島(遊)、4番・中村(三)、5番・浅村(一)、6番・フェルナンデス(指)、7番・高山(左)、8番・銀仁朗(捕)、9番・秋山(右)、先発・涌井。試合前時点でパリーグの首位打者に立つ好調の浅村を5番に置くオーダーだ。

両エースとも初回は相手打線を三者凡退に抑える上々の立ち上がりとなるも、涌井が2回に綻びをみせた。

やはり、ルイーズとの相性がカギとなったのか。

昨年ルイーズは涌井相手に対戦打率.636(11打数7安打7打点1二塁打3本塁打)と完全にカモにしていた。

2回、山崎を外へ逃げていくスライダーで空振り三振にとり、続く高須をサード正面の平凡なゴロで討ち取って2アウトまで漕ぎつけるも、ここまで調子がなかなか上がらない岩村に対しフルカウントから外角高めに完全に外れてしまう直球でフォアボールを出してしまう。岩村の次のルイーズの前に走者を出したくないという気持ちが、力みに繋がったか、慎重なピッチングにさせたかしたのだろう。

この四球がいけなかった。ルイーズは相性の良さも手伝ったのか、初球から積極的に振り抜きにいき、少々詰まる飛球がライト・秋山の前に落ちる。この処理を秋山がもたついてる(失策)間に打者走者のルイーズも2塁まで進み、2アウトから3,2塁のピンチを招いてしまう。続く嶋の当たりはショート・中島の左を襲うゴロとなり、嶋が頭から滑り込む執念をみせて、1塁セーフとなる。この間に3塁走者がホームを踏んで先制1得点。続く鉄平も嶋のデジャヴをみるような遊撃ヘッドスライディング内野タイムリー(涌井のグラブをかすめたため記録上では投安)を勝ち取り、2点目を入れる。

楽天側からすれば、この2得点が勝利に繋がり、西武、涌井側からしてみればあの四球が...という結果になった。

涌井がみせた綻びは2回のみだった。ストレートは安定して走っていたし、変化球は低めによくコントロールされていた。(変化球が高めを記録したのは全58球のうち僅か3球のみ。下記配球図参照)(特に左打者の外からストライクゾーンぎりぎりに入ってくるスライダーが絶妙だった。この球で2回松井稼、3回聖澤が見逃し三振に倒れている)

結局、9回のうち1回3回5回6回7回の合計5イニングを三者凡退に抑えられてしまったイーグルス打線だが、疲れも極度のピークにある現状では止む無しの面もある。

その中で、ルイーズ、高須といった面々が良かった。ルイーズは涌井の綻びをこじあける貴重なヒット1本を放ち勝利に貢献。3回1死1塁での第2打席は結果的に併殺になったものの強い当たりをサードに放つなど。7復調の気配を感じさせる内容だった。また、少し前まで当たらないバットをブンブン振りまわしファンの溜息を誘っていた空振りも今日は僅か1個のみであった。球にバットが徐々に当たるようになってきたのでは?と思う。高須も第3打席のレフトフライはライナー性の良い当たりだった。結果的に野手の正面を突くものだったが、内容は悪くない。

奪三振13個、8回まで毎回奪三振の岩隈パワーピッチング。

さて、奪三振13個(空振り三振8個、見逃し三振5個)、147球の熱投をみせた岩隈だが、終わってみれば、この試合、岩隈の独擅場だったかもしれない。

147球を投げて22球の空振りを奪う。その割合は15.0%。この割合、開幕戦は5.6%、4/19ホークス戦では14.2%でさらに上昇していることが確認できる。

この試合、ストレートとフォークに球威があり、この2球種を軸にピッチングを組み立てていた(球種割合の74.1%を占めていた)。

下記配球図を参照して頂きたいが、直球、変化球が、中段から低めのコースによくコントロールされていることが確認できる。高めを記録したのは147球のうち12.2%の18球、その18球の中でも釣り球を投げる等、意図して投げた高めの球があるので、完全な抜け球や逆球は僅かだ。ウイニングショットでカウントもとれるフォークは43球投げたが、ヒットにされたのは僅かに1球のみだった。

その岩隈は得点圏ピンチを5回1死2,1塁、6回2死2,1塁、9回2死2,1塁と3度背負い、9回は2死2,1るいから代打・阿部にフォークをよくみきわめれてしまい2死満塁とする場面もあったものの、個人的に見どころだったのは6回2死2,1塁の場面だ。

バッターボックスは4番・おかわり君という場面である。外角のくさいコースをストレートで突いて0-1、同様のコースを続けて1-1、さらにストレートを外角に押して空振りを奪い1-2とした4球目である。低めのフォークを完全にみきわめられてしまい、この後の5球目以降をどうするか?というところだったが、バッテリーは低めフォークではなく、裏を突くインコースのストレートを選択。これがズバッと決まり、見逃し三振にきってとった。この場面、おかわり君のオーラが凄く、個人的には一番手に汗握る場面であった。【終】

■岩隈VSおかわり君 皇子山の戦い 4月26日 西武-楽天


■西武・涌井秀章の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110426DATA4.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合
全体>57.7%、直球>63.9%、変化球>50.0%
【球種割合】
球数130>St72、Sl22、Fo10、Cur9、Sh8、Cut3、Ch6
vs左打者65球>St34、Sl10、Fo7、Cur6、Sh3、Cut2、Ch3
vs右打者65球>St38、Sl12、Fo3、Cur3、Sh5、Cut1、Ch3

■楽天・岩隈久志の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
20110426DATA5.jpg
20110426DATA6.jpg
【ストライク率】
全体>56.5%、直球>60.6%、変化球>53.1%
【球種割合】
球数147>St66、Sl22、Fo43、Sh14、Cut2
vs左打者27球>St12、Sl3、Fo10、Sh2
vs右打者120球>St54、Sl19、Fo33、Sh12、Cut2
打者1順>直球23:変化球17 (St23、Sl5、Fo6、Sh6)
打者2順>直球14:変化球21 (St14、Sl7、Fo12、Sh2)
打者3順>直球16:変化球16 (St16、Sl4、Fo6、Sh6)
打者4順>直球13:変化球27 (St13、Sl6、Fo19、Cut2)

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110426DATA2.jpg
20110426DATA3.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ56位/659人中、「楽天イーグルス」2位/139人中。宜しくお願い致します( _ _)人

人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ

レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
53位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}