FC2ブログ

【試合評】 2011年4月21日(木) ●楽天イーグルス3-8ソフトバンク。むむむ。アゴフィーバーに花火3連発。今日も炎上した投手陣と覇気のない打線。

スポンサーリンク

前夜は先発ラズナーが内川に移籍第1号2ランを浴び、ホークス初のお立ち台にのぼらせた。そして今夜は初回の先制タイムリー含む4打数3安打の全打席打点付の4打点の大車輪の活躍を許してしまい、再びお立ち台へのアシストを務めることに。

ソフトバンクの猛攻はそれだけではない。6番・松中、7番・オーティズ、8番・松田からも花火が飛び出して、終わってみれば二桁被安打、スコア3-8と連夜の大敗を喫してしまった。

これで眠れるカブレラが復調し、故障で2軍調整中の小久保が戻ってきたら、ホークス打線はいったいどうなるのか?!そんな暗澹たる気持ちにさせてくれる試合だった。

これで今季初のカード負け越しとなったイーグルス、チーム成績は9試合終了、5勝4敗となって、明日からほっともっと神戸での主催試合、日本ハムを迎え討つことになる。

さて、下記でもう少し詳しくみてみよう。

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。m( __ __ )m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス3-8福岡ソフトバンクホークス

■ハイライト映像


楽天のスタメンは、1番・松井稼、2番・聖澤(中)、3番・中島(左)、4番・山崎(一)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・ルイーズ(指)、8番・嶋(捕)、9番・鉄平(右)、先発・青山。

相手が左腕ということで左キラーの中島を3番・左翼で起用、前夜はスタメンを外れたルイーズが復帰して7番・DHに、今季左打者打率14打数ノーヒットの鉄平はさらに下って9番で起用というスタメンを組んできた。星野監督も相当苦しいオーダーだろう。なにせ3番が日替わりになる異常事態である。

一方のソフトバンクのオーダーは、1番・川崎(遊)、2番・本多(ニ)、3番・内川(中)、4番・カブレラ(一)、5番・多村(右)、6番・松中(左)、7番・オーティズ(指)、8番・松田(三)、9番・細川(捕)、先発は既に今季初勝利をあげている若き左腕の山田という面々だ。

先制点はホークスが取った。1回裏の攻撃だ。先頭の川崎が高めのストレートをセンターへライナー性の飛球で弾き返し出塁すると、続く本多が送りバントを決めて1死2塁、そして前夜ヒーローになった内川を迎える。4球目だった。内角低めの厳しいコースを突く青山のストレートをうまくおっつけながらセンターへ運ぶフライヒット。これがふわっとした飛球になり滞空時間が長かったのも災いして、2塁から川崎が一気にホームイン。イーグルスは早々に1点を失う。

山崎、高須による反撃の狼煙で2回3点を奪い勝ち越すも...

しかし楽天はすぐさま反撃に出る。2回表、創設以来チームを牽引してきたベテラン両名が突破口を広げる仕事をしてのける。まずは先頭の山崎が内角の直球をひっぱり三塁線を破るヒットで出塁すると(これで開幕以来9試合連続安打中)、続く高須も外角のストレートをライト方向へ上手く流すツーベースで続く。岩村が凡退して1死3,2塁、ルイーズの球足の遅いセカンドゴロの間に山崎が3塁から本塁を踏み同点。さらに嶋が球を良くみきわめて四球を選び再び2死3,1塁とする。そしてここで、今季サウスポーからノーヒットの鉄平だった。初球甘く中に入ってきた変化球を気持ちでセンター前に打ち返す適時打で逆転に成功、さらにその後、聖澤もタイムリー内野安打を打つなど、3点をあげて勝ち越しに成功した。

しかし、先発の青山が踏ん張ることができない。3回1死1塁から内川にタイムリースリーベースを打たれて1点差に迫られると、さらに多村の三遊間への内野安打で内川がホームを踏み、3-3の同点に追い付かれてしまう。この当たり、岩村が横っ飛びでグラブに収めすぐさま1塁へ投げるも、多村の気迫のヘッドスライディングが勝る結果となった。

さらに回変わって4回だ。今度は先頭のオーティズ、松田と2者連続ソロアーチを左翼スタンドにかけられてしまう。さらにその後の細川を四球で出してしまい、得点圏に送られて、再び内川にタイムリーを浴びてしまう。これで楽3-6ソの3点ビハインドで、青山は結局4回でマウンドを降板、83球、被安打9、被本塁打2、奪三振4、与四球1、失点6、自責点6という内容でノックアウトとなった。

と書くと、青山がまるでダメダメな内容だったような印象を与えるかもしれない。

KOとなった青山、スライダーは良かったが...失投が...

4/14ロッテ戦ではストレートが低めのコーナーいっぱいに良く決まっていたのに対し、この日のそれは若干高めの制球だった。キレも前回ほどはない印象を受けた。しかし、持ち味のスライダーが今日はキレていた。右打者のアウトコースに決まるスライダーが絶妙で、ホークスの打者を手こずらせた。

この日、青山は空振りを8球取ったが、いずれも球種はスライダーで、そのうち右打者からは7個、左打者は1個だった。特にインサイドの球を投げてからのアウトコース、アウトローのスライダーが右打者に有効的で、カブレラや松田、オーティズ、細川らを苦しめた。内川からもスライダーで空振りを奪っている。

ただ、残念に思うのは、ここぞという場面で力んでしまったのか、このスライダーが逆球になったり、失投となって甘いコースに入ってしまったのが何度かあった点だ。このカモがネギしょってきた機会をホークス打線にしっかりモノにされてしまったというワケなのだ。

3回内川のスリーベース、4回松田のホームラン、4回内川のレフト前タイムリーヒット、この3球はいずれも嶋が外角にスライダーを要求するも抜けて真中近辺に入ってしまった球となった。この点が悔やまれるところなのだ。

青山は打者1順の2回までは直球主体のピッチングも2順目に入る3回からはスライダーの割合が多かった。この点は嶋も今日のスライダーは使えると判断してのことだろう。これは間違っていない。アウトコースにきっちり投げ切ることができたスライダーは威力を発揮していたのだから。ただ、幾つかあった失投が残念なのだ。

ところで、イーグルス打線の得点は結局2回にあげた3点止まりで終わってしまった。ホークスの先発、山田はすこぶる良い投球をしていたわけではない。いや、その逆で、終始制球に苦しんでいた。ストライク率は全体で46.2%と低推移だ。直球も51.4%、変化球は38.3%、球が高めに抜けたり、浮いたり、変化球がサイドに大きく外れたりするケースが目立った。それは特に、下記配球図のように序盤1回~4回で顕著だが、中盤以降の5回~7回も球がばらつき、全体的に高めだったことが確認できる。四球も3個出しており、イーグルスからしてみれば付け入る隙は十分にあったはずなのだ。

やはり、ルイーズと岩村が沈黙しているのがそろそろボディブローのように効いてきた感を受ける。2回ノーアウト3,2塁の好機で、いずれも凡打に倒れたこの両名(ルイーズのゴロの間に得点は上げたが最大チャンスにアウト1個献上した)が仕事できない点が、痛い。

さて、前回エントリで「【分析】 楽天・鉄平選手が打率.142と低迷しているその理由。」を検証してみた鉄平の打撃内容について触れておこう。

http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-433.html

■鉄平vs山田(左腕) 全打席配球図
1打席目=中安/ゴロ(適時打)、2打席目=空振り三振、3打席目=左飛


前回エントリで鉄平が結果を出すにはホットゾーンである内角、真中の球をしっかり打っていくこと、苦手コースのアウトコース、アウトローの球には辛抱することでは?と推測してみた。(詳しくは上記URLから飛んで下さい)

1打席目は初球真中に甘く入ってきたスライダーを捉え、ピッチャーの足元をゴロで抜くセンター前ヒットとなった。これが今季左投手から放った初安打となり、また初タイムリーとなった。

2打席目。初球は外角高めのボールゾーンの直球で手を出さず1-0、2球目は真中高めストライクゾーンに入ってきた直球でファウル1-1、3球目はインハイに抜けた直球で2-1、4球目はSゾーン内角高めスライダーでファウル2-2、5球目のSゾーン外角高め直球をファウルして、6球目アウトローのスライダーにバットがまわって空振り三振。

3打席目は外角高めに抜けた初球を見逃して1-0の後の2球目、ストライクゾーンの中に入ってきた甘い直球をミスショットしてレフトフライに倒れている。

1打席目の結果に鉄平本人もただただホッとしたというベンチリポートだったけど、見ているこちら側もホッとした。しかし2打席目は結果としてファウルを打たされるかたちとなりカウントを整えられてしまい、最後は苦手コースの変化球での三振を喫してしまった。

今日の打席内容をみてると、まだまだ復調するには時間がかかるかもしれない。そんなことを感じた。

最後に。さらに深刻になりつつあるのが救援陣だ。抑えのスパイアーは目処が立ちそうな予感はあるが、それまでの道程がまるで描けていない。誰がセットアッパーで誰が敗戦処理なのか?混乱したままである。この件は改めてエントリにして振れてみたい。【終】

■ソフトバンク・山田の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110421DATA10.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合
全体>46.2%7、直球51.4%、変化球>38.3%
【球種割合】
球数117>St70、Sl42、Ch4、Cur1
vs左打者34>St21、Sl13
vs右打者83>St49、Sl29、Ch4、Cur1

■楽天・青山の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
20110421DATA11.jpg
【ストライク率】
全体>50.6%、直球>54.5%、変化球>48.0%
【球種割合】
球数83:St33、Sl34、Sh10、Cur5、Fo1
vs左打者28>St13、Sl10、Sh1、Cur3、Fo1
vs右打者55>St20、Sl24、Sh9、Cur2
打者1順>直球18:変化球17 (St18、Sl11、Sh5、Cur1)
打者2順以降>直球15:変化球33 (St15、Sl23、Sh5、Cur4、Fo1)

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110421DATA8.jpg
20110421DATA9.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。


------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ72位/651人中、「楽天イーグルス」1位/139人中。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}