FC2ブログ

【試合評】 2011年4月19日(火) ○楽天イーグルス2-1ソフトバンク。1点差試合を制して単独首位をキープ。流線型の躍動が芸術的な岩隈の好投、今季2勝目!

スポンサーリンク

星野楽天今季初の延長戦を制す!

昨年は7勝16敗とやられっぱなしの感が強かったソフトバンク戦、3ゲームシリーズの初戦となったこの試合は、楽天・岩隈、ソフトバンク・和田という開幕投手の投げ合いによるロースコアで進み、今季初の延長戦に突入した。

決勝点は10回表。楽天がもぎ取った。この回からマウンドに上がったのはホークスの馬原。和田の後に森福、ファルケンボーグと自慢の救援陣を送り込み、8回9回を三者凡退零封に抑えて守護神につなぐ青写真も、馬原の制球が定まらない。先頭の嶋がフルカウントから外角低めのストレートを良く見極めて四球で出塁すると、続く中島が送りバントを初球で決めて1死2塁の得点圏に走者を進める。迎えるのは打順が1番に返り、松井稼。

このアメリカ帰りのベテランスイッチヒッターがまたしても仕事をしてのけた。カウント2-1から高めに抜けてきた馬原のフォークボールをしっかりバットに乗せ、左中間を深々と破るタイムリーツーベース! 10回裏はスパイアーが2死から長谷川に安打を打たれるものの、代走で出た城所の盗塁を嶋がどんぴしゃの送球で刺し、バッカじゃなかろかルンバでゲームセット。

松井稼の決勝タイムリーは4/16オリックス戦で放った2点二塁打以来今季2本目。

これでチームは1点差試合3試合3戦全勝、3カード連続初戦勝利を収め、立場を有利に。7試合消化し5勝2敗で単独首位をキープしている。

さて、下記でもう少し詳しく振り返ってみたい。

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。m( __ __ )m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

○楽天イーグルス2-1福岡ソフトバンクホークス


楽天のスタメンは、1番・松井稼、2番・聖澤(中)、3番・鉄平(右)、4番・山崎(一)、5番・高須(ニ)、6番・岩村(三)、7番・ルイーズ(指)、8番・嶋(捕)、9番・中島(左)、先発・岩隈。4/17オリックス戦では若手を積極起用してきた星野楽天だが、この試合はフルラインアップ、先発含め開幕戦と同じオーダーである。

ソフトバンクのオーダーは、1番・川崎(遊)、2番・本多(ニ)、3番・内川(左)、4番・カブレラ(一)、5番・松中(指)、6番・多村(右)、7番・松田(三)、8番・長谷川(中)、9番・細川(捕)、先発・和田という顔ぶれである。

昨年は対ホークス戦防御率4.75と苦しんだ岩隈、このスタメンに良く打たれた小久保(昨年対戦打率.455)が不在なのは救いなのかもしれないが、それでも、松田.429、川崎.357、オーティズ.385、本多.308、長谷川.333と主な打者にかなり分が悪かった。

早くも今季No.1候補のベストピッチをみせたエース・岩隈!

ところが、今日の岩隈は昨年の相性の悪さを微塵も感じさせない素晴らしいピッチングを披露してくれた。9回、120球を投げて被安打5(長打無し)、奪三振は二桁の10、与四死球はゼロ、失点1、自責点1の内容だ。9イニングを投げて相手打線を三者凡退で切ってとったのが1回~3回、5回、8回9回の合計6イニングにものぼった。川崎や多村、長谷川、新加入のカブレラなど、なかなかエンジンがかからないホークス打線全体のコンディションの悪さ、というのは確かにあった。しかし、それを考慮に入れても、このような芸術的で流線型のピッチングは、昨年の4/2日本ハム戦以来ではないだろうか?(ちなみにこの試合は9回完封勝利で7イニング三者凡退の内容だった)

ストライク率も59.2%とコントロールも終盤まで安定しており本来の岩隈らしさを十分に発揮していたが、この日、個人的に最も良かったと思ったのは、開幕戦130キロ台後半に止まっていたストレートである。きっちり修正し、球速は140キロ台をマーク、状態もすこぶる良かった。

岩隈は17個の空振りを奪ったが、そのうちストレートで獲得したのが7個あった。直球で空振り三振を3個も奪っている。このストレートが大変有効的だったため、昨年は34%だった球種割合も今日のゲームでは50%を記録している。嶋-岩隈バッテリーが直球で押していたことの証だろう。

直球が走っていたため、持ち味であるフォークも映えた。また本来の落差も戻ってきて、フォークで9個の空振りを奪っている。(Fo連投のシーンが印象的だった。4回多村3連投で空振り三振、7回松中5連投で一ゴ、7回松田4連投で空振り三振)

奪空振り数÷全球数のパーセンテージを確認してみると、この試合では14.2%。開幕戦が5.6%、4/15オリックス戦での田中が15.5%だから、田中並みのパワーピッチングだったことが確認できるのだ。

スライダーの制球は今後の課題か?!

ただ、そんな中にも落とし穴があった。4回だ。4回1死まで被安打ゼロ投球を続けてきた岩隈だったが、本多に中安、内川に左安で1死2,1塁の初の得点圏ピンチを招く。続くカブレラにもアウトローの変化球をセンター前にゴロヒットを運ばれて1失点。先制点を許してしまう。

本多と内川に打たれたヒットの結果球はスライダーであった。このスライダーの制球が甘くなることが多く、松中にヒヤッとする左翼への当たりを打たれるなど肝を冷やす場面が少なからずあったのだが、4回はそこを初球から狙い打たれたかたちとなった。

得点圏ピンチは6回裏にも背負った。6回裏2死2塁でカブレラという場面である。ここは高めの釣り球を根気良く投げてファウルでカウントを稼ぎ、カブレラの目線を高めにくぎ付けにさせてから低めのフォークでゴロアウトに討ち取ってしのいでいる。岩隈が背負ったピンチはこの2度だけであった。

一方のホークス先発・和田もさすがというピッチングをみせてくれた7回、111球を投げて被安打6(二塁打1)、奪三振6、四球1、失点1、自責点1。楽天は1回から5回まで毎回走者を出塁させ、3度の得点圏チャンスを作るものの、1回と3回は鉄平、山崎が、4回はルイーズと嶋が倒れて、得点できない状況が続く。

和田はスライダーの制球に苦しんでいる様子が見受けられたが、直球のコントロールが良く(62.1%)、全体のストライク率も54.1%と安定した数字のピッチングだった。そして、岩隈同様にストレートが良かった。和田はイーグルス打線から18個の空振りを記録したが、そのうちストレートで空をきらせたのは10球にのぼる。全投球数に占める奪空振り比率は、16.2%。岩隈を上回る数字だった。

そんな状況であったから、毎回走者は出すもホームが遠く4回に先制点を許した後は、秋風を少し感じていたが、楽天打線は6回に同点に追いつく。

ベテラン山崎、好調を維持

この試合2度の得点圏で凡打を繰り返していた4番・山崎が先頭打者で右翼線ぎりぎり入るフライヒットを放つ(外角高めのホットゾーンに入ったスライダーを打った)。これがツーベースとなりチャンスメイクに成功する。続く高須が三塁線に絶妙な送りバントを決めて、山崎は悠々と三塁へ。1死3塁で岩村の打席の初球であった。和田が投じたチェンジアップが外角低めにワンバウンドするワイルドピッチとなり球がテンテンテン。この間に山崎がホームを踏み、スコア1-1とした。

「らしさ」がほとんど見えない鉄平とルイーズが心配だ...

さて、山崎や松井稼といったベテランどころが引き続き好調を維持しているのは喜ばしいかぎりだが、この日いずれもノーヒットに終わった鉄平(打率.125)、ルイーズ(打率.095)の状態が心配なのだ。鉄平はこの日ポップフライ気味のフライを連発、ルイーズは弱点である外角低め、低めの変化球を振らされるケースが多かった。この点については改めてエントリに書いてみたいと思っている。【終】

■ソフトバンク・和田の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球

20110419DATA9.jpg
【ストライク率】
全体・・・54.1%、直球・・・62.1%、変化球・・・45.3%
【球種割合】
球数111:St・・・58、Sl・・・40、Ch・・・11、Cur・・・2
vs左打者39球:St・・・22、Sl・・・11、Ch・・・3
vs右打者72球:St・・・36、Sl・・・26、Ch・・・8、Cur・・・2
打者1順:直球21:変化球22 (St・・・21、Sl・・・17、Ch・・・4、Cur・・・1)
打者2順:直球21:変化球13 (St・・・21、Sl・・・9、Ch・・・4)
打者3順以降:直球16:変化球18 (St・・・16、Sl・・・14、Ch・・・3、Cur・・・1)

■楽天・岩隈の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
20110419DATA10.jpg
【ストライク率】
全体・・・59.2%、直球・・・66.7%、変化球・・・51.7%
【球種割合】
球数120:St・・・60、Sl・・・22、Fo・・・32、Sh・・・2、Cur・・・4
vs左打者53球:St・・・29、Sl・・・8、Fo・・・15、Cur・・・1
vs右打者67球:St・・・31、Sl・・・14、Fo・・・17、Sh・・・2、Cur・・・3
打者1順:直球19:変化球16 (St・・・19、Sl・・・7、Fo・・・5、Sh・・・2、Cur・・・2)
打者2順:直球14:変化球13 (St・・・14、Sl・・・4、Fo・・・8、Cur・・・1)
打者3順以降:直球27:変化球31 (St・・・27、Sl・・・11、Fo・・・19、Cur・・・1)

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110419DATA6.jpg
20110419DATA7.jpg
20110419DATA8.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。


------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ71位/654人中、「楽天イーグルス」1位/138人中。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ

レンタルCGI このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}