FC2ブログ

【試合評】 2011年4月17日(日) ●楽天イーグルス1-4オリックス 若き右腕による競演の結果は、Bs西のプロ初勝利。

スポンサーリンク

今日は各地の球場で「プロ初勝利記念日」となった。

札幌ドームでは日本ハムの斎藤が5回4失点で、マツダスタジアムでは広島の福井が7回2失点でそれぞれプロ初勝利を飾った。そして、甲子園の存在も忘れてはならない。ここでもプロ初勝利を掴んだ若武者が登場した。

ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

この日の先発は楽天は2年目の戸村、オリックスは3年目の西が先発。若き両右腕はいずれもプロ未勝利、初の栄誉を懸けてマウンドにあがった

結果は胸のすくような快投をみせた西が初勝利。初回に山崎の犠牲フライで1点を失うが、以降、イーグルス打線を寄せ付けず、これが終盤オリックスに流れを呼び込むことになり、オリックスが4-1で勝利、西は7回を投げて被安打3(長打なし)、奪三振8個、1失点の内容で、プロ初勝利を飾った。

楽天は戸村の粘投に打線も二番手以降の救援陣も応えることができず、今季2敗目。

6試合終了して4勝2敗、負けはしたが2カード連続勝ち越しとなった。これで一旦仕切りなおしで、火曜日からのホークス3連戦に臨めるはずだ。

さて、下記で要所を振り返ってみたい。

●楽天イーグルス1-4オリックスバファローズ


楽天のスタメンは、1番・松井稼(ニ)、2番・聖澤(中)、3番・鉄平(右)、4番・山崎(指)、5番・岩村(三)、6番・中村(左)、7番・大廣(一)、8番・枡田(遊)、9番・井野(捕)、先発・戸村という面々が並んだ。

昨日までスタメンに名を連ねていた高須とルイーズが外れ、セカンドに松井稼がまわり、ショートに枡田、DHに山崎が入り、ファーストに大廣、スタメンマスクは井野がかぶった。この日の星野監督は、ともに結果が出ていないベテランと外国人を休ませ、若手・控え選手に積極起用してきた。大廣は今季初スタメン、枡田と井野は今季初出場初スタメンである。

このカード2つとって幾ばくかの余裕が生まれていたのかもしれない。そして、相手先発は西ということで、若手・控え組にチャンスを与える絶好の機会と捉えたのかもしれない。この点は理解できるところだけど、結果として裏目の采配になってしまった。ただ、西の好投の前には、これは止む無し、か。

対するオリックスは、1番・坂口(中)、2番・森山(右)、3番・後藤(ニ)、4番・T-岡田(左)、5番・北川(指)、6番・李スンヨプ(一)、7番・バルディリス(三)、8番・伊藤(捕)、9番・金子圭(遊)、先発・西という布陣。先発・西以外、昨日と全く同じオーダーである。

このカード2試合とも先制点は楽天だったが、この試合も楽天が初回に先制をあげた。先頭の松井稼が放った浅めの飛球に、右翼・森山が前に突っ込みキャッチを試みるも、手前でワンバウンド。森山が球をはじき処理にもたついている隙に、開幕から元気な松井稼が2塁を陥れる。

早々にして作った得点圏、無死2塁の好機、続く聖澤はきっちり送り、鉄平のデッドボールを挟んで1死3,1塁となったところで、打席は山崎にまわる。ここで4番がしっかり仕事をはたしてくれた。3球目のスライダーが山崎のホットゾーン、外角高めに入っていく。それを見逃さず、飛距離十分の犠牲フライをセンターに打ち上げる。これで松井稼がホームインして1点を獲得した。

しかし、この試合のイーグルスの得点は結局初回の1点どまりであった。2回にも先頭の中村が安打出塁、大廣の犠打で1死2塁のこの試合2度目の得点圏を創出するも、この日スタメンで初起用された枡田、井野が相次いで凡退に倒れゼロに終わる。(チャンスを貰った大廣、枡田、井野は合計で8打数0安打4三振と結果が出なかった)

3度目の得点圏チャンスがやってきたのは、4-1と逆転されて迎える9回裏1死3,2塁の場面だった。マウンドに立っていたのはBs守護神の岸田。岩村と中村が連続空振り三振に倒れ、ジ・エンドとなった。

「楽しかった」というBs西の快刀乱麻の投げっぷり。

楽天打線が2回以降早々に沈黙してしまったのも無理はない。それほどまでに西のピッチングが素晴らしかったのだ。

ストライク率は全体で57.6%、直球は53.74%、変化球は61.4%。立ち上がりこそ松井のメジャー力と山崎のベテラン力にやられてしまった感があるが、コントロールは終始安定していた。投げたいところにほぼ投げきることができ、リズムも良い。時節笑みさえ浮かべて快刀乱麻のピッチングを披露していく。

右打者には外角中心の配球を、左打者に対してはストライクゾーンの内外を上手く使用したピッチングで、中盤3回から6回まで4連続イニング三者凡退に押さえる。

ストレートとスライダーのコンビネーションが素晴らしく、どちらの球種も球威、キレ、ノビともに抜群だった。

このことはデータでも証明されていて、ストレートで空振りを奪ったのは4球、被安打はゼロ、スライダーで空振りを奪ったのは9球、被安打は1本という内容。球数85球投げて13球の空振りを獲得、全体の15.3%を示しており、この数値はこのカード初戦に投げた田中の15.5%とほぼ同値である。

西が今季どのような成長ぶりをみせるのか?敵軍ながら逐次確認していきたいと思う。

■オリックス・西の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110417DATA5.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合。

全体・・・57.6%、直球・・・53.7%、変化球・・・61.4%
【球種割合】
球数85:St・・・41、Sl・・・36、Fo・・・5、Cur・・・3
vs右打者30球:St・・・13、Sl・・・16、Cur・・・1
vs左打者55球:St・・・28、Sl・・・20、Fo・・・5、Cur・・・2

戸村粘投報われず...

さて、楽天の戸村だ。オープン戦で好結果を立て続けに出し、先発ローテ最後の椅子を見事獲得したプロ2年目のドラ1。初勝利をかけた今季初登板の内容は、6回を投げて102球、被安打3(長打なし)、奪三振3、与四球4、失点ゼロとクオリティスタートの内容で、見事ゲームメイクするのに成功していた。

戸村が崩れる時は四球を出す例が多い。5回7失点だった4/2チャリティーマッチでは4四球1死球、その後調整登板であがった2軍戦でも複数個の四球を出していた。この試合も4個のフォアボールを出す。(この試合は全体を通して制球がイマイチであったが、そんな中でも)いきなりコントロールを乱しての四球とか、肝心な場面での四球等が多い印象を受ける。

キャンプ中に磨いてきたストレートも状態がいまひとつのように感じた。この日53球の直球を投げたが、そのうち約半分にあたる27球が高めに浮いてしまう結果で(下記配球図参照)、被安打3本のうち2本がこの高めに入ったストレートを打たれる結果となった。

西が中盤を三者凡退で抑え続けたのに対し、戸村は3回4回5回と先頭打者の出塁をいずれも許し、いずれの回も得点圏のピンチを招いてしまう。昨年ならここで一気に崩れていたはずだが、今日は違った。ストレートとは正反対に、持ち味のスライダーが低めにまずまず決めることができており、どうにかゼロで切り抜けることに成功する。5回森山を三振にきってとった低めのスライダーなどは良い球だった。

ストレートの状態はかんばしくなかったが、昨年と比較するとそんな状態でもレベルアップした直球が投げられていたように感じる。オリックスの拙攻にも助けられた側面はあるけれど、昨年と同じレベルの直球なら、火ダルマになっていた可能性は高い。この点でも戸村の成長ぶりは確認できた。

星野監督もこの日の戸村を評価していて「戸村はノーアウトのランナーを出しながらも良く粘ったと思うし、6回を無失点だからどんどん自信をつけてくれれば良い。そういう意味では、今日は0点に抑えたのだから合格点はあげなきゃな。良く踏ん張ってくれたと思う」と試合後の会見でコメントを残している。

戸村がどうにか粘ってスコア楽1-0Bsでマウンドを降り、7回から楽天は継投策に入る。7回は美馬が150キロに届こうかというストレートで相手打者を圧倒して三者凡退に退けるも、回をまたいで続投となった次の回が「魔の8回」だった。

8回は先頭が左打者の坂口、ここから4番・T-岡田まで左が続くところ。アタマから左の片山か?佐竹?という選択肢もあったはずだが、星野監督は美馬のピッチングをもう1イニング見たくなったに違いない。その気持ちはよく理解できるのだけれど、結果的にこれが裏目に出てしまった。美馬は7回とは別人で、先頭の坂口から森山、後藤に3連続安打を浴び、同点に追いつかれ、なおも無死2,1塁という状況で降板。ようやく片山が登場するも、後の祭り、であった。(片山の状態はそんなに悪くはない、と思う。実際、この日は12球のうち5球で空振りを取っていた。楽なシチュエーションでの登板から今シーズンに徐々に慣れさせていくべきなのでは?と感じる)

最後に井野について触れておこう。初出場初スタメンとなったわけだが、今後、星野楽天は戸村は井野でいくのだろうか?興味深いところである。4/2のチャリティーマッチでも戸村とコビを組んだのは井野であった。実況の上野晃アナが昨年2軍でよく組んでいたという発言をしていたので、少し調べてみたら、戸村─井野のコンビは2軍公式戦では、僕が調べた限りだと無かった。

星野楽天が二番手捕手の育成に力を入れていく意図があるならば、井野の成長を促す意味でも、井野をどこかの局面で使わなければならないわけで、戸村とバッテリーを組ませて両人共に苦労しながら経験を積ませる、という考えはアリだと思う。

■戸村 2010年 2軍公式戦登板時の女房役
※漏れがあるかもしれない。
4/6戸村(先発)・・・伊志嶺
4/13戸村(先発)・・・伊志嶺
6/3戸村(先発)・・・山本
6/30戸村(救援)・・・伊志嶺
7/6戸村(先発)・・・伊志嶺
7/16戸村(先発)・・・伊志嶺
7/30戸村(先発)・・・伊志嶺


そのためには、井野は盗塁阻止が課題だ。
この日、3つの盗塁を許してしまった。

1回1死1塁から森山が二盗成功
5回1死1塁から伊藤がニ盗成功
9回1死1塁から坂口がニ盗成功。


いずれも2塁送球が高く大きく逸れてしまった。セカンドに入った味方野手がジャンプして捕球を試みるもその上をセンター方向に大きくこえてしまう悪送球となってしまった。スローイングは昨年からの課題であるため、どうにかして修正していってほしいところである。【終】


■楽天・戸村の配球図、ストライク率、球種割合
【配球図】
※各コースの上段は直球、下段は変化球
20110417DATA4.jpg
【ストライク率】
※打席結果に関わらずストライク枠内に入った球の割合。
全体・・・50.0%、直球・・・56.6%、変化球・・・42.9%
【球種割合】
球数102:St・・・53、Sl・・・30、Fo・・・18、Ch・・・1
vs右打者31球:St・・・14、Sl・・・14、Fo・・・3
vs左打者71球:St・・・39、Sl・・・16、Fo・・・15、Ch・・・1
打者1順・・・直球23:変化球9 (St・・・23、Sl・・・8、Fo・・・1)
打者2順・・・直球17:変化球25 (St・・・17、Sl・・・14、Fo・・・10、Ch・・・1)
打者3順・・・直球13:変化球15 (St・・・13、Sl・・・8、Fo・・・8)


■T-岡田の全打席配球図
20110417DATA6.jpg

■両軍の打席結果とカウント推移表
20110417DATA2.jpg
20110417DATA3.jpg
「ボール球」・・・ボールゾーンの球を(打席結果に関わらず)スイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
St・・・ストレート、Cur・・・カーブ、Sl・・・スライダー、Cut・・・カットボール、Sh・・・シュート、Fo・・・フォーク、Sin・・・シンカー、Ch・・・チェンジアップ、Pa・・・パーム、Kn・・・ナックル。
カウントの太字はストレートです。
配球図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが、7、8、9、12、13、14、17、18、19になります。
---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。


------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆様の一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。何卒、投票の御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ60位/642人中、「楽天イーグルス」1位/137人中。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ

レンタルCGI このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
18位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}