FC2ブログ

【記録】楽天イーグルス2010年 無死1塁でのバント作戦、強攻作戦の結果 (5)

スポンサーリンク

(1)はこちらをクリック。
(2)はこちらをクリック。
(3)はこちらをクリック。
(4)はこちらをクリック。

楽天イーグルスの「無死1塁からのバント作戦、強攻作戦」について検証する一連エントリの5回目。なお、使用できる記録が2010年楽天のデータのみのため、本稿も「2010年の楽天では」という注釈つきだ。御了承頂きたい。

前回(4)では無死1塁での両作戦における打順別、試合展開別にみた得点期待値、得点確率を算出してみた。今回は対戦投手に光を当てて確認していきたい。一般にバント作戦を敢行する時は、好投手相手になかなかまとまった点が期待できなくて、確実に1点を積み重ねていきたい時に実施される場合が多い。

そのため、対戦投手が「優秀の時」と「そうでない時」にバント作戦、強攻作戦の結果がどう出ていたのか?をチェックしてみたい。

優秀投手とそうでない投手をどう区別をつけるのか? 優秀投手でもその試合に限ってはコンディションが悪い時もある。2流3流投手でもその日に限って目覚ましい好投をする場合がある。複数年にわたって安定した成績を収める投手もいれば、そのシーズンに限って好成績だった投手も存在する。そのため、これは賛否両論あるかもしれないが、ここでは便宜上、昨年のパリーグ防御率、ホールド、セーブの各々のランキングでTOP10入りをした投手を優秀投手としたい。

ちなみに、各々のランキング該当投手は、

防御率ランキングTOP10は、ダルビッシュ有、武田勝、(田中将大)、(岩隈久志)、和田毅、金子千尋、成瀬善久、ケッペル、杉内俊哉、涌井秀章。

ホールドランキングTOP10は、ファルケンボーグ、攝津正、平野佳寿、伊藤義弘、薮田安彦、建山義紀、宮西尚生、藤田太陽、長田秀一郎、(青山浩二)。

セーブランキングTOP10は、シコースキー、馬原孝浩、小林宏、武田久、(川岸強)、岸田護、(小山伸一郎)、レスター、建山義紀、ウルフ、

となっている。

■優秀投手の時の得点確率、得点期待値
20110407DATA5.jpg

対戦相手が優秀投手だった時、得点確率では強攻作戦が7.7%上回り、得点期待値では僅かながらバント作戦が上回った。

バント作戦が用いられる最大ケースかもしれない「対戦投手が優秀で、スコア0-0/同点時/1点ビハインド、無死1塁の状況」を見てみる。合計で41回あった。うち強攻作戦は20回、バント作戦が21回という内訳だ。ブラウン楽天下では各々の作戦をちょど半々で選択していたことになる。

しかし、得点確率、得点期待値はともに強攻作戦を下回る値となっていた。1点を確実に取りにいくのが送りバントの最大意図とすれば、強攻作戦では2回に1回、50.0%で得点を上げていたのに対し、バント作戦のそれが31.8%なのは、寂しいかぎりだ。

打順別にみてみると、優秀投手相手に無死1塁で1番打者を迎えた時はバント作戦がかなり有効的だったのが確認できる。一方で、2番打者の場合はやはりここでも意味を成していなかったことがみてとれる。

次に、優秀ではない投手と対峙した場合の数値をみてみよう。

■そうではない投手の時の得点確率、得点期待値
20110407DATA2.jpg

全体では両数値とも強攻作戦が上回る結果となった。

バント作戦が成功してほしい「スコア0-0/同点時/1点ビハインド時」でも、バント作戦より強攻作戦がダブルスコアで好結果を残していた。

バント作戦では打順が1番打者の時は好結果だったものの、やはり2番打者では目を覆いたくなる結果となっている。

強攻作戦では打順が5番、7番の時が特に結果がかんばしくなかった。主軸を打つ5番打者にさすがにバントを命じることはなかなかできないが、7番打者がもっとバント作戦を取っていたらどうだっただろう?気になるところだ。

次に選手別にみてみる。無死1塁で迎える打者が鉄平の時は? 嶋の時は? 山崎武の時は?はたしてどうだったのか?

■選手別の各々の作戦における得点確率、得点期待値

20110407DATA4.jpg

表中の打率は無死1塁で強攻した時の打率である。バント作戦の失敗はバント三振、バントゴロ/飛球等である。

聖澤は強攻させてもバント作戦でもともにチーム平均を上回る数値を叩き出しているが、強攻よりバント作戦のほうが確率、期待値共に軍配が上がる結果だ。聖澤は犠打成功率が.774(バント安打含まずの値)とあまり良くない数値が出ているのだが、聖澤(主に1番)が走者を得点圏に進めると、後続の打者(2番・3番等)がきっちり走者を返す仕事をしていたことが判る。

渡辺直人をみてみると、無死1塁でのバント失敗が3回あり、それが大きく影響したのか、バント作戦の結果は意外にも悪い。一方、強攻作戦では打率3割を越え、60%の確率で得点している。

鉄平はどうか? 無死1塁で2番打者がバント作戦、走者が得点圏に進んでまわった鉄平の打席は、ちょっと信じられないほど悪い打撃成績だったのだが、無死1塁で鉄平の時は、打率.345で強攻作戦が良い結果となっている。バント作戦は1回あり、これは何度か触れたが、3/31ロッテ戦でのバント安打だ(これを起点に一挙7得点のビッグイニングになった)。

次に、無死1塁でバントをしない人達をみていこう。山崎武、中村紀、ルイーズ、草野、リンデン、牧田...といった面々だ。

この中でひときわ目を惹くのが草野の好成績である。無死1塁で打席が回ったのは16回。打率.438で強攻すると、その半分の8回で得点をあげていたことになる。7/21オリックス戦では快打しライナー性の痛烈な当たりを飛ばすもファーストライナーになり結果的に併殺になってしまった、あの時の印象がいまだ強いのだが、それでも、全体的にみれば、バットマンの本領が発揮されていた、と言うことになる。

主に4番を打った山崎武はどうだったろうか? 無死1塁での打撃成績は24打数3安打2打点、1本塁打、3併殺打、8三振、3四球、1死球の打率.125。得点確率、得点期待値ともに低迷をきわめている。

ルイーズの無死1塁での打率もかなり低い。

主軸をはることが多かった打者が、無死1塁の時の成績が良くなく、結果としてつなぐことができず、無死1塁からチャンスを拡大できなかった点も、昨年の楽天が得点力不足に泣いた一因と言えるかもしれない。

(1)~(5)でいろいろ昨年のデータを確認してきたが、確実に1点を取りにいきたい場面で行われるバント作戦の結果がかんばしくなかったことを何度も確認することとなった。

(4)でも書いたが、昨年の楽天の最下位低迷そして得点力不足の最大の要因は、長打力を期待されていた選手の軒並みの不振ではあるが、その次・・・あたりに続くのが、このバント作戦での悪結果だったと断言できそうだ。

多くのメディアや評論家が「盗塁数や犠打数の減少」「強攻重視の采配」を敗因に上げることが多いが、これは決して正確ではないことが明らかになった。木を見て森を見ないメディアや評論家の多さ....マスコミがこれでは......orz

ともかく、昨年の楽天がヘンだったのは良く分かった。今年、星野楽天はこのヘンな楽天打線をどのように変えてくれるだろうか? 今シーズンも同様の検証をするためデータを取り続けていきたいと思う。

調べ尽くした感があるので、「無死1塁からのバント作戦、強攻作戦」の一連の再考は、今回でひとまず終わりとしたい。

---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊&選手名鑑、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を『12球団全選手データ百科名鑑2011』はコチラで詳細を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。



------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆さんまの一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。ポチっと御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ56位、「楽天イーグルス」1位。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ

レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}