FC2ブログ

【記録】楽天イーグルス2010年 無死1塁でのバント作戦、強攻作戦の結果 (1)

スポンサーリンク

巷で言われるほどにバント作戦は有効なのか?

開幕まで1週間ほど時間が残されている。この期間を使って、昨年シーズン終盤にも1度検証を試みた「無死1塁からのバント作戦、強攻作戦」について、再度、考えていきたい。

なお、手元にあるデータが2010年楽天のデータのみということで、他チームや楽天の別年度との比較ができない。そのため、本稿は全て「2010年の楽天では」という枕詞がつくので、その点をあらかじめご了承頂いた上で閲覧して頂きたい。

まず初めに、自分の立ち位置を鮮明にすると、盗塁同様、犠打数が多ければ多いほど得点力が上がる、こういった単純な主張には全く与さない。昨年パリーグでチーム最多犠打数を記録したのは180の日本ハムだが、得点はパ5位に沈んだ。一方、708の最多得点を叩き出したロッテの犠打数は113、パで3位だった。ロッテの別年度を見ると、バレンタイン監督の下で躍進した2005年は得点は740点でパ最多、犠打数は僅か56でパ5位だった。

バント作戦のメリットはほぼ確実に得点圏に走者を送ることができる点だが、最大のデメリットはアウト1個をほぼ無条件に相手方に献上してしまうところだ。この作戦が語られる時、良所のみクローズアップされ、欠点についてはほとんど論じられることがないのが現状である。都合の悪い所はあえて触れない、そのような姿勢の現在の野球評論に胡散臭さを感じてしまう。巷で言われきたほどにバント作戦は有効なのか?そんな思いが今のぼくの考えだ。

しかし、状況によっては依然として有効的な作戦なのでは?とも考えている。野球統計学の第一人者、鳥越規央氏はその著書で1点ビハインドの9回裏無死1塁でもバントをするなと主張されており、なるほど、そのような考え方もあるのだなと興味深く拝読したわけだが、実際のところ、もし自分が監督だったら、3番4番でもない限りバント作戦を選ぶ確率はきわめて高いと思う。

さらに、試合の趨勢に大きな影響を与える先制点攻防時や、こちらの投手がエース級でロースコアでも勝てるような状況の時、またはやみくもに攻めても得点が期待できないほど相手投手が好投している時、打者の打力が非力でアウトになる確率がきわめて高い時など、状況に応じて、バントで手堅くコツコツと得点を重ねていくのは、作戦として妥当な側面もある。

さて、楽天イーグルスの2010年の無死1塁からの得点確率を確認しておこう。

■楽天イーグルス 2010年 無死1塁からのバント作戦と強攻作戦の
得点確率、得点期待値


月別
20110404DATA6.jpg

打者がアクション(バント作戦or強攻(それ以外))を起こす直前のアウト塁状況が無死1塁の時、そういう設定のため、無死1塁で1塁走者が盗塁して無死2塁になったケースなどは含まれない。また、バント作戦にはバント安打とバント三振も含めて計算した。

それによると、無死1塁は全部で318回。(※盗塁作戦、相手暴投、味方打者走者死等を除外した数。入れると全部で343回ある)

そのうち、バント作戦が85回、うち31回で点が入り、得点合計は67点。強攻作戦は233回、うち99回で点が入り、得点合計が190点となった。

上記表をみると、月別での得点期待値は、バント作戦が3月4月、7月、9月で上回り、強攻作戦は5月、6月、8月で上回る結果となった。同じく得点確率では、バント作戦は唯一6月のみ上回り、他の月は全て強攻作戦の数値が良いという結果になっている。

全体では、両値とも強攻作戦が上回るかたちとなった。

次に、無死1塁で打者がバント作戦をした時と、強攻作戦をした時の「直後の」塁状況はどのように変化したか?を調べてみた。

■無死1塁からバント作戦をした「直後の」アウト状況
※2010年楽天イーグルスのデータ


バント作戦(85回)では、無死2,1塁が7回(8%)、1死走者無しが1回(1%)、1死1塁が7回(8%)、1死2塁が66回(78%)、2死走者無しが4回(5%)、となっている。

強攻作戦(233回)は、無死走者無しが8回(3%)、無死2塁が2回(1%)、無死2,1塁が41回(18%)、無死3,1塁が7回(3%)、無死3,2塁が13回(6%)、1死1塁が104回(45%)、1死2塁が28回(12%)、1死3塁が1回(約0%)、2死走者無しが29回(12%)、となった。

上下の円グラフのとおり、バント作戦はほぼ1死の状況になる(87%)。それも78%の割合で1死2塁と限定されている。他をみると、8%を占める無死の状況は、バント安打2本、野選が3回、失策が2回とほぼ相手の拙い守備に助けられてのもの。5%の2死はバント失敗で併殺打になってしまったケースだ。昨年のイーグルスは無死1塁でバント併殺が4本あった。

一方、強攻作戦も1死の割合が最多となっている。しかし、バント作戦の割合と比較すると30%も少ない数値だ。ではどこが増えているのか?というと、バント作戦では僅か8%だった無死の割合が約4倍増の31%を占めているのが確認できる。強攻作戦はバント作戦より直後の塁状況が細分化し、ノーアウトの状況も3割存在するため、攻撃の選択肢が必然的に増えるのでは? そのように考えることもできる。

強攻作戦で最悪なのは併殺打に倒れてしまい2死走者無しになってしまう点だが、2死の割合はバント作戦で5%、強攻作戦で12%となっている。パーセンテージでみると予想外に少ないのだな、そんな印象を持った方もいるかもしれない。

ところで、バントをすると、ほぼ1死2塁の得点圏になる。強攻作戦がバント作戦を上回る良い塁状況を出すには、1死2塁と同程度以上を創出することがカギとなる。調べてみると、そのような状況は割合にして42.9%だ(1死1塁、2死走者無し以外)。42.9%で好結果、57.1%で悪結果と言えそうだ。この数値が強攻作戦はギャンブル性が高いというイメージを多くの野球ファンに植え付けているにちがいない。

■無死1塁から強攻作戦をした「直後の」アウト状況
※2010年楽天イーグルスのデータ
20110404DATA8.jpg

最後に、それぞれの作戦がそのイニング内に何点獲得したのか?その回数をパーセンテージになおして棒グラフにしてみた(下記参照)。

バント作戦(85回)の内訳は、0点が54回(63%)、1点が16回(19%)、2点が4回(5%)、3点が5回、4点が1回、6点が0回、7回が1回。強攻作戦(233回)の内訳は、0点が134回(57%)、1点が48回(21%)、2点が28回(12%)、3点が12回、4点が6回、5点が4回、6点が1回、7点が0回。

一般的には、バント作戦はその回1点を堅実に取りにいく時に有効とされ、強攻作戦は2点以上のまとまった得点を目指す時におこなわれる(確かに2点の場合をみると、バント作戦が5%に対し、強攻作戦は12%だ)、そんな印象が強い。

しかし、2010年の楽天においては、1点の時も2点以上の時も、強攻作戦の割合が上回る結果となっていた。

(【記録】楽天イーグルス2010年 無死1塁でのバント作戦、強攻作戦の結果 (2)に続く)

■無死1塁からのバント作戦、強攻作戦それぞれの得点分布
※2010年楽天イーグルスのデータ
20110404DATA9.jpg


■楽天イーグルス 2010年 無死1塁からの犠打履歴
※シーズン履歴。オフィシャルサイトのボックススコアから打席結果がバント成功、バント失敗、バント安打、バント三振を抽出したもの。
20110404DATA2.jpg20110404DATA3.jpg20110404DATA4.jpg

---------------------------------------------------------
▼お薦めの新刊&選手名鑑、楽天ファン代表として企画参加したスポーツ雑誌最新号
『9回裏無死~』はコチラで感想文を『12球団全選手データ百科名鑑2011』はコチラで詳細を、『論スポ』はコチラで詳細を、『パリーグが~』はコチラで詳細、『日本ハムに学ぶ~』はコチラで詳細を御紹介してます。



------------------------------------------------------
ブログ村に参加しています。皆さんまの一票が更新の活力源です。現在「楽天イーグルス」部門1位です。ポチっと御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは現在「野球」カテゴリ52位、「楽天イーグルス」1位。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。「楽天Gイーグルス」「田中将大」「岩隈久志」「岩村明憲」カテゴリで1位
blogram投票ボタン
FC2ランキングでは20位前後で推移しています


SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ

レンタルCGI このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
28位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}