FC2ブログ

【記録】 楽天 永井、左打者を圧倒するも、右打者の内外角を攻めきれず...── 2010年ゾーン被打率 球種別被打率

スポンサーリンク

石の上にも三年。先発ローテ3年目の今季こそ真価が問われる永井怜投手。

2010年投手成績をここまで「vs全打者対戦成績」「楽天 永井怜 2010年は何故10勝止まりだったのかを探る!
の2つの記事でまとめてきたが、今回はゾーン投球に迫ってみたい。

なお、結果球のゾーンやコースを記録するようになったのは、
永井の先発11試合目・6/2阪神戦以降(該当期間は防御率3.71、7勝7敗)のため、
シーズン記録ではないことを予めお断りする。

結論から述べてしまおう。

【結論】
■vs左打者
・被打率のさらなる改善(.233→.229)
・直球、変化球とも通用、打者のバットを黙らせることに成功。
・内角と外角を直球で良く突くことができていた。
・変化球での勝負球は低めに決まるフォークが圧倒的に多く、絶好球。

■vs右打者
・被打率の悪化(.255→.275)
・直球通用せず...特に高め・中段で打ちこまれてしまう結果に...
・変化球での勝負球はフォークとスライダーを使い分けており
低めに決まると打者を圧倒していた。

■新球種シュート
・打たせて取る勝負球として機能(被打率.179)
・一方、シュート使用時の右打者への配球に改善の余地あり。


といえる。

さて、2010年の左右打者別被打率を確認して論を進めたい。
(カッコ)内は2009年のもの。

vs左打者・・・被打率.229 (.233)、被出塁率.304、被OPS.649 
vs右打者・・・被打率.275 (.255)、被出塁率.336、被OPS.763
全体・・・被打率.254 (.244)、被出塁率.321、被OPS.710


2009年と比較して左打者は対戦成績が僅かに改善され、抑え込みに成功。
一方、右打者対戦時は2分悪化、苦手にしていたことが伺える。
上記を踏まえた上で、左打者との対戦からみていきたい。



直球被打率の悪化(.266から.309へ)。
これが永井のピッチングがイマイチだった点と前回記事で書いた。
特に高低別にみると真中の高さの被打率が悪化していた(.283から.367へ)。
確かにその通りなのだが、詳細を見ると、打者の左右で明暗分かれるかたちとなっている。

■左打者へのストレート


結論から言うと、左打者へのストレートは2010年も通用していた。

左打者ストレート被打率.274。

前回記事で使用した高低別のストレート被打率表に、さらに左打者、右打者の数値を載せてみた。

これをみると、低めにいけばいくほど左打者には打たれなかったのが確認できる(.348→.237→.182)
しかし、右打者相手だと高め・真中で3割以上の被打率となってしまっている(.325→.462→.167)

永井怜 ストレート高低別被打率


上記の配球図のとおり、左打者との対戦では、真中の高さの内角、外角で勝負することができていたのが大きい。
(赤の網掛け部分。内角.083、外角.211)

■左打者への変化球
20110128DATA2.jpg

左打者への変化球被打率は.181、被出塁率では.243、被OPSでも.514。
(.514というと2010年の中村真人のOPSが.519だったので、それくらい打者は打てなかったことになる)

変化球での勝負は完全に永井の独壇場である。

直球の時も内角は有効だったが、変化球でも.182と効果的に使用することができている。
さらにアウトローを中心とした低め全般で打者をキリキリマイにさせている。

高低別で被打率をチェックすると、

高め・・・.250 (8-2)
真中・・・.281 (32-9)
低め・・・.120 (50-6) フォーク.118(34打数4安打13三振4四球) カーブ5、シュート6、スライダー5


となっており、
左打者相手に低めの変化球をウイニングショットとして使用する際は、
圧倒的にフォークを用いている
のがデータ上からも確認できる。
また、そのフォークが絶好球として機能している。

永井怜 2010年 vs左打者 球種別被打率




次に右打者をチェック。
右打者の被打率は前述のとおり.255から.275へと2分悪化した。

■右打者へのストレート
20110128DATA3.jpg

右打者のストレート被打率は.341。左打者の.271と比較すると明らかに悪い。
永井の直球は右打者にカモにされていた。

ゾーンを確認すると、高め・真中の高さで良く打たれている。
唯一、インハイで被打率.200と有利に立つも、その他は大きく被打率3割を越えてしまった。

ここで今一度、上記に掲げた「高低別のストレート被打率表」を確認してみてほしい。

高め・・・全体.337 (左.348、右.325)
真中・・・全体.367 (左.237、右462)
低め・・・全体.174 (左.182、右.167)


2010年はこのようになっていた。

低め勝負時では打者を黙らせることに成功しているものの、
特に右打者の真中の高さで.462と最悪値を計測。これが全体の足をひっぱっていた。
ストライクゾーン中段の内角・外角で厳しいところにコントロールできずに
痛打されたのでは?
そのように推測できるのだ。(内角.412、外角.458)

■右打者への変化球
20110128DATA4.jpg

右打者への変化球被打率.216。変化球勝負では右打者も圧倒していた。
ただ、ゾーンを確認すると、ここでも高低別での真中の高さで被打率がちょうど4割を記録している。

2010年の永井は、右打者対戦時、直球変化球の区別なく、
ストライクゾーン中段の内角・外角を上手く攻めきることができなかった、
と言えそうだ。

だが、変化球が低めに決まると永井有利だった。(被打率.124)
49打数の内訳はフォーク25(.120)、スライダー13(.154)、カーブ7、シュート4
となっており、左打者同様フォークが多いが、スライダーの割合も上昇している。

さて、新球種のシュートはどうか?

結果球のシュートは右打者の内角に投じた割合が90%を記録していた。
被打率も.233。右打者のインサイドをえぐり打ち損じを狙うのが主な目的のため、
打たせて取る“勝負球”として十分機能したと言ってよい。

シュートで白星を稼いだ象徴的な試合を覚えている。

スコア4-1で楽天が勝利した6/9中日戦である。
8回、被安打8、被本塁打1、失点1、自責点1で見事勝利投手となった1戦だ。
しかし、この試合、お立ち台で永井自身が
「真っすぐは良かったんですけど、変化球が全然ダメだったので、それが反省です、ハイ」
と述べたとおり、カーブ、フォーク、スライダーの変化球のコントロールが悪かった。
それを救ったのがシュートだった。
全20球右打者の内角に集めることができ、ブランコや和田、新井、井端、谷繁のべ6打者を
アウトに討ち取ることに成功していた。(参照:試合評)

シュート習得は大正解と言えそうだ。でも...そうとも言えない事情がありそうなのだが...

と前回記事に書いた。懸念があるのだ。

それは、右打者対戦時、シュートを1球でも使用した打席時、
(例:ストレート─シュート─ストレート、ストレート─カーブ─シュート等1球でもシュートが入っている打席)
被打率は.325 (83-27)と悪化していた。
(ちなみに左打者でシュートを1球でも用いた打席の被打率は.154(78-12)だった)

とても大雑把なデータのため杞憂であればそれにこしたことはないのだけれど、
シュートを織り交ぜた配球や攻めをもっと工夫をこらす余地があるのでは?と少し思ったのだ。

この記事はここまで。

永井怜 2010年 vs右打者 球種別被打率
20110128data7.jpg

---------------------------------------------

---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。ブログ更新の活力になりますので、是非ポチっと御協力お願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは1位になったり2位になったりです。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。
blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス

ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
37位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}