FC2ブログ

【記録】 楽天イーグルス 田中将大 2010年投手成績まとめ( 1 ) RSAA, 奪三振率、与四球率、DIPSほか

スポンサーリンク

球史に残る大記録ならず...

2010年開幕前、僕は田中将大投手に、球史に残る大記録の達成を夢見ていた。
マー君ならできる!決して不可能な目標ではない!そう確信していた。

それは、このブログで何度も書いてきた「高卒プロ4年通算50勝」の大記録だ。
田中の場合15勝で50勝達成となり、もし達成すれば史上4人目の快挙となるはずだった。
ちなみにこの記録は、ダルビッシュや涌井、桑田ですら成し遂げることができなかったものである。

相次ぐ故障が痛かった!(>_<)

結果は11勝どまりで通算46勝。白星を4つ残した。
(今度は高卒プロ5年通算50勝の記録に挑むことになる。達成すれば史上10人目)

その意味で、終わってみれば、故障による離脱が相当痛いシーズンとなってしまった。
自主トレでの右足首捻挫に始まり、7月の太腿肉離れ、8月の右大胸筋部分断裂。
7月と9月、2ヵ月を棒に振ってしまったのである。

5位浮上をかけてオリックスと争っていた7月にフル稼働できていれば・・・等と考えると、
ここ2年連続で先発ローテを守ることができていないのは、マイナスポイントだ。
(聞くところによるとローテを完全に守ったのは1年目の2007年のみらしい)

怪我を完全に治し、今一度タフネスなからだづくりをして開幕に臨んでもらいたいところ、そう切に願っている。
星野監督も田中にはエースの期待をかけている!

クオリティスタート率は90%。田中の2010年は要所をしめるピッチング。

とはいえ、離脱はあったものの、パフォーマンス・レベルでみれば、2年連続防御率2点台は立派な数値だと言える。先発投手のゲームメイク力を診るクオリティスタートは20試合投げて18試合でマーク、
一般に60%が合格ラインと言われる率は90.0%というほぼ完璧な内容を残した。これも凄いことだ。

さらに、試合の流れで最重要ポイントとなる先制点奪取を見ても、
20試合のうち12試合で味方打線が先制点を取るまで失点を許さなかった(チームの勝敗は12試合8勝4敗)。

これ以降で悪所も相当書いていくけど、
本人も認めているように決して満足できる投球ではなかったかもしれないが、
一言で言えば、まさに要所を締めたピッチング、だったと言えるのではないだろうか。
投球術というレベルにおいては、田中は紛れもなく成長を遂げている、と言えそうだ。

■田中将大 2010年 主な投手成績
試合数20、投球回155、完投8、11勝6敗、防御率2.50、WHIP1.23、K/BB3.72、
奪三振率6.91、与四球率1.86、BABIP.323、DIPS3.04、RSAA27.48


リーグ平均投手と比較した場合どれだけ失点を防いだか?を診るRSAAでは、27.48を記録。
岩隈(28.58)とほぼ同値を示すもので、余人をもって代えがたいのが数値からでも確認できる。
RSAAのみで見れば、年々、エース岩隈との差はより一層縮まってきていると言えそうだ。
(パリーグ防御率ランキング10でRSAAではダルビッシュ49.06、武田勝33.89、岩隈に続く4位)

◎田中将大と岩隈久志の年度別RSAA
2007年・・・田中-1.52、岩隈-7.65
2008年・・・田中11.15、岩隈47.95
2009年・・・田中40.46、岩隈19.5
2010年・・・田中27.48、岩隈28.58
合計・・・田中77.57、岩隈88.38


被本塁打と与四球が少なく三振が取れる投手を評価するDIPSレベルでみると、
2010年は3.04を示した。田中のDIPS年度別推移は3.38、2.88、3.00となっているため、
2010年も例年同様の活躍ぶりだったのが確認できる。

事実、与四球率(9イニングに何個四球を出したか?)の推移は3.28、2.81、2.04、そして2010年は1.86であり、
これはプロ入り最高値を記録した。この値は、パリーグ防御率ランキングTOP10内では
ダルビッシュや杉内、和田、涌井を上回る4位の良値である。
2010年の田中は四球を出すことの少ない投手だったと言えそうだ。
(しかし、押し出し四球が2回あったことも付記しておく(苦笑) 4/25日ハム戦、6/13ヤクルト戦)

本塁打も打たれなかった。9イニング当たり何本の一発をくらうか?調べてみると、
その推移はルーキーイヤーの0.82本をワーストに0.47、0.62、そして2010年は0.52本と最少を記録した。
(2010年は9本打たれた。ソロが5本、2ランが1本、3ラン2本、満塁が1本=5/9日ハム戦・高橋に)

四球も少なく、一発も少なかった。
しかし、三振が取れず、安打を良く打たれたシーズンでもあった。


奪三振率の推移を確認すると、9.47、8.29、8.11、2010年は6.91とプロ入り最も低い数値だった。
(パリーグ防御率ランキング10で9位。10位が打たせて取る武田勝のため、事実上、最下位といえる)

被打率も09年.240から2010年は.270へと悪化した。
(vs右打者.237→.254、vs左打者.248→.288)
(.270はパリーグ防御率ランキング10の中でワースト。ちなみにダルビッシュは.216)

被安打率(打席÷被安打)でも、4.37、4.25、4.54という推移で2010年は4.04、
4.04打席(打者)に1本ヒットを打たれる結果となり、芳しくなかった。

ヒットを良く打たれながらも防御率が2点台に収まり、WHIPでも1.23(09年は1.12)と良値だったのは、
ひとえに四球数が少なかったからとも言える。

(次のエントリに続く)


---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。読んだよ!の合図がわりにポチッと御協力宜しくお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらは1位になったり2位になったりです。宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ


おかげ様でブログラムでも良い位置につけています。
blogram投票ボタン



SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス
ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
43位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}