FC2ブログ

【記録】 楽天イーグルス 草野大輔選手 2010年 各種打率 打順別 打席別 カウント別 塁状況別 対戦チーム別 勝敗試合別 球種別

スポンサーリンク

今回は“遅れてきた天才打者”草野大輔選手の打率詳細を振り返ってみたいと思います。

その前に...

アンケート募集しております!
「楽天イーグルス2011年開幕投手予想。岩隈?田中?」
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_47775_0.html宜しくお願いします。

まずは、今季の主な打撃成績から。

■草野大輔 2011年 主な打撃成績 (カッコ)内は昨年の成績
OPS・・・.692 (.775)
出塁率・・・.313 (.364)
長打率・・・.379 (.411)
打率・・・.257 (.305)
試合数・・・122 (122)
打席数・・・378 (511)
打数・・・346 (462)
安打・・・89 (141)
二塁打・・・25 (28)
三塁打・・・1 (0)
本塁打・・・5 (7)
塁打数・・・131 (190)
得点・・・33 (55)
打点・・・48 (54)
得点圏打率・・・打率.279 (86打数24安打1本塁打 打点40 三振9 四球6 死球3 犠飛2)
三振・・・43 (60)
四球・・・23 (27)
死球・・・6 (17)
犠打・・・1 (3)
犠飛・・・2 (2)
盗塁・・・0 (3)
併殺打・・・7 (15)
IsoD・・・.056 (.059)
BB/K・・・0.535 (0.450)
RC27・・・3.91 (5.32)
RC・・・39.26 (67.17)
RCAA・・・-6.75 (5.88)


やはり、バットマンはバットで結果を残さなければならない。

草野選手の2010年シーズンはこれに尽きるのではないだろうか。

昨年も内外野の複数ポジションで出場位置を確保するなど守備に関しては苦労したシーズンだった。それでも打撃が絶好調だったため、リンデン加入前までは主に外野(左翼)で、後半戦は中村紀が不調だったこともありサードで起用され、120試合スタメンで出場し続けることができた。

今季は111試合出場したが、「春季キャンプでは打撃好調。しかしシーズンに入ると、三塁は中村紀洋、左翼はリンデンとの併用となり」(10/19河北新報「イヌワシ戦士 勝負の秋/草野大輔内野手/不完全燃焼のシーズン」)、先発回数は90試合と減少した。

下記に4/21までのスタメンをまとめてみたが、これをみると、草野の本職であるサードは、フィリップスが一塁のスタメンを外れた試合で中村紀がファーストへ回る時のみ出場しているのが判る。

◎開幕~4/21までのスタメン履歴


ブラウン監督としては、来日初年で好成績を残した両外国人に期待するところは大だったはずだ。開幕してなかなか調子が上がってこなかった両人だが、出場し続けることでコンディションを調整してもらいたいという思いだったのだろう。結果的にこれが裏目になってしまった。このしわ寄せが草野にも大きく振りかかってきた。

しかし、客観的に観て、あの時点ではそれしか選択肢が無かったようにみえる。両外国人をどこで見切りをつけるか?その早い・遅いの違いはあるにせよ、草野と両外国人を天秤にかけた場合、慢性的な長打力不足に悩んでいた楽天にとって、長打力のある両外国人を選択し、ある程度の期間彼らに望みを託す采配にならざるを得ないのは、想像に難くない。

◎草野、リンデン、フィリップスの2009年打撃成績
草野・・・OPS.775、長打率.411、RC27・・・5.32
リンデン・・・OPS.862、長打率.496、RC27・・・6.17
フィリップス・・・OPS.839、長打率.500、RC27・・・5.77


長打力が無い中距離打者のアベレージヒッター・タイプ、しかも、守備はお世辞にも上手いとは言えないレベル。そうなると、やはり、バットで安定した率を残し続けなければいけない宿命なのだ。どうやら今季はそれができなかった。

月度別の成績をみながら、もう少し丁寧に振り返ってみたい。

4月が全てだった...

■草野大輔 2011年 月度別 打撃成績


今季の草野に関して「中盤以降は先発出場が増えたものの...」(前掲河北新報)という論調が目立つが、決して正確ではない。下記のとおり、草野がスタメンで最も多く出場した月度は実は4月にあたる。25試合中20試合で先発起用されていた。

◎草野大輔 2011年 月度別 スタメン出場回数
20101210DATA10.jpg

シーズン中、しばしば解説者が草野の起用に関して、スタメンで起用し続けていけばトータルで打率3割を残していくタイプの選手だから使い続けてほしい、とコメントしていたのを思い出す。僕も草野はそのような型の選手だと思っている。

しかし、試合数の8割で先発出場、スタメンで使い続けた4月に結果を残せなかった。僕はこの4月が全てだったと感じている。4月月間成績は打率.214、月間打率で今季最低の数値だ。出塁率も3割を切った。ブラウン監督の草野に対する信頼度はここで決定的になったようにみえる。そして、その信頼関係は、7月8月と3割近い率を残すものの、決して回復するには至らなかったように思う。

もう少し細かくみると、、、

vs左投手打率、昨年.323から今季.207へ下降。左腕先発の場合スタメンを外される機会が多かった今季。

■草野大輔 2011年 左右投手別 打撃成績
20101210DATA4.jpg

今季、草野が打率3割を残せなかった最大要因の1つは、左投手から打つことができなかった点にある。

昨年は161打数52安打の打率.323(右は.296)と打っていたのが、今季は82打数17安打の打率.207と1割以上も下げてしまった(右は.273と微減)。

下記に、相手の先発が左腕だった時の試合数と、草野が先発出場した数を月度別にまとめてみた。

20101210DATA11.jpg

これをみると、4月までは相手先発が左腕でもスタメン起用されているのが判る。3・4月合計だと10試合中7試合で70.0%の出場割合だったが、5月以降は激減、5~9月合計では46試合中19試合で41.3%の起用に止まった。

4月の対左腕先発の打撃成績は17打数1安打(1本塁打=4/10Bs中山から)の打率.059。この時点でブラウン監督は草野は左投手に弱いという印象を抱いてしまったはずだ。

やはり、草野の今季勝負どころは4月だったのだ。

今オフ~来春まで、猛練習を積んで守備が劇的に上手くなる。そのような可能性は低い。そのため、守備を売りにして出場機会を増やすことはできそうもない。

とすれば、松井稼、岩村が戦列に加わった来季は、今季以上に出場機会が限られてくることは想像に難くない。

恐らく松井稼は遊撃、岩村は三塁でほぼ決定。残されたニ塁は、本職の内村や高須らと争うことになる。どうやらニ塁での出場は困難な模様だ。となると、左翼での出場を伺うことになるが、ここにも後半戦好成績を残した牧田を始め、中村真、二軍の横川、楠城らがライバルとして立ちはだかる。(中川の左翼コンバートもあるかもしれない)

さらに渡辺直人が晴天の霹靂で金銭トレードで放出されたように、球団編成部/星野監督が草野を余剰戦力と見なす可能性も、あながち否定はできない。

草野が置かれた状況はますます厳しい。

“遅れてきた天才打者”は、与えられた持ち場で、バットで好結果を残し続けるしか、ない。

立ち込めてくる暗雲を快音一閃で吹き払ってもらいたい!

下記のデータは、箇条別に簡潔にみて終わりにしたい

■草野大輔 年度別 BABIP
20101210DATA6.jpg

運にどれだけ左右されたか?を診る指標としてBABIPが多用されている。BABIPはフィールドに飛んだ打球が安打になる割合で平均3割前後に落ち着くとされている。草野の5年合計のBABIPは.312。これを基準にすると、いずれも3割を記録した2007年2009年は出来過ぎのシーズンにあたり、2010年は不運のシーズンになる。

確かに、今季の草野、快音残しても野手の正面を突く...そんな光景が多かった。一連の成績を調べるために、毎試合つけていた打席表を再度チェックしてみたが、備考欄に「快音も・・・」という記載が目についた。先日の打球方向の時にも触れたが、快打が最悪の併殺になってしまったケースも2回ある。

(6/25ソフトバンク戦の9回。1死2,1塁で馬原から打った一ラが走者戻れずの併殺に。同じく7/21オリックス戦の4回。無死1塁で長谷川から放った痛烈なライナーも一塁正面を突き、ゲッツーに)

■草野大輔 2011年 打順別 打撃成績


昨年は2番と9番以外の打順で起用された草野だが(チーム事情で1番も4番も打った)、今季は主に6番7番の下位打線の起用が多かった。3番に起用されたのはその前カードで当たりが出ていた7/10(vs涌井)と7/11(vs帆足)の西武戦2試合である。

ところで、今季打率3割いかなかった最大要因の1つに、(BTの全投手対戦成績のところでも触れたが)固め打ちができなかった点も挙げられる。今季の猛打賞は8/5ロッテ戦、8/27西武戦、9/14日本ハム戦の僅か3回のみ。無安打に終わった試合も多かった。

ブラウン前監督は猛打賞の選手を翌日スタメンで使用しないケースが多い。そんな意見をよく耳にしたが、もちろんそれは誤った情報である。草野もそんなことはなく、3試合とも翌試合で起用している。

また1試合2安打以上放った次の試合でも、22試合中19試合で先発起用している(チャンスは与えていた、とも言える)。ところが、1試合2安打以上は合計22試合あって打率.534(88打数47安打)を記録したが、翌19試合の打撃成績は打率.246(69打数17安打)とふるわなかった。自らのバットで良い波に乗ることもできなかったと言えそうだ。

■草野大輔 2011年 打席別 打撃成績
20101210DATA2.jpg

特に顕著なのが第1打席での打撃成績の悪さである。2打席目以降は極端に悪い数値ではない(2~5打席の合計打率は.284)。

1打席目が全体の成績を大きく下げてしまったが、今季の草野は代打起用されるケースも多かった。当然代打の打席は1打席目に入るわけで、代打の成績とスタメン時の第1打席と分けて考えるべきかもしれない。

代打成績を確認すると、18打数3安打2打点4三振1四死1二塁打1三塁打の打率.167。

スタメン時の第1打席は84打数17安打の打率.202。

代打でもスタメンの第1打席も極端に悪いのは変わらなかった。

■草野大輔 2011年 試合展開別 打撃成績
20101210DATA3.jpg

今季は、勝ち試合、リード、同点時などではそれなりの値を残していたものの、敗戦時、ビハインド時の分が悪い展開では打率が2割前半と低迷、明暗分かれたかたちとなっている

■草野大輔 2011年 球種別 打撃成績


再掲。ゾーン打率の記事と合わせてご覧頂きたいが

◎高めのストレート
◎スライダー
◎シュート


の3球種が苦手となっている。一方、打者の多くが手こずっている落ちる系の球、フォークやチェンジアップにはそれなりに好反応できている点が草野の強みだ。

■草野大輔 2011年 塁状況別 打撃成績
20101210DATA8.jpg

得点圏打率は.279だが、中でも、満塁時が滅法強かった。1試合に2度満塁での打席が回ってきていずれも適時打を打ったのが8/27西武戦である。打たれた野上にしてみれば、相当嫌な印象が残ったに違いない。

◎草野大輔 2011年 満塁時の打席履歴


■草野大輔 2011年 対戦チーム別 打撃成績
20101210DATA5.jpg


■草野大輔 2011年 カウント別 打撃成績
20101210DATA7.jpg

---------------------------------------------
ベースボールタイムズオンライン
も宜しくお願いします。最新記事は12/3更新の「【記録/保存版】 楽天イーグルス 草野大輔 2010年 対戦投手別 対戦成績 打撃成績」です。
---------------------------------------------

---------------------------------------------
ブログ村に参加しています。長らく「楽天イーグルス」部門1位でしたが、現在2位陥落中...(ガクッ!!) なにとぞ御協力宜しくお願い致します。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ

SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルス


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}