FC2ブログ

【気になる記事】 岩隈久志:楽天に残留 アスレチックスとの交渉決裂

スポンサーリンク

今オフ岩隈のポスティングによるMLB挑戦の夢が断たれたと各紙が報じています。

決裂か?というニュアンスで交渉が大変厳しい状況であることは昨日もメディアで報じられていましたが、今朝、スポーツ新聞各紙が「決裂」と報じ、ほどなくして一般紙もその旨を伝えています。

各メディアの見出しを幾つか並べてみると、
サンスポドットコム:「岩隈とア軍の交渉決裂 複数地元紙が報じる」
スポニチアネックス:「ア軍の目的はライバル妨害?初交渉翌日に決裂していた」
時事ドットコム:「岩隈、楽天残留か=アスレチックスと破談-米紙」
朝日新聞:「岩隈、アスレチックスと交渉決裂 来季も楽天に残留」

となっています。とりあえず毎日新聞の記事を引用。

---引用開始---
「岩隈久志:楽天に残留 アスレチックスとの交渉決裂」(毎日新聞 2010年11月22日 11時11分)
http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20101122k0000e050024000c.html
楽天の岩隈久志投手 ポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍を目指していた楽天の岩隈久志投手(29)と、独占交渉権を得ていたアスレチックスの交渉が決裂したことが22日、分かった。岩隈の代理人側は「再び両者が交渉のテーブルに着くことはない」と話しており、岩隈の楽天残留が決まった。同制度で応札がありながら、交渉が決裂するのは初めて。

 岩隈の代理人側は「1度目の金額提示の後、交渉によって歩み寄りがあると考えていたが、アスレチックスは『この額がのめないなら、来なくてもいい』という考えのようだ。受け入れられる条件ではない」と話した。

 岩隈が海外移籍可能なフリーエージェント(FA)権を得るのは順調にいっても来季中。メジャー志向を強く持っていたため、入札制度を利用して1年早く大リーグに移籍することを目指していた。

 入札制度を利用した交渉が決裂した場合、翌年11月まで同制度での移籍は認められない。岩隈は楽天に残留し、海外FA権を来オフに行使して改めて大リーグ移籍を目指すことになりそうだ。【藤野智成】
---引用終了---


大幅な戦力補強を順次進めているさなかの星野楽天にとって、エースの岩隈投手が来年もイーグルスのユニフォームを着てマウンドに立つ見通しが立ったのは、チームの戦力という点からいえば、万々歳ですね! これで来季は最下位から一気に優勝争いもできるというものです!(球団経営という点で言えば、複雑な胸の内かもしれませんが)

先日も触れたように岩隈投手の過去3シーズンの好活躍ぶりは、ちょっとやそっとじゃ代替がきかないもの。

リーグ平均投手と比較してどれだけ失点を防いだか?を診るRSAAではきわめて高い値を記録しています。残留ということであれば、余人をもって代えがたい大穴が空かずに済むわけですから、これほど嬉しいことはありません。

ただ、正直に言うと、1ファンとしては非常に微妙な心模様です。

MLB挑戦の報道がされて自身も表明してからというもの、もう少し日本でのピッチング姿に酔いしれていたいと寂寥感を感じる一方で、本人がそのように決意を固めたのだからMLB挑戦を温かく応援していこう!とこちらも決意を1度は固めたわけです。てっぺん目指してチームが戦う意味においては嬉しい半面、1ファンとして腹を括ったその心がどこかしら宙ぶらりんな感じがして、ヘンな気分です。

それに、はたして本当に決裂なのでしょうか?

12月8日14時(日本時間)の交渉期限まで、たっぷり2週間ちょっと、あります。まだまだ何かあるような気もします。

オークランドアスレチックスのGMは『マネーボール』の主人公で物語の中でも交渉事に辣腕ぶりを発揮していたあの海千山千のビリー・ビーン氏です。スポニチが報じているようにライバルチームへの妨害行動ということも大いに考えられる点ですし、いろんなことが可能性として考えることができる相手です。

各紙決裂に至った要因は、岩隈サイドが想定していた年俸とアスレチックス側が提示した年棒には大分差があると伝えています。当然WBCでの好活躍、日本球界でのトップクラスの好成績を残している岩隈投手ですから、代理人のアーン・テレム氏も容易に譲歩することはできないはず。それに、松坂投手の時同様にここで妥協したら後からMLB挑戦する選手にも影響を及ぼしかねないという配慮もあるかもしれません。

しかし、本当に本当に本当に本当に、MLB挑戦をしたいのであれば、年俸の多寡や配慮等でするものではないはず。

日本での現在の年俸とほぼ同じ額を提示されたという話ですが、(今回の件に限らず)そもそも海を渡るだけで年俸が一気に何倍にも跳ね上がるというこれまでの状況はどうなのか?と常々疑問に感じていましたし

(一方で過去の日本人選手がMLBで高評価=高年俸を獲得できた点は、誇りにも思っています。(←日本から見た高年俸は向こうでは普通の年俸というツッコミを入れる自分もいる)

年俸が日本と変わらない額であれば、何苦楚!と自身のプレーで見返してその評価と年俸を上げていけばよいじゃない?とも思います。(まあそう簡単な話ではないことも想像できるのですが...)

それに、時間的な問題をどう考えているのでしょうか?

選手生命を考えて1年でも早くMLBの舞台で投げたいのか?

それとも、

FAを待って11年オフのタイミングでも十分OKというあらかじめ時間的余裕を持たせた挑戦なのか?

状況において、そのどちらでもありえるのか?

また、楽天ファンの多くは残留を望んでいるかもしれませんが、プロ野球ファン全体で言えば、それなりのファンが岩隈投手のMLB挑戦に夢をみているわけです。ファンの夢の結末はどうなってしまうのか?

岩隈投手の「真意」がここへきて見えづらくなってきた印象を受けます。

◎岩隈のRSAA
2005年・・・-22.23
2006年・・・-0.69
2007年・・・-7.65
2008年・・・47.95
2009年・・・19.50
2010年・・・28.58


---------------------------------------------

ベースボールタイムズオンラインの記事も宜しくお願いします。
このコーチに期待、中川大志を育ててもらいたい
【記録/保存版】 楽天イーグルス 嶋基宏 2010年 対戦投手別 対戦成績 打撃成績
---------------------------------------------
ブログ更新の源はひとえに皆様の一押しです。何卒ブログ村への1票ご協力宜しくお願い致します。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村
人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ

SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルスブログパーツ




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
32位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}