FC2ブログ

【記録】 楽天イーグルス 鉄平 2010年 球速別 球数別 打撃成績、ボールゾーンスイング率

スポンサーリンク

鉄平の今季打撃成績の話。

ここまで「ゾーン別打率」「全投手対戦成績」「打率詳細」の三部作に続いて、前回は「打球方向」を補足しました。今回は「球速別/球数別の打率、ボール球スイング」について触れてみたいと思います。

■球速別の打撃成績

結果球の球速を記録するようになったのは8/29西武戦からです。そのため、シーズン成績ではないのでご注意ください。この期間の打撃成績は、9/12~9/14にかけて9打数連続安打も記録するなど、52打数21安打の打率.404と絶好調でした。

それを踏まえた上で、、、

■鉄平 2010年 球速別打撃成績(8/29~シーズン終了)
◎150k/hm~・・・該当無し
◎140~149k/hm・・・打率.368 (19打数7安打3打点 1三振 3四死 1犠飛 1二塁打)
◎130~139k/hm・・・打率.500 (18打数9安打3打点 1三振 3四死 1二塁打1三塁打1本塁打)
◎129k/hm以下・・・打率.333 (15打数5安打4打点 4四死 2三振 2二塁打)


昨年のような打棒をみせた8/29以降の鉄平、調子の良い時は(150k/hm台が無かったものの)どの球速帯でもアジャストできているといえそうです。中でも130k/hm台の球速は得意とするところ、ですね。

さらに細かくみていきます。

140k/hm台は
結果球がストレート・・・17打数6安打の打率.353 (1二塁打)
結果球が変化球・・・2打数1安打


となっており、この球速帯の安打はほとんど直球を打って稼いでるのが確認できます(もっとも140キロを越える高速変化球を常時投げる投手はそういないため、この結果はどの打者でも同じ傾向に落ち着くと推測できます)。7安打のゾーンを調べてみると、コース番号でいうと3,7,8,9,13番となっており、苦手コース(ゾーン別打率の項参照)のインハイ7、外角中段14、アウトロー19番には1度しか手を出さず(これも安打にしている)、自分の得意なゾーンに来た上段~中段の打ちごろの球をしっかり捉えていることがみてとれます。

130k/hm台は
結果球がストレート・・・10打数5安打の打率.500 (1二塁打 1三塁打 1本塁打)
結果球が変化球・・・8打数4安打の打率.500


ストレートと変化球、ほぼ均等に打ち分けて好結果を残していますね。直球で放った安打5本のゾーンをみると、9,12,13番。この3ゾーンは今季鉄平の直球におけるホットゾーンになっています。(一方凡打5本のゾーンをみると苦手コースに3球、どちらでもないコース1球、ホットゾーン1球という内訳)

129k/hm以下は
結果球が直球のケースは無く(120K台の直球を常時投げるのはロッテの渡辺俊ぐらい?)、全て変化球です。安打5本の結果球ゾーンをみると、3,8,9,13,13。配球図を内角・真中・外角に分けた時の真中ゾーン、失投の変化球を安打にしていますね。

■鉄平 2010年 球数別打撃成績

1打席ごとの球数の記録は開幕~シーズン終了まで記録が手元にあります。ここはカウント別と重なるところがありますので、さらっといきます。

「粘れば粘るだけ打者が投手の球にタイミングが合うようになって好結果につながる」とか「投手が根負けして四球を出しやすい」等としばしば言われますよね? 

そこで、調べてみました。最短でフルカウントになるには5球を要しますから、6球以上のケースのみみていきたいと思います。
(丁寧に書くと、6球のケース全てフルカウントではありません。2-1からファウルで粘って6球、というような事例が多々あります。ここではカウント別に触れることが趣旨ではないので、カウント別は考えません)

6球・・・打率.396、出塁率.536 (53打数21安打8打点 12三振 16四球 4二塁打 1三塁打 1本塁打)
7球~11球合計・・・打率.190、出塁率.292 (21打数4安打4打点 11三振 3四球 2二塁打)
-------------------------
7球・・・打率.222、出塁率.500 (9打数2安打4打点 5四球 3三振 1二塁打)
8球・・・打率.250、出塁率.250 (8打数2安打 3三振 1二塁打)
9球・・・該当なし
10球・・・打率.000、出塁率.000 (3打数0安打 2三振)
11球・・・打率.000、出塁率.000 (1打数 1三振)


これを見ると、鉄平に限っていえることは、球数6球の時は投手不利・鉄平有利の状況になる、しかし、7球目以降は一転して鉄平不利・投手有利になってしまう、ということです。

データスタジアムさんによると、今季パリーグの平均P/PA(1打席に要する球数。打席数÷球数)は3.93だそうです。鉄平のP/PAは平均を若干下回る3.85。1打席=3.85球。そのため、鉄平の粘りの打席は4球以上から始まると考えたほうがよいのかもしれません。

■ボールゾーン球スイング

安打や凡打等の結果いかんに関わらずボールゾーン(Bゾーン)の球をスイングした回数を記録するようになったのは8/21ホークス戦からです。該当期間は鉄平が絶好調だった時期にあたります。

◎Bゾーン・スイング率・・・11.3%(全256球のうち26球のB球を振る。8.83球に1球)

◎1打席の中でBゾーンの球を1球でもスイングした時の打撃成績
打率.227、出塁率.292、OPS.656・・・22打数5安打1打点 3三振 2四球 1二塁打 1三塁打

◎1打席の中でBゾーンの球をスイングしなかった時の打撃成績
打率.500、出塁率.583、OPS1.366・・・46打数23安打12打点 1三振 12四死 2犠飛 1犠打 5二塁打1三塁打2本塁打

ボールゾーンに手を出してはいけない。当たり前で初歩的な話ですが、こうして数字を突きつけられると、その重要さを改めてひしひしと確認することができます。これほどまで結果が明暗分かれるとは!

Bゾーンの中でもホットゾーンを持っている鉄平、それに絶好調の時の鉄平です。しかし、Bゾーンに1球でも手を出してしまうと打率.227の散々な結果になってしまうということ、ですね。言いかえれば、Bゾーンの球を振りに行かなかった時は通常よりも選球眼が冴え、集中の度合いが高まっていたともいえます(三振1個に対し四死12個!)。もっとも、中村真人の場合はまた違った話になるのでしょうが(苦笑)


-----------------------------------------------

ベースボールタイムズウィークリー紙のオンラインサイト、ベースボールタイムズオンライン「アウトサイドレポート~スタンドとTVから見たプロ野球~」を昨日10/20更新しました。
内容は高須洋介選手の2010年全投手別対戦成績・打撃成績です。
下記URLからどうぞ。
http://www.baseball-times.jp/blogs/shibakawa/101020
---------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。只今ブログ村のランキングに参加中!このポチッが更新の最大の励みになります。何卒よろしくお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します( _ _)人
人気ブログランキングへ




SEO対策:楽天イーグルスSEO対策:東北楽天ゴールデンイーグルスSEO対策:鉄平ブログパーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
30位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}