FC2ブログ

【試合評】 2010年9月16日(木) ●楽天イーグルス0-3日本ハム これで対ファイターズ戦戦績は11勝11敗の五分に...

スポンサーリンク

◇◇◇緊急アンケート実施中!◇◇◇
「楽天・岩隈、今オフMLB挑戦にあなたは賛成?反対?」
只今ブログ村アンケートフォームで受付中です。既に多数の皆さんに投票頂いております。一人でも多くの方の御参加をお待ちしております。集計結果をこのブログで発表しますが、どの意見も(よっぽど酷いのは別ですが)否定するようなスタンスには立ちませんので、是非お気軽に1票を投じて下さい。よろしくお願いします。下記URLです。
http://baseball.blogmura.com/board/vot/voting15_46649_0.html
-------------------------------------------------------------

結果球は、武田勝の内角低めのストレートでした。

膝元のストライクゾーンぎりぎりに、まるで針の穴を通すかのような精密さで投じられた127キロの直球でした。

女房役・大野のミットに収まり、球審のストライク判定がくだった次の瞬間、得点圏打率の鬼、高須はなんともやるせない表情を顔面に浮かべ、思わず天を仰いだのでした。

絶好の得点機だった4回2アウト満塁の場面のことです。

今季ここまで得点圏打率.360(得点圏出塁率.414)の“仕事人”高須に打席が回ってきました。初球は外角のクサイところにストレートを投げ込みストライク判定、2球目は内角の厳しいコースを直球で突くピッチングで、高須は判定に不服の表情なものの、ストライクのコール。カウント2-0と追い込まれて、3球目はアウトローにストレートを投げ込むもお辞儀してボール。カウント2-1からの4球目が上記の結果球となりました。

得点圏では何年にもわたって勝負強さをみせ選球眼も良い高須を見逃し三振に斬って取るのですから、これだけをみても、武田勝のピッチングは好調だったと言わざるを得ません。

それに、武田勝が記録した奪三振4個のうち3つが実に見逃し三振でした。ストライク率も直球、変化球ともに高い数値を記録しており、持ち味の制球力はこの試合も高いレベルで安定していましたね。

まさに、最近6試合(7/31西武戦~9/10ソフトバンク戦)防御率1.61・5勝負けなしの好調の波にそのまま乗った、敵ながらナイスピッチングでした。

その裏には楽天の拙攻もあったわけですが、

攻撃面で1つ触れるとすれば、初回ですね。聖澤が安打出塁してノーアウト1塁の場面。渡辺直人には送りバントをさせるべきでした。

先日検証したように、今季の楽天、無死1塁の状況で強攻作戦の時の得点確率は42.2%、バント作戦は36.2%です。

このシチュエーションでのアウト1個分の重みは得点確率10.6%ぶんに相当します。

アウト1個減ると、強攻作戦といえど一気に得点確率が31.6%までダウンするのです。つまり、強攻作戦でアウト1個減った場合、バント作戦に軍配があがるといえます。

この状況で、渡辺直人は限りなくアウトに近い存在でした。

というのも、2009年~2010年(7/2時点)での渡辺直人の対・武田勝対戦成績は20打数1安打(四球なし・・・ということは追い込まれてから粘って四球を選ぶのが得意な渡辺直をもってしても武田勝からは四球を奪うことは容易ではないってことですねぇ)の打率.050でした。そのため、アウトとひきかえに走者を進めるべきでしたね。

たいへん悔しいですが、これで対ファイターズ戦も11勝11敗と五分になりました。後半戦成績は17勝25敗1分(借金)、通算成績133試合57勝73敗3分(借金16)、残り試合11となっています。

試合を振り返る前に、皆さんの1票をブログ村へどうぞ宜しくお願いします。ブログ更新の活力源となります。何卒、宜しくお願い致します。m(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス0-3北海道日本ハムファイターズ


さて、イーグルスの先発・川井の投球内容を振り返って終わりにしたいと思います。

5回を投げて、被安打3、被本塁打0、奪三振2、与四球3、失点3、自責点3。

数値だけみればクオリティスタートを記録しなかったのですから合格点は与えることはできません。

しかし、川井にしては、まあまあ良いピッチングをしていたと思います。

立ち上がりから制球も安定しており、4回1死から稲葉にセンター前へピッチャー返しのゴロヒットを打たれるまでは、ファイターズ打線に安打を許さないピッチングを展開していました。

カギとなった5回の大野と飯山の2連続四球は、嶋の意図を感じることができる丁寧な配球をしており、川井も制球が荒れていた訳ではなく、クサイところを攻めた結果での2四球でした(特に大野は昨日バットで活躍しています)。

また、大野、飯山の両打者が誘い球に手を出さず、よく球を見極めたとも言える内容でした。結果が悪かったため正解とは言えませんが、それでも決して間違ってはいない攻めだったかと思います。

飯山の結果球がボール判定になった時、川井は思わず天井を仰ぎみたシーンシーンがありましたし。意図があって攻めた結果だと思います。

ただ1つ誤算をあげるとすれば、右打者への持ち球として川井が使用しているシンカーが、大野、飯山の右打者2人に、何らかの事情で投げなかった(投げれなかった?投げさせなかった?)のが大きいかと思います。

この試合、川井がシンカーを投げたのは僅かに2球。4回森本の結果球と同回小谷野の初球です。森本へのシンカーは外角高めに浮いて入ってくるものでした。結果は森本がひっかけてくれてサードゴロで助かりましたが、甘い球でした。小谷野への初球は明らかにすっぽ抜けて外角高めへ。嶋が飛び上がって捕球するほどの球でした。....とまあこんな調子のコントロールでした。それに、4回まで投げていないのですから、ブルペンの段階で調子が悪かったのかもしれませんね。

通常どおり、シンカーが右打者に対して使えることができていたら、また違った組み立てがあったろうと思います。

田中賢に犠飛を打たれ1点を先制されて、なおも2死3,1塁の状況。バッターボックスに迎えたのは森本でした。初球のカーブを左翼へ適時打となる二塁打を打たれるわけですが、この球は2球目以降の緩急を利用するために投じられた布石のカーブでしたね。しかも決して甘い球ではなかったのですが、まるですっと薙ぎ払うかのように簡単に打たれてしまいました。打った森本を褒めるより仕方ないかな?というところです。

この記事はココまで。↓↓↓下記のとおり、川井の平均球速を算出してみました。

■楽天・川井のストライク率、平均球速、球種別割合、配球図
〔ストライク率〕ストライク枠に入った球の割合
全体55.8%、直球52.4%、変化球60.0%
〔平均球速〕
St・・・135.8km/h(打者1順目・・・136.3km/h、打者2順目以降・・・135.5km?h)
Cur・・・115.9km/h
Sl・・・123.0km/h
Sin・・・121.5km/h
〔球種別割合〕結果からみた球種別成績
vs左打者(24球):St11、Cur1、Sl12、Sin0
vs右打者(53球):St31、Cur12、Sl8、Sin2
打者1順目(31球):St19、Cur5、Sl7、Sin0
打者2順目以降(46球):St23、Cur8、Sl13、Sin2
20100916DATA6.jpg
〔配球図〕各コースの上段は直球、下段は変化球
20100916DATA4.jpg

■日本ハム・武田勝のストライク率、球種別割合、配球図
〔ストライク率〕
全体59.6%、直球54.1%、変化球63.2%
〔球種別割合〕
94球:St37(39.4%)、Sl25(26.6%)、Ch17(18.1%)、Sh15(16.0%)
〔配球図〕
20100916DATA5.jpg

■両軍救援陣の球種別割合
〔日本ハム〕
建山(右)16球・・・St7、Sl9
林(左)7球・・・St4、Fo3
武田久(右)10球・・・St5、Sl3、Cur1、Sh1
〔楽天〕
木谷(右)44球・・・St16、Sl21、Fo6、Cur1

■楽天投手陣の奪空振り履歴
川井
1回小谷野6球目・・・Cur(空振り三振) 8
5回稲葉4球目・・・Sl 25
5回稲葉6球目・・・Sl(三振逃) 24
木谷
6回小谷野6球目・・・Fo(空振り三振) 23
6回糸井4球目・・・Fo(空振り三振) 19
7回飯山2球目・・・Sl 17
7回飯山6球目・・・Sl(空振り三振) 6
8回田中賢7球目・・・St(空振り三振) 7
8回森本1球目・・・St 8

■両軍の打席結果とカウント推移
20100916DATA2.jpg
20100916DATA3.jpg
----------------------------------------------------
「ボール球」・・・ボールゾーンの球をスイングした回数
「球速」・・・結果球の球速
ストレート・・・St、カーブ・・・Cur、スライダー・・・Sl、カットボール・・・Cut、シュート・・・Sh、フォーク・・・Fo、シンカー・・・Sin、チェンジアップ・・・Ch、パーム・・・Pa、ナックル・・・Kn、ストライク-ボールの順です。カウントの太文字はストレート、太文字ではないのは変化球です。
文中に出てくる番号は配給図のゾーンを示しています。
配給図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から右に、折り返して左→右と1,2,3と番号をふると、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが7、8、9、12、13、14、17、18、19にあたります。
------------------------------------------------------
ベースボールタイムズオンラインで更新しているブログ「アウトサイドレポート」を9/13更新しました。お題は「いぶし銀!なくてはならない助演男優賞」です。下記URLになります。当ブログともどもBTブログを何卒宜しくお願いします。
http://www.baseball-times.jp/blogs/shibakawa/100913
-----------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。只今ブログ村のランキングに参加中!このポチッが更新の最大の励みになります。何卒よろしくお願いします。(^人^)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します(^ー゚)ノ
人気ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}