FC2ブログ

【試合評】 2010年8月14日(土) ●楽天イーグルス2-3ロッテ ダンマリを決め込む主軸と自ら窮地に赴く先発...そんな展開のロッテ15回戦

スポンサーリンク

内角球は来ない──。僕は確信していました。

7回1アウト満塁、楽天絶好の逆転チャンスです。この危機にロッテベンチはセットアッパーの薮田を投入してきました。

バッターは山崎武司。そう!8/4ロッテ戦の名勝負よ再び!という場面です。

内角球は来ない。8/4、薮田から放った勝ち越し2ランは内角直球(14番)をドンピシャで叩いたものでした。そのうえ、満塁です。内角球が抜けて死球押し出しという可能性も考えられる状況です。

山崎武司はどんな読みをしていたのでしょう?

結果は6球全てアウトコースでした。最後は厳しいコースに143キロストレートがビシっと決まり、山崎武司のバットはあえなく空を切ることに。

しかし、何かやってくれるのでは?という夢をもたせてくれる打席でしたね。薮田もかなり闘魂注入されていた模様ですし、見ごたえがありました。

これで、対ロッテ戦の連勝は7連勝でストップして10勝5敗、後半戦成績は7勝9敗、8月月間成績は6勝5敗、通算成績は106試合47勝57敗2分の借金10、3位ロッテとのゲーム差は10、5位オリックスとは5となっています。

試合を振り返る前に、皆さんの1票をブログ村へ。宜しくお願い致します。m(_ _)m
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

●楽天イーグルス2-3千葉ロッテマリーンズ


全く信じられないシーンもこの試合にはありました。

5回長谷部が2失点した場面です。ヒットを1本も打たれていないのに2失点したのです。先頭の清田に四球を与え、続く西岡の投犠打を長谷部が好判断で二塁送球、アウトのタイミングだったものの送球が逸れてしまったため、セーフに。今江に送りバントを決められ1アウト3,2塁。井口を討ち取り、金泰均は敬遠(前の打席で適時打を打たれていた)、これで2アウト満塁となり、バッテリーは左の福浦との勝負を選択しました。

ところが、福浦への初球です、スライダーがアウトコース低めのワイルドピッチとなり、嶋がボールを見失っているうちに2者が生還、楽2-3ロと逆転されてしまったのでした。

安打なしで1点失う場面はしばしば目にしますよね。俊足打者が先頭で四球出塁、ニ盗に成功、送りバントで三塁へ進み、犠牲フライで本塁へ帰ってくる等というパターンです。しかし、今日は長谷部自らの四球と失策、さらに暴投とまさに自分の首を自分で締めちゃったかのような内容でした。(捕れなかった嶋も...ですが)

この日風速8mだった千葉マリンの独特の風に苦しんだのか、長谷部は制球がかなり不安定でした。ストライク率は46.7%と5割をきっています。

長谷部好投のカギは右打者の内角へストレートを投げ切れるかどうか?だと思います。

ダルビッシュ相手に勝利した7/17日本ハム戦や6回4失点も最低限ゲームメイクをした7/28ソフトバンク戦では右打者への内角へストレートを積極的に投げ込んでおり、これが好投のカギとなったといえます。

こちらのURLで配球図が確認できます。

◎7/17試合評 http://plaza.rakuten.co.jp/shibakawa/diary/20100717/
◎7/28試合評 http://tan5277.blog104.fc2.com/blog-entry-22.html

ところが、この試合、右打者へのストレートは内角というより真中からアウトコースへ多く散らばっているのが確認できます。試合中、何度も右打者の外角や外角高めに抜けるシーンが多かったですよね。マリン独特の風にヤラれ、それだけ制球を乱していたといえそうです。

そんな中でも収穫はありました。4四球や失策、暴投が目立つ内容になってしまいましたが、被安打をみると僅か2本でした。コントロールは不安定でしたが、球威自体はあったと判断できます(ストレートは打たれていない)。千葉マリンでなければ、と思わずにはいられません。次回登板に期待したいところです。

■楽天・長谷部のストライク率、球種別割合、配球図
〔ストライク率〕
全体46.7%、直球51.9%、変化球38.9%
〔球種別割合〕
vs左打者25球:St10、Sl14、Ch0、Cur1
vs右打者65球:St44、Sl6、Ch12、Cur3
20100814DATA8.jpg
〔配球図〕各コースの上段は直球、下段は変化球
20100814DATA4.jpg
20100814DATA5.jpg

先発の不出来を打線がカバーしていく。

上位のチームやノリにノっているチームなら自然とそのようなかたちになるところですが(例えば昨年9月の楽天ですね)、そこは最下位に沈むイーグルスのこと、再三のチャンスは作るものの、あと1本出ない、打つべき人が打てない、そんなどん詰まりの状況を打破できませんでした。

3番・鉄平、4番・山崎武、5番・ルイーズ。得点圏でこのクリーンアップにまわってきた打席は8打席ありました。その成績は、

8打席6打数0安打3三振2四球(うち1つは敬遠)、というもの。

主軸がダンマリを決めこんでしまった、そんな1戦でした。吉見も全体的にみれば芳しくない内容でしたが粘りの投球をみせていました。イーグルス打線はあの緩いカーブにしてやられた感もありますよね。

■楽天イーグルスの得点圏チャンス履歴
2回1アウト2,1塁、高須(左安/適時打1/打点1) 楽1-0ロ
2回1アウト3,2塁、牧田(一飛)
2回2アウト3,2塁、嶋(四球)
2回2アウト満塁、聖澤(遊ゴ)
5回ノーアウト2塁、嶋(中安)
5回ノーアウト3,1塁、聖澤(右安/適時打/打点1) 楽2-1ロ
5回ノーアウト2,1塁、渡辺直(投犠)
5回1アウト3,2塁、鉄平(空振り三振)
5回2アウト3,2塁、山崎武(四球) 敬遠気味
5回2アウト満塁、ルイーズ(空振り三振)
7回1アウト2塁、渡辺直(四球)
7回1アウト2,1塁、鉄平(四球)
7回1アウト満塁、山崎武(空振り三振)
7回2アウト満塁、ルイーズ(右飛)
9回ノーアウト2,1塁、渡辺直人(バント空振り三振)
9回1アウト3,2塁、鉄平(中飛)
9回2アウト3,2塁、山崎武(三ゴ)

■ロッテ・吉見のストライク率、球種別割合、配球図
〔ストライク率〕
全体45.1%、直球50.0%、変化球41.2%
〔球種別割合〕
vs左打者30球:St12、Sl14、Cur4、Ch0、Fo0
vs右打者92球:St42、Sl19、Cur13、Ch12、Fo6
〔配球図〕
20100814DATA6.jpg
20100814DATA7.jpg

■両軍救援投手の球種別割合
〔ロッテ〕
薮田(右)8球・・・St8
古谷(左)12球・・・St9、Ch2、Sl1
小林宏(右)20球・・・St12、Fo2、Ch5、Sl1
〔楽天〕
藪(右)28球・・・St8、Fo5、Sl3、Cut8、Cur1、Sh3
山村(右)7球・・・St1、Sl6
片山(左)2球・・・St2

■楽天投手陣の奪空振り履歴
長谷部
1回今江3球目・・・Sl 20
1回井口5球目・・・St(空振り三振) 14
1回金泰均3球目・・・Ch 23
2回的場6球目・・・St(空振り三振) 11
3回金泰均3球目・・・Ch 23
4回的場2球目・・・St 7
6回竹原1球目・・・Sl 8
6回大松6球目・・・Cut(空振り三振) 16
6回的場3球目・・・Sl 21
7回今江3球目・・・Cut 11
山村
8回井口2球目・・・Sl 12
8回井口4球目・・・Sl(空振り三振) 7

■両軍の打席結果とカウント推移20100814DATA2.jpg
20100814DATA3.jpg
ストレート・・・St、カーブ・・・Cur、スライダー・・・Sl、カットボール・・・Cut、シュート・・・Sh、フォーク・・・Fo、シンカー・・・Sin、チェンジアップ・・・Ch、パーム・・・Pa、ナックル・・・Kn、ストライク-ボールの順です。カウントの太文字はストレート、太文字ではないのは変化球です。
文中に出てくる番号は配給図のゾーンを示しています。
配給図のマス目に番号を割り当てていきます。向かって一番左上(左打者の内角高めボールゾーン)から右に、折り返して左→右と1,2,3と番号をふると、
1、2、3、4、5
6、7、8、9、10
11、12、13、14、15
16、17、18、19、20
21、22、23、24、25
となります。そのうちストライクゾーンが7、8、9、12、13、14、17、18、19にあたります。
----------------------------------------------------
ベースボールタイムズオンライン「アウトサイドレポート」更新しました。「激暑!奮闘するリリーフたち 2010年夏」
http://www.baseball-times.jp/blogs/shibakawa/100814
----------------------------------------------------
最後まで読んで頂き、有難うございます。只今ブログ村のランキングに参加中!このポチッが更新の最大の励みになります。何卒よろしくお願いします。(^人^)
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

人気ブログランキングにも参加しました。こちらも宜しくお願い致します(^ー゚)ノ
人気ブログランキングへ




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
31位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}