FC2ブログ

【戦評】 久々の球音も、平石楽天対外戦2連敗スタート~2019年2月16日●楽天イーグルス1-4ロッテ

スポンサーリンク




近づく開幕をひしひし実感した久々の野球観戦




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

沖縄・金武2次キャンプ第2クール初日を迎えた2月16日(土)。
街角の書店には真新しい選手名鑑が一斉に並んだ今週末、平石洋介監督率いるイーグルスはキャンプを張る金武ベースボールスタジアムに千葉ロッテを迎えて、対外試合を戦った。

今シーズンの実戦は2/14阪神戦(●E2-5T)に続く2度目。
前回は雨模様だったが、今日はのどかな天候に恵まれ、観客席には米国人とみられる外国人の野球好きも球音を愉しんでいた。

結果はあいにくの1-4の負け。

投手陣は「先制」「中押し」「ダメ押し」を許し、主導権を手放した。
先発・藤平尚真が立ち上がりに2失点。
3回には加藤翔平に一発を被弾した。
6回、二番手・森雄大が無死3,1塁から犠飛で4点目を奪われた。

打線は5安打。
得点圏は6回2死2,1塁、代打・小郷の1打席(一ゴ)とさみしい内。
前回阪神戦も6安打で、試合後の平石監督が「冷静に狙い球を絞らないと…」とボヤく場面もあったようだ。

そのなか、一矢報いる1得点は、4点目を奪われた直後のこと。
ドラフト6位のルーキー、渡辺佳明の一発だった。

対外戦2連敗スタートになったが、それでも2時間半ちょっとの間、球音を久しぶりに楽しむことができた。
開幕戦へ向けて、ぼくらの応援体制もまた一段とギアを入れる時期に来たことを、ひしひし実感するひとときになった。

両軍のスタメン

ロッテ=1番・藤原(中)、2番・加藤(左)、3番・中村(二)、4番・井上(一)、5番・バルガス(指)、6番・安田(三)、7番・平沢(遊)、8番・田村(捕)、9番・岡(右)、先発・チェン(左投)

楽天=1番・辰己(中)、2番・卓丸(右)、3番・銀次(一)、4番・ブラッシュ(指)、5番・内田(三)、6番・オコエ(左)、7番・山崎(遊)、8番・堀内(捕)、9番・渡辺佳(二)、先発・藤平(右投)

(下記へつづく)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村



驚き仰天! 渡辺佳、新人第1号




イーグルスは奇しくも投打で「渡辺姓」が活躍をみせてくれた。

「打」では前述の渡辺佳が『一矢報いる希望の光』を放った。

場面は4点を追う6回裏1死走者なし。
ここまで楽天のヒットは5回ブラッシュの右安1本だけ。
相手投手陣に良いところなく抑えられていたそのなか、ロッテのベテラン右腕・田中靖洋との8球に及ぶ対決を鮮やかに制した。

見せ場は2-2以降にやってきた。
追い込まれた後、3球連続の三塁側ファウルで逃げるなど「評判のコンタクト能力」を披露。

結果球は、しだいにタイミングが合った8球目。
ふつうなら左打者泣かせになるはずの内角スライダーを仕留めた。

上手くバットに乗せるかたちですくい上げた弾道は、楽天の横断幕がかかる右翼席へ。
その新人1号に、ぼくはすっかり仰天した。

平石監督が「実戦向き」と評し、小谷野打撃コーチも「プロに早く対応できそう」と期待を寄せた逸材。
渡辺佳が久米島キャンプの野手MVPに輝いたことは把握済みだった。

それでも・・・である。



...続きは、下記noteで全文お楽しみいただけます!


▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!



まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

反響続出! 読者さんのリアルな感想!

2017年はnote、直接販売を含めて60名近くの読者さんと4年ぶりAクラスを見守りました。その読者さんからいただいた生の感想を、一部ご紹介したいます。

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」
(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」
(東北在住40代女性さん)

スポーツ新聞には少ない、データに基づいたゲーム評が読めて、プロ野球全体に目を配りながらイーグルス視点で分析しているので、ファンとして存分に楽しめます」
(中国在住30代男性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」
(関東在住20代男性さん)


当てはまる方、ぜひお試しあれ!

  • 野球の奥深さ、楽しみ方を広げたいキミに

  • 楽天選手の新たな特徴を新発見したいあなた

  • 「ファン目線の喜怒哀楽」を体感したい鷲ファン



さあ、あなたも、読者登録をしよう!

迷えるあなたに朗報! まぐまぐの初月無料サービスは、新規読者登録した当該月のコンテンツを全て無料試読いただけます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメ-ルアドレスなどご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




ブログパーツ
レンタルCGI



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【戦評】 NPBを苦しめる日本通運バッテリーを打ち砕いた岩見の代打決勝弾!~12月1日○NPBイースタン3-2社会人

スポンサーリンク




台湾で楽天勢の好活躍!




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

台湾の台中インターコンチネンタル野球場を舞台に開催中のアジア・ウインター・ベースボール。

昨日は先月24日(土)の開幕から数えてちょうど1週間。
快晴に恵まれ、気温も30度近くに上昇したこの日、楽天勢が参加するNPBイースタン選抜は、社会人野球選抜とデーゲームを戦った。

楽天からは池田隆英、山田大樹、岩見雅紀が出場。
ぼくらが犬鷲勢の活躍もあり、NPBイースタン選抜が3-2で勝利を収めた。

先発は池田、今大会の開幕に続く2度目のスターターに抜擢された。
勝敗つかずだったが、6回2失点と結果を残した。

7番・DHでスタメン起用された山田は、右翼二、左飛、二ゴの成績。
同点劇にからむ槍働きをみせた。

それは1点を追った2回2死走者なしのこと。
インコースの球に対し、詰まりながらも右翼線沿いに運んだ当たりが二塁打に。
この1本がきっかけで、後続に連打が生まれ、山田が同点のホームを踏んでいる。

これで山田の今大会成績は、14打数2安打0打点、2二塁打、6三振、2四球、打率.143になった。

(下記につづく)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村

岩見、今大会1号は右方向への決勝弾




決勝点を叩き出したのは、2-2同点の8回1死走者なし、湯浅大(巨人)の代打で起用された岩見の打棒だった。

相手先発右腕・阿部良亮との3球勝負は、全て外角狙いの投球。

初球の136キロ速球がはずれてボール。
2球目の129キロスライダーに空振りして1-1。
決着ついたのは3球目の外角低め132キロ速球だった。

試合後の本戦MVP受賞インタビューで「ホームランしか狙っていなかったので、勝ち越してそのまま9回は入れるようにと思って打席に入りました」という岩見が、右方向へ一直線の放物線を描いてみせた。

ここで社会人選抜の阿部について簡単に触れておきたい。

阿部良亮(浦和学院~東洋大~日本通運)。
1992年生まれ、社会人4年目の26歳。
今大会では11/27NPBウエスタン選抜戦に先発し、7回3安打2失点の好投をみせていた。

本戦も8回途中8安打3失点とゲームメイク。
ランナーを出すイニングが多かったものの、捕手が同じ日本通運の木南了ということもあり、息の合ったバッテリーで粘投をみせていた。

岩見は、、、



...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
今年も“東北”に恋したい!2018年、あなたの野球観、変わります。
新規読者さん、ただいま大募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!



まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

反響続出! 読者さんのリアルな感想!

2017年はnote、直接販売を含めて60名近くの読者さんと4年ぶりAクラスを見守りました。その読者さんからいただいた生の感想を、一部ご紹介したいます。

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」
(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」
(東北在住40代女性さん)

スポーツ新聞には少ない、データに基づいたゲーム評が読めて、プロ野球全体に目を配りながらイーグルス視点で分析しているので、ファンとして存分に楽しめます」
(中国在住30代男性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」
(関東在住20代男性さん)


当てはまる方、ぜひお試しあれ!

  • 野球の奥深さ、楽しみ方を広げたいキミに

  • 楽天選手の新たな特徴を新発見したいあなた

  • 「ファン目線の喜怒哀楽」を体感したい鷲ファン



さあ、あなたも、読者登録をしよう!

迷えるあなたに朗報! まぐまぐの初月無料サービスは、新規読者登録した当該月のコンテンツを全て無料試読いただけます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメ-ルアドレスなどご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【戦評】 異次元の50.9%! 松井裕樹『14奪三振』のスペクタル!~2018年10月4日●楽天3-4日本ハム

スポンサーリンク



本拠地1点差ゲームで借金10




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

シーズン最終盤の本拠地ラスト3連戦。
その初戦の日本ハム25回戦、イーグルスは3-4の1点差で落としている。

初回、楽天は4番・ウィーラー、6番・内田のタイムリーで幸先良く2点を先制。

先発は松井だった。
4年ぶり先発の前回9/27ロッテ戦(○E9-0M)から中6日で登板。
自己最多14奪三振を記録する『圧巻の奪三振ショー』を繰り広げた。

しかし、中盤の4回に制球乱し、3点を失った。

四死球と安打で作った1死満塁、9番・太田の中前単打コースが痛かった。

この打球に対し、センター田中が球際ダイビングキャッチを試みたが及ばず。
打球を後逸し、悠々の走者一掃スリーベースになり、逆転を許した。(E2-3F)

その後、楽天は相手守備ミスで同点にしゲームを振り出しに戻したものの(E3-3F)、5回に内田の捕球ミスが絡んでピンチ拡大した無死3,1塁、4番・近藤に決勝犠飛を許している。(E3-4F)

楽天打線は5回以降は、9回先頭・銀次の左安1本のみ。
尻上がりに調子を上げた相手先発・上原の前に5、6、7回と三者凡退を繰り返すと、8回以降は継投で封じられた。

これで1点差成績は16勝28敗(-12)に。
今季最多25に膨らんだ借金の約半数を当該ゲームで作っているのだ。

もっと言えば、本拠地での1点差成績は7勝17敗(-10)。
1点差ゲームの借金12の大半は本拠地で作ったもの。

今季、僕らファンは本拠地で辛い思いをすることが多かった「その象徴」と言えそうだ。

(下記につづく)

両軍のスタメン

日本ハム=1番・姫野(右)、2番・大田(中)、3番・アルシア(指)、4番・近藤(左)、5番・横尾(三)、6番・清宮(一)、7番・渡邉(二)、8番・石川亮(捕)、9番・太田(遊)、先発・上原(左投)

楽天=1番・田中(中)、2番・オコエ(右)、3番・島内(左)、4番・ウィーラー(三)、5番・銀次(二)、6番・内田(一)、7番・山崎(遊)、8番・岩見(指)、9番・堀内(捕)、先発・松井(左投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

各員集中した初回の2点先制劇




初回の2点先制劇は、ナイン各自が集中力をみせた「素晴らしいシーン」になった。

まずは1番・田中の先頭打者四球出塁だ。

8月まで打率.291(16本)も、9月以降は.190(2本)と調子を落としている田中。
本戦でも無安打に終わり、目標に掲げる120安打まで残り3戦11本と厳しくなった。

しかし、初回先頭打者打席はみごとだった。

というのは、わずか2球で追い込まれ『0-2を経由した四球出塁』になったからだ。
「絶対的不利」のなか、際どい球をよく見きわめ、上原から4球連続ボールを引き出した。

今季の田中の0-2経由打撃成績は、打率.185、出塁率.195。
81打数15安打、1二塁打、1本塁打、35三振、1四球。

当該82打席で四球は1個のみなので、この出塁の貴重さを確認できる。

直後の無死1塁、2番・オコエが畳みかけた。
相手にダメージを与える奇襲攻撃!

サード前方の三塁線を狙ったセーフティバントが鮮やかに決まり、無死2,1塁に。
実はこれ、意外だと思う方もいるかもしれないが、オコエの『プロ初のバント安打』である。


■オコエ瑠偉 年度別「真のバント成功率」
2016年 成功1、失敗0
2017年 成功5、失敗3
2018年 成功3、失敗0
通算 成功8、失敗3、真のバント成功率72.7%


そして3番・島内だ。

外角高めを引っ張りにいった打撃は、4-6-3の併殺コース。
これを懸命な全力疾走で「併殺崩れ」にし、2死3塁を回避して1死3,1塁にしたところが大きかった。


▼当該状況でゴロを打った場合、全体の47%で併殺リスクが生じている。「凡打」とは2塁封殺のみ等1塁転送されなかったゴロ凡打を指す。
20181004note04.jpg


その後、4番・ウィーラー、6番・内田にタイムリーが飛び出した。

なかでも、6番・内田による右前への適時打だ。

結果球は、、、



...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
今年も“東北”に恋したい!2018年、あなたの野球観、変わります。
新規読者さん、ただいま大募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!


まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

反響続出! 読者さんのリアルな感想!

2017年はnote、直接販売を含めて60名近くの読者さんと4年ぶりAクラスを見守りました。その読者さんからいただいた生の感想を、一部ご紹介したいます。

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」
(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」
(東北在住40代女性さん)

スポーツ新聞には少ない、データに基づいたゲーム評が読めて、プロ野球全体に目を配りながらイーグルス視点で分析しているので、ファンとして存分に楽しめます」
(中国在住30代男性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」
(関東在住20代男性さん)


当てはまる方、ぜひお試しあれ!

  • 野球の奥深さ、楽しみ方を広げたいキミに

  • 楽天選手の新たな特徴を新発見したいあなた

  • 「ファン目線の喜怒哀楽」を体感したい鷲ファン



さあ、あなたも、読者登録をしよう!

迷えるあなたに朗報! まぐまぐの初月無料サービスは、新規読者登録した当該月のコンテンツを全て無料試読いただけます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメ-ルアドレスなどご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




ブログパーツ
レンタルCGI




このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【戦評】 8年ぶり快挙目前の西口直人が痛恨2ランを浴びた「真の理由」~2018年9月30日●楽天イーグルス3-5オリックス

スポンサーリンク



最速148キロ!伏兵右腕の衝撃デビュー戦




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

2016年の楽天ドラフト10位。
同年のドラフトで12球団支配下指名で最後の最後、87人中87番目に名前をコールされた「伏兵右腕」による見事なデビュー劇になった。

途中から雨が本降りになったが、激変する悪天候にもなんのその。
打者に向かっていく闘志が明確に見えたナイスピッチングだった。

とにかく、テンポの良さが光った。
その小気味よさは、大城や宗ら敵軍の複数打者がたまらずにタイムを取るほど。

気持ち良かったのは、ホップ型の速球だ。
最速148キロを計測した真っすぐメインに据えた球種配分でぐいぐい押し、7回まで散発2安打、2塁を踏ませない好内容をみせた。

そんな西口に、味方打線も幸先の良い援護点をプレゼントしていく。

初回は2番・オコエのバットが火を噴いた。
弱点の内角速球に上手く対応した2号ソロ。
解説・井上純さんも感嘆の声を挙げた先制弾は、器用に腕を畳んで「抜群のタイミング」で振り抜き、、左翼スタンドへ着弾する大当たりになった。

翌2回には女房役の8番・堀内が必死の槍働き。
左腕・松葉との「左vs左対決」で右肩を開かず体勢を維持しながら、右前へ運ぶタイムリー。
スコアボードに早々に2点を入れ、西口を勇気づけた。

投打がかみ合えば、バックを守る野手陣も「好守連発」だ。

初回には1番・宗の三遊間ゴロ突破の左前ヒットコースを、村林が球際で追いついて遊ゴ処理。
続く2番・福田が流し打った左前フライヒットコースを、島内が懸命に前進して球際スライディングキャッチ。

ハイライトは5回1死だ。
8番・安達の左中間塀際を襲った快飛球を、ルート効率良く追いかけた田中が背走ジャンピングキャッチで長打を阻止した。

攻撃に守備にに西口を盛り立てるその姿は、9/19オリックス戦(○E6-3Bs)で田中と新人王を争う山本を完全攻略し、3点差をひっくり返す逆転勝利を決めたあの時の雰囲気を彷彿とさせた。

3回裏の終了時には4年ぶりにカラスコが本拠地を襲撃。
西口デビューゲームを大いに盛り上げるパフォーマンスで、場内を湧かせた。

(下記につづく)

両軍のスタメン

オリックス=1番・宗(中)、2番・福田(二)、3番・ロメロ(指)、4番・吉田正(右)、5番・中島(一)、6番・T-岡田(左)、7番・大城(三)、8番・安達(遊)、9番・飯田(捕)、先発・松葉(左投)

楽天=1番・田中(中)、2番・オコエ(右)、3番・島内(左)、4番・ウィーラー(指)、5番・銀次(二)、6番・今江(一)、7番・内田(三)、8番・堀内(捕)、9番・村林(遊)、先発・西口(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

デビュー登板で則本越えの最長7回2/3




球数少なく7回を85球で投げきった西口は翌8回も続投。

2死まで漕ぎつけ、日本人では2008年の大場翔太(ソフトバンク)以来、10年ぶりの快挙となる『プロ初登板・初先発・初完封勝利』も!
そんな矢先の2死1塁、1番・宗に内角135キロ速球を振り抜かれて同点の右越え2ランを浴び、その後に降板した。


■楽天歴代生え抜き投手のプロ初登板・初先発時の投手成績
20180930note03.jpg


最後の最後でプロの洗礼に遭ったものの、7回2/3での2失点は、みごともみごと!
楽天生え抜き投手のプロ初登板・初先発でハイクオリティスタートを記録したのは、なんと!なんと!!西口が球団史上初である。

思い出すのは1年目の昨年3/9、春季教育リーグのロッテ浦和球場。
現地で目撃した僕を大いにざわつかせた4回ノーヒット10奪三振無失点。
あの快投の衝撃が甦るポテンシャル秘めた85球のデビュー劇になった。

ゲームは3点目以降の加点ができなかったことが響いている。

4回1死2,1塁で右飛時にタッチアップ2塁を狙った一走・堀内が走塁死。
5回は無死1塁で田中が牽制死。
53打点中22打点を9月に稼ぐ4番・ウィーラーもチャンスで投ゴに倒れるなど、もったいない形で逸機した。

2-2の振り出しに戻ったゲームは翌9回、三番手・高梨がつかまり、3-5で破れている。


目を見張ったオコエの内角撃ちホームラン!




9/14に1軍再登録時、いきなり2戦5安打4得点2打点の活躍をみせたオコエ。
しかし、9/16~9/25は27打数1安打と調子を落としていたが、本戦の2安打で9/27以降4試合連続ヒットとし、ここへきて復調気配だ。

中前シングルヒットコースを俊足飛ばした好走塁でツーベースに変えた5回第3打席もみごとだったが、やっぱり、初回の先制2号ソロが凄かった。

オコエの弱点=内角球を仕留めた当たりだったからだ。

もっと言えば、オコエは『内角狙い・内角到達球』に弱い。
外角や真中狙い・内角到達球は制球狂った失投が多いため球威に乏しく、そのためオコエもそこそこ対応できる。

しかし、投手が内角を狙って、内角に投げ切った球に対しては、以下のとおりホトホト弱かった。



...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
今年も“東北”に恋したい!2018年、あなたの野球観、変わります。
新規読者さん、ただいま大募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!


まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

反響続出! 読者さんのリアルな感想!

2017年はnote、直接販売を含めて60名近くの読者さんと4年ぶりAクラスを見守りました。その読者さんからいただいた生の感想を、一部ご紹介したいます。

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」
(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」
(東北在住40代女性さん)

スポーツ新聞には少ない、データに基づいたゲーム評が読めて、プロ野球全体に目を配りながらイーグルス視点で分析しているので、ファンとして存分に楽しめます」
(中国在住30代男性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」
(関東在住20代男性さん)


当てはまる方、ぜひお試しあれ!

  • 野球の奥深さ、楽しみ方を広げたいキミに

  • 楽天選手の新たな特徴を新発見したいあなた

  • 「ファン目線の喜怒哀楽」を体感したい鷲ファン



さあ、あなたも、読者登録をしよう!

迷えるあなたに朗報! まぐまぐの初月無料サービスは、新規読者登録した当該月のコンテンツを全て無料試読いただけます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメ-ルアドレスなどご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

【戦評】 まさかの満塁被弾以上に光った、「正捕手英才教育」堀内謙伍の好活躍!~2018年9月25日●楽天イーグルス3-4西武

スポンサーリンク



9回表、事態急変




◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

2-0と2点リードした9回表、マウンド上は四番手・森原。
ハーマンが戦線離脱、松井が先発調整に入ったため、まわってきた『プロ初セーブの大役』だった。

しかし、事態は急変。
たちまちに風雲急を告げる展開になっていく。

不運の連続だった。

先頭の6番・中村の当たりは、ショート正面の平凡ゴロ。
なんなく1アウトかと思った打球が、まさかのイレギュラーをした。

直前で高く弾み、不意を突かれた遊撃・山崎は慌ててグラブを出すも弾かれしまい、内野安打で無死1塁。

続く7番・森は痛烈なピッチャー返し。
中前行きのヒットコースを森原が好反応でグラブに収めた。

そこまでは良かった。
ところが、2塁に入る山崎との呼吸が合わず、1-6-3がゲッツー崩れになり、1塁に走者を残してしまう。

この「併殺崩れ」が痛恨の逆転4点劇の発火点になった。

1-6-3の併殺崩れになったことで失点し破れたゲームといえば、7/1西武戦(●E7-8xL)を思い出す。

本戦と同じく2-0と2点リードした4回1死3,1塁だった。
森の当たりは平凡な投ゴ。

しかし、処理した美馬の2塁送球があまりにも低すぎた。
ベースカバーに入った遊撃・三好が無理な体勢で捕球したことで1塁転送が遅れ、ゲッツー崩れの間に三走が生還。
その後、長短連打を浴びて、この回3失点と逆転を許したあのシーンを想起させる場面になった。

話を戻して1死1塁だ。

この後、8番・岡田、9番・源田にしぶとくつながれた。

いずれも詰らせたが、中前へ。
源田の当たりはジャンプしたセカンド銀次のグラブ、そのわずか上空を超えたもの。

振ったサイコロの目がことごとく良い目になる現象は、楽天も優勝した2013年に体験した。
今の西武はまさにそういうゾーンに入った状況なのだ。

1死満塁になると、打席は1番・秋山へ。

「悲劇」は3球目に発生した。

森原の150キロストレート。
それを押し込まれ、打ち上がったフライは、いつもとは違うライトからレフトに吹く風にも乗る。
センター田中が必死に背走し、最後は左中間フェンスに身を乗り出しながらグラブを差し出したが、及ばず...

7回途中無失点に抑え、7/25日本ハム戦(○E8-1F)以来の白星が見えていた古川の勝利投手の権利を消す痛恨の被弾劇にもなった。

これで今シーズンの西武戦は6勝19敗で終了。
同一カードの19敗は球団ワースト記録になり、借金も今季ワーストの23へ。

2年連続のV逸の敗因は、最大の仮想敵を西武に設定しなかったことに尽きてしまう。

あと4試合を残した5位・ロッテとのゲーム差も4.5に広がり、自力での最下位脱出の可能性も消えてしまった。

(下記につづく)

両軍のスタメン

西武=1番・秋山(中)、2番・金子侑(右)、3番・浅村(二)、4番・山川(一)、5番・栗山(左)、6番・中村(三)、7番・森(指)、8番・炭谷(捕)、9番・源田(遊)、先発・榎田(左投)

楽天=1番・田中(中)、2番・山崎(遊)、3番・島内(左)、4番・ウィーラー(指)、5番・銀次(二)、6番・今江(一)、7番・内田(三)、8番・オコエ(右)、9番・堀内(捕)、先発・古川(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

堀内謙伍、事実上のデビュー劇




最後、まさかの結末を迎えた今季最後の西武戦。

とはいえ、「2018年ベストゲーム10選」に入ってきてもおかしくない『希望』を感じる好ゲームになったのも確かだ。

この試合、高卒4年目の堀内がプロ初のスタメン出場。
スポナビ速報さんに「正捕手英才教育」の二つ名をつけてもらった堀内は、試合後「詰めが甘かった...」と悔やむも、十分に印象に残る活躍を、そこここにみせてくれた。

マスクをかぶっては、先発・古川ら投手陣を好リードで盛り立て、8回まで無失点。

西武戦での最後の零封勝利は昨年4/18(○E2-0L)までさかのぼる。
以来、レギュラーシーズンではじつに48試合ぶりの快挙まであと一歩に迫る好リードだった。

先発・古川は前回9/14西武戦(●E5-10L)、プロ初のライオンズ戦に先発し、3本の一発を浴び、自己ワーストの3回7失点KOに遭っていた。

本人も「完全に力不足」と認め、平石代行も「西武打線にここまで打たれ、古川はどう感じるかだ」と評したあの屈辱から中10日、西武打線に狙い球を絞らせず、古川に自信を与えて乗せていくリードができたのが、一番良かった。

前日の藤平&山下バッテリーとの配球をデータで見比べてみると、堀内が立てたゲームプランの意図がくっきり見えてくる。

それは、、、



...続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
今年も“東北”に恋したい!2018年、あなたの野球観、変わります。
新規読者さん、ただいま大募集中!



▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!


まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

反響続出! 読者さんのリアルな感想!

2017年はnote、直接販売を含めて60名近くの読者さんと4年ぶりAクラスを見守りました。その読者さんからいただいた生の感想を、一部ご紹介したいます。

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」
(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」
(東北在住40代女性さん)

スポーツ新聞には少ない、データに基づいたゲーム評が読めて、プロ野球全体に目を配りながらイーグルス視点で分析しているので、ファンとして存分に楽しめます」
(中国在住30代男性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」
(関東在住20代男性さん)


当てはまる方、ぜひお試しあれ!

  • 野球の奥深さ、楽しみ方を広げたいキミに

  • 楽天選手の新たな特徴を新発見したいあなた

  • 「ファン目線の喜怒哀楽」を体感したい鷲ファン



さあ、あなたも、読者登録をしよう!

迷えるあなたに朗報! まぐまぐの初月無料サービスは、新規読者登録した当該月のコンテンツを全て無料試読いただけます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメ-ルアドレスなどご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。




ブログパーツ
レンタルCGI


このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 東北楽天ゴールデンイーグルス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

shibakawa

Author:shibakawa
真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドにみえるそんな信州人による、東北楽天ゴールデンイーグルス応援ブログ。

鷲ブロガーの中で楽天の記録やデータを最も見ている管理人が、各種データや記録、セイバーメトリクス等を用いながらイーグルスの魅力を紹介していきます。

御訪問&閲覧有難うございます。初めての方、当方と連絡希望の方は「はじめに」をお読み頂いた上で、楽しんで頂けたら幸いです。

Twitter
プロ野球、楽天イーグルス、ブログ更新情報を専門的にツイートするアカウントを作成しました。
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
feedlyへのRSS登録はこちらから
follow us in feedly
検索フォーム
投票御協力のお願い
各種ブログランキングに参加中です。日々の更新の励みになりますので、ポチっと押して頂けたら幸いです。SHIFTキーを押しながらマウスで次々にクリックして頂けるとスピーディーです。お忙しい時はブログ村!でm(_ _)m
このブログのはてなブックマーク数
この日記のはてなブックマーク数
ブログ村PVランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
23位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
最新コメント
このページのトップへ
try{ var pageTracker = _gat._getTracker("UA-20192910-1"); pageTracker._trackPageview(); } catch(err) {}